Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > 18M5エレ八木組み上げ

18M5エレ八木組み上げ

明日某所の21と18のアンテナを上げ換えることに
決定したので、本日急遽半日を潰してCD社の
18Mの5エレを組んできました。

員数チェック

員数チェック2

下組1

下組2

バランのリード線やヘアピン加工の際の角度を
決めるためラジエターの給電部分を仮組。

先組することでテーピングが容易になる。

こうやって書いていたらほとんど前にも
書いていたはずなので前と違うことを。(笑

エレメントに関する注意事項は、ブラケットの
センターとエレメントのセンターをきちっと
合わせることです。

八木アンテナの全てのエレメントは平衡で有るべきです。
パターンが乱れたりコモンモードが増加することを
気にしない方はラフでもようでしょう?www
ちなみに締めたボルトナットにマーキングするのは
業務の世界では常識で、アマチュアの工事の時は
やらないのですがつい癖でマークしちゃいました。。。

今回はヘアピンのスペーサーをブーム・ヘアピンと
まとめてテープを5回巻きました。
その上から300mmの結束バンドで締めましたが、横が
膨らむので200mmで絞っています。
相変わらず給電部は鳥避けのおまじないで余長は
そのまま残しています。

下の写真に巻いてあるテープは防水用ではなく
ビニールテープです。
ここをよく勘違いしている方が業者にもいますが、
あくまでビスが抜け落ちないためなので、柔らかい
ブチルテープを巻いただけというのは以ての外。
ブチルの表面をPVCで覆ったエフコならOK?
マシなだけでビスに当たる部分が柔らかいので
やはりビニテがベストなんです。
防水したければビニテの上からエフコです。
適材適所。。。ですね。

ビニテが剥がれないための結束バンドを。

結束バンドはそう長くないうちに切れるのでは?
と言う方もいますが、ピニテが剥がれるのは
殆どが最初の処理が甘いからです。
結束バンドが切れるまでギュッと締めておくと
切れても剥がれにくくなります。
もし結束バンドをケチりたい場合はテープの
巻き終わりをエレメントやブームの上から引き下ろし
横になったところでニッパでカットします。
同じ横でも下から引き上げところでカットすると
剥がれた時に下に落ちてゆく感じで長く剥がれます。
巻き終わりが上ならもっと剥がれちゃいますね。
いざ剥がれたときに最小限で押さえるノウハウです。
最後まで引っ張ってテンションを掛けたまま
カットすると、ビニテは縮まろうとするので
剥がれやすくなるため最後の一巻きは引っ張らずに
軽く巻いてカットした後軍手などで握って巻いてある
方向に回しながら強く押さえておきます。
雨や雪、極寒の日に養生もしないで巻くのは論外です。
養生しない場合は結束バンドでの補強は必須です。

上の写真のように幅広で巻いた場合は当たり前ですが
ビニテの巻き終わりに結束バンドです。
下の写真のようにテープの幅のみで重ね巻きしたときは
幅広の結束バンドでビス頭を押さえちゃいます。

ビニテで押さえるにしてもヘアピンはスペーサーに
はめ込むときにストレスがないよう整形します。
ビニテを巻かない場合はハメ殺しのツメがすぐに
折れるか、折れなくてもヘアピンが外れる可能性が
高いでしょう。

実はこの整形に一番気を使います。。。

3番めにに気を使うのはブームステー。
ここがちゃんと合っていないと吊った時に
ブームがねじれてせっかくエレメントの水平を
合わせたのに並びが崩れてしまいます。

もっと細かいことを言うとブームステーのマスト側に
付けるブラケットとブームの芯とは若干ズレがあり、
単線で(三角吊りでない)吊ると僅かではありますが
マスト側に湾曲します。(気をつけてみると分かる。)
太いブームで芯のズレが大きい場合はブラケットに
スペーサーをカマして芯を合わせることもあります。

腰道具が重たくならないようにステー用のブラケットや
XマウントのUボルトをブームにつけて上げます。

ただしいざという時のために1セットずつ予備は
持って上がります。

これで準備が出来たので明日クランクアップタワーから
21の7エレを叩き下ろして空いたところに鎮座させます。

クレーンの都合と拙生のタイミングが合えば
パンザーマストを完成させ21Mのアンテナを上げれば
ここは一段落となります。

* 補足
2番めに気を使うところを書いていませんでした。
気になるでしょう?ww
勿論各エレメントの並び(水平)です。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

