HOME >  コンピュータ系 >  コンピュータ系 >  UBUNTU >  gedit

gedit

  追記 ubuntu16.04LSTからは文字コードの自動認識が
     できるようになったので、以下の文字化け対策は
     必要ありません。

ubuntuに同梱されているテキストエディタ。
ソースを見るときに色分けされていたり
使いやすい面もありますが、エンコードに関しては
いただけません。
Windowsで作成したSift_JISなどのテキストを
開くと見事に文字化けします。

そうならないようお呪いを。
自動判定する文字コードを登録しておきます。

$ gsettings set org.gnome.gedit.preferences.encodings auto-detected “[‘UTF-8′,’CURRENT’,’SHIFT_JIS’,’EUC-JP’,’ISO-2022-JP’,’UTF-16′]”
(1行です)

ちなみに保存時に文字コードを選択できるように
しておきます。

$ gsettings set org.gnome.gedit.preferences.encodings shown-in-menu “[‘UTF-8′,’SHIFT_JIS’,’EUC-JP’,’ISO-2022-JP’,’UTF-16′]”
(1行です)

これで一気に使いやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)