Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > バラバラ@TS-520X

バラバラ@TS-520X

届いたTS-520Xをバラしました。
実は昨日520のトランスをいただけるということで
送ってもらうことになりました。
だったら動作品をバラさずに違う使い道・・なんて
考えもあったのですが、クラブ局だけで新スプリ規格の
RIGが6台もあり、絶対使わないでしょうから、やはり
初志貫徹でバラしてしまいました。


  トランスが外れました。


  同一規格のトランスが2個になりました。
  100V巻線が2つ付いていて200Vでも使えるタイプです。
  使い道色々ですね♪
  もうちょっとしたら3個になります。V(^_^  


  RF部とその下のコイルパック部
  ファイナルのπマッチ回路


  その他の基盤類
  見てると想像が膨らみ楽しいのですが
  手を付ける暇がないので、見てるだけ〜
  にとどめておきます。(笑


  シャーシ上にはナ〜ンにも残ってません。

ただしフロントパネル側は外しただけで全部は
ばらしていません。@VFOが付いたまま
フロントパネルを利用して520ライクになにかできないかと
言っていた友人のためにそのままとっておきますが、
多分言っているだけと思われるので、近々にバラすことに
なるのでしょう。(笑

とりあえずトランスの使い道だけは決定していますが
共用をやめてEsg用に2個使っても1個余ります。
AC400Vの巻線に100Vの巻線を足して倍電圧し、1000V強で
AM直列変調なんてのは?
10W出力程度ならプライマリの巻線をパラにしなくても
片側だけでいけそうな気もしますが。
オーソドックスかつフルに使うなら、10MHz100W
送信機あたりでしょうか。
出来上がっているVXO+バッファの出力を12BY7A
+S2001パラに突っ込めばホホイのホイ。w

ファイナルのπマッチ部分はQRP送信機に利用するか
リニアアンプの入力同調回路。。。または移動用の
アンテナチューナーあたりでしょうか。
そうそう、10MHz100W送信機ならタップの引き出しを
変えるだけでそのまま使えちゃいます。

こんなふうに考えているときが一番楽しいんですよねぇ♪

おまけ写真@手元にある真空管たち


2E26x2 2B46 2B46x2 6146×2 6JS6x2 6146Bx2

上記真空管入ったダンボールの下に有った真空管たち

12BY7Ax8 6BA6x3 6AU6 12AU7 6C4x3 6AL6 6BE6x2 

真空管自作の全盛期にはみかんの段ボール4〜5箱は
持ってましたけど、今は仕舞い込んであるものや
行方不明のものが全部出てきても200本もあるのかな。。。
いやいや、今の箱だけで30本だからもっとありますよね。


こう並べると10MHzの100Wがすぐできそう・・・

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください