Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > JRC製VVC 60-20の秘密

JRC製VVC 60-20の秘密

朝夕めっきり冷えてきました。
日中は14℃とそんなに寒くはありませんでしたが
出かけるときは6.2℃、帰宅時は4.9℃という
気温は数字を見ただけで寒くなります。。

本題

先日落札したJRC製VVCのセラミック面には
【60-20】とプリントされています。
これは20〜60pFという意味なのでしょうが
きっと20〜60pFの可変範囲が必要な機械に
入っているVVCということではないのでしょう。

実際に測定してみるとMaxは60pFですが
Minは5〜7pFです。
時々最小容量を測定すると20pF以上と
言っている人もいますが、測定時に手で
触れている等、測定方法を誤っていると
思われます。
もしかしたら同様なものでもバージョンにより
最小容量が大きなものもあるのかも知れませんが
拙生が測った限り全て最小容量はそう
大きくはありませんでした。


 入手したVVCの最小容量 6.63pF

VVCを手で軽く触れると。。。
ってこの写真じゃ数値読めませんね。^^;;

軽く触って20pF、ベタっと触って50pF程度になります。
勿論最大容量60pFでもベタっと触ると100pF超えです。

特にセラミック大型管を使うと出力容量が大きく、
6mアンプを組む時などは低圧大電流か
タンク回路のQを大きく取らないと
プレートVCの容量を大きく出来ないため、
下手をすると球と設計によっては球の出力容量
だけで間に合ってしまうこともあり得ます。
プレートVCが要らなくなるという大きな
メリットとトレードオフで可変出来ないので
調整はLとロードVCの可変で行わなくては
イケないというデメリットが漏れ無く付いてきます。

プレートVCで調整したいなら、最小容量は
小さければ小さいほど良いわけで、最小容量
20pFなら10mでも危うい場合があるため、
このVVCはそれ以下の周波数でしか使えない、
最大容量も小さいので使いにくいと敬遠
されがちであります。
しか〜し、実際は最小容量は5〜7pF程度であり
6mでも十分使えるものなんです。
ただし実装するのに大きな取り付け用の
アルミ板などを対向させてしまうとそこで
容量を持ってしまうので取り付け構造に
工夫は必要です。@腕の見せ所

ここから脱線

ローバンドからハイバンドまでの多バンド
アンプではローバンド用に最大容量1000pF
などのVVCを使うのが一般的ですが、これを
横にしてシャーシと平行させると最小容量が
大きくなってしまい10mなどでキツくなります。
そんな時はVVCを縦にしてしまい、パネルからの
操作はウォームギアで回してやるのが
常套手段となります。
これで最小容量は多分半分くらいになりますが
やってみると分かりますがVVCの固定とか
ギアのかみ合わせとか手作りするには構造的に
実に面倒くさい。。。
しかしやるだけの価値は十分あります。

3CX3000用のπマッチ回路に大型VVCと大型バリL
を使用しVVCを縦にしてウォームギアで回した
写真がどこかに保存してあったはずですが
見当たりません。
移動しない局の設置場所に置いてあるので
チャンスがあれば撮ってきましょ。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

サイト・サーバー証明復活

今朝に電子証明が届いていましたが
時間がなくて設定を断念。
結局帰宅してからになってしまいました。
これでなんとか怪しいサイトでなくなりました。。。
誰ですか?警告がでなくたって十分怪しい。。。
なんて言っている人は。(笑

Posted in パソコン | Leave a comment

サイト証明の期限切れ。。^^;;

公的機関によるサイト証明の期限が
切れていました。。。
アクセスすると危険なサイトだという
警告の表示が出てで脅かされたと思いますが
驚かせて申し訳ございません。
電子証明書が届き次第設定しますので、
明日か明後日には警告は消えると思います。

敗因はサーバーからの期限切れ警告がなぜか
迷惑メールに振り分けてしまったことと、
電子証明書販売先との連絡メールアドレスを
普段使わないadmin@oba-q.comにしてしまったこと。
期限が近づいているというメールがきていたのに
見ていなかったんですね。。。
また1年毎の更新ではなく3年分だったためしばらく
気にする必要もなかったことも敗因の一つでしょう。

oba-q.comというドメインはこのブログの他に
外から覗くWebメールやクラウド・WebDAVなどの
ファイル共有・転送などで使用するために
通信を暗号化しています。
このサイトだけで考えれば暗号化が必要なのは
フォームより送っていただくメール位ですが
Wordpressでの固定ページでフォームを作成
しているため、そのページだけをhttpsに
するための手間を惜しんだために
サイト全体をhttpsにしてしまいました。
勿論サイト証明と言う意味ではそのほうが
ベターであります。

通信の暗号化はサーバーの設定だけでできてしまい
警告が出ていても暗号化に問題があるわけではありませんが
サイトの閲覧においては暗号化通信を行うためのhttps://を
使用してアドレスを指定すると、IEやエッジ、Firefoxなどの
ブラウザのデータベースが抱いている公的な認証局
(パブリック認証局)という機関の発行した電子証明書を
使った暗号化設定でなければブラウザが文句を言う、
つまり今回のような事態になるわけです。@自爆

自前の証明書(プライベート認証局)でも暗号化できるのに
なぜ金を払ってまで公証機関による証明が必要なのか。
このサイトの証明はサイト証明、つまりoba-q.comという
ドメインに対する証明のみですが、電子証明書の中に
実在証明(運用者情報)を埋め込むものもあります。
企業などがなりすまし対策でこの証明書を使います。
この申請をするときは登記事項証明書や印鑑登録証明書
などによる実在確認が行われるため信頼性が格段に
上がるということです。。。が、かなり高価です。

例えばプラーベートキーが盗まれた場合、社名やドメインが
変更となった場合等は認証局に証明書の失効を届け出ることで、
認証局は失効リストを公開するという仕組みになっています。
リストは主だったところに配布されますが、データベース
にもなっていてそこへの問い合わせにも応答しますので
安全が確保されます。

認証局へサイト証明の申し込み・・サーバーへの設定
などは以下のページに解説してあります。

→ 参考ページ

Posted in 本サイト(Wordpress) | Leave a comment

悩みどころ@R7

先日入手できるかもと言っていたR7ですが
馴染みの無線機屋さんにあるMyDeskの横に届けて
くれていました。
デザインは1/2λベースなのでラジアルもいらず
7MHzから上は1KW免許用にはぴったりですが
根本がちょっと曲がっています。
これでは真っ直ぐ垂直には建ちませぬ。。。
免許用と割り切れば上げておけば一番楽ちんですが
学校の屋上に斜めのアンテナはいかがなものかと。。。
うーん、どぉしましょ。(悩

先日交換したRC5B-3が修理に出されていました。
RC10S標準のマストクランプがついていて、多分
レアショートしている例のやつです。

マスト径が77mmまで入るので65Aまで使えますが
タワーの標準ベアリング台は50A(直径60.4mm)
までの穴しか開いていないので、交換しなくては
65Aは使えません。
しかし65Aでしか保たないような超大型アンテナでは
5B-3でいかがなものかと。
勿論50Aで使っても良いのですが勿体無い。。。
見た目もそうですがそのへんもアンバランスな
気がします。

日曜日は仕事になってしまいVSWR計に付いている
測定端子の検証など、やりたかったことは全て
お預けになってしまいました。
びっちり詰まってしまったスケジュールの中に
ネットワーク系の不具合などが飛び込んできて
アマチュアでもアンテナ上げやリローテータ交換など
数件を近日中にやらなくてはいけなくなり、しばらくは
休日なしになるかもしれませぬ。(泣
おアソビはいつできることやら。。。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

疑い深い友人@変調度

着ていた服をを洗濯カゴに放り込もうと
したらポケットになにか入っています。
引っ張りだしたら折りたたんだA4の
コピー紙でした。@アブナイアヒブナイ

以前持ち込まれた友人のハイシング変調もどきの
測定結果で変調率が90%程度に改善されたと
伝えたところ、拙生の使っていないオシロと
AFのオシレターと方結を持ってゆき、自分でも
測定したいとのこと。。。

友人
 搬送波の振幅をCとし変調を掛けた時
 C〜変調波のピークまでをSとすると
 変調度はS/Cで良い?
拙生
 それでも良いけど一般的には変調波の
 振幅の山と谷が測定し易いので
 (山-谷)/(山+谷)
 で計算するけど。
 教科書もほとんどがこれだよ。
友人
 ふ〜ん。
 で、(山-谷)/(山+谷)とS/Cは
 同じものになるの?
拙生
 計算してみぃ。
友人
 お、なるんだぁ。。。

しかしどうして同じなのかがどぉも納得出来ない
様子なので、紙に書いて説明したのが下のなぐり
書きでした。


 よくみると谷の位置間は間違ってキャリアの
 位置になっているし。。。^^;;
 口頭ではちゃんと谷=2*(C-S)で説明しています。

この説明でもなんとか納得した友人は、次に
どぉして100%変調時にはキャリアの4倍なんだい?
ときたので、他の紙にまずは

P=A^2*(1+m*cosω*t)^2/2
だけどと瞬時電力の最大値はcosω*tが
なくなるので・・・
って説明するつもりだったのですが、式を書いた時点で
友人はもう聞く耳を持たずギブアップしちゃいました。
cosω*tがなくなれば数学が苦手な友人も簡単に
分かるはずなんですけどね。。。

P=A^2*(1+m)^2/2

Pmaxは100%変調時でm=1、Pminはキャリアのみでm=0なので
Pmax=2*A^2 Pmin=A^2/2 なので4倍になるんですね。
人の話は最後まで聞けチュ〜の!ww 

谷の位置が間違ったことを晒すよりは、洗濯機に放り込んで
証拠隠滅したほうが良かったかとチョイと後悔しています。。。

Posted in アマチュア無線 | 5 Comments