却下されたパラスタック。。。

先日の50Mパラスタックの続きです。

せっかく計算したのにいくらアンテナが
小さいとは言え2×2のスタックブームの仕掛けは
大袈裟すぎるとのことで却下されてしまいました。。。
代替案が回転半径ギリギリの6エレQuadx2で
スタック幅はマスト利用の0.5ラムダということ
でしたので、経験上利得19dBi、F/Bは223〜25dB程度と
なることをお話し、了承を得たので計算し直しました。

余談ですがお渡しするデータがMMANAの.maaなので
当然最終データはMMANAで計算させるのですが
再現性が良いようにパルス数を大きく取ると
ディフォルトの最大パルス数である1024では
とても足りないので今回の場合は4096に指定しました。
で、、、計算にとんでもなく時間がかかります。
1回だけの計算でも時間がかかるので、この設定で
最適化とかf特を計算させる気にはなれませんね。
ま、計算するのはパソですから終わるまで放おって
おけば良いだけですが。

回転半径が5mとするにはブーム長が最大で
9.87mとなるのでその範囲での計算結果は
foで利得19dBover、F/Bも25dBちょっとと
まずまずの値です。

f特もVSWRが両サイドで1.2程度になるだけで
利得もF/Bもパターンも予想したよりフラットです。

さて、注意力のある方はお気づきかと思いますが
foでのVSWRが1.01となっていますがこれは50Ωに
対してではなく56.25Ωで計算しています。
おわかりかとは思いますがなぜかは次回に。。

さてこれで満足してもらえるかな。
でもブーム長1.65ラムダの6エレQuadってブーム長すぎ?

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

1.2G4Loopx4

お盆休みしかタイミングが合わないので以前から
頼まれていた1200MHzのアンテナを仕上げてきました。

1294.25MHz水平偏波でデザインしたアンテナです。
1200Mが測れるリターンロスや電波強度の測定機は
仕事上でも使いますが、一部自前のものでないものもあり
お盆仲だけ拝借してきて室内で測定しました。
反射などによりかなり適当なものでしょうが、
以前実験時に使用のDPアンテナと比較して
相手局がDXから超ローカルに引っ越してきた感じで
大満足というオホメの言葉を頂きました。

見て分かる通り以前ご紹介した3λループの
2パラ2段で縦長アンテナのため垂直スタック間隔が
2λ(水平は1λ間隔)すが、1200Mで小さいため
ベランダでも設置可能であります。
以前書いた3λループのエントリを見てたっての
ご要望でありました。
実際には移動運用でも使いたいとのこと。

DPのリアルグラウンドでの利得が7dB程度だとして
このアンテナはスタックケーブルロスが大きくなければ
20dBiオーバーは楽勝ですから、飛躍的に改善されるのは
当たり前ですよね。
MMANA上では利得24.7dBi、F/B29.71dBですが、
実測では23dBi/25dB程度でした。

ただし利得測定は電波暗室(無反射室)でないため、
ちょっと振るとダイレクトより良い所もあったりで、
明らかに反射の影響を受けていることが分かります。
一度電波暗室で測定してみたいものです。

このアンテナを測定していてつくづく思ったことは
この周波数になるとエレメントの切り方一つで
スペックが変わるのでいかに丁寧に作るか、また
変更した部分の詳細は記録に残し、次の調整の
ステップの指針とすることですね。
自身はいつもHFばかりなのでコンマmm単位なんて
作業は本当に神経を使います。。。

* なぜ水平偏波なのかはあえて尋ねませんでした。
  想像は付きますけど。(笑
* 拙生は1枚だけ見本を雑に作っただけで、あとは
  ご本人が4枚ともとても綺麗に作り直しました。w
  あ、スタックケーブル製作は拙生ですよ。@昨日製作
  雑ですけどww

縦70cm程度横は45cmなのでこのアンテナだけなら
4列2段でもベランダに設置できそうですね。@推測利得27dBi

昨晩はスタックケーブルを優先して製作したら
眠くなってしまい基板製作は今からやります。

Posted in アマチュア無線 | 3 Comments

塗装屋&アッシー・メッシー

本日からお盆休み突入です。

塗装屋

午前中は久しぶりに天気が良かったので
塗装屋さんをやっていました。
懸案事項だった塀のペンキ塗りです。

40m近くある塀のうち、表の通りに面する
20m程度はブロックを繰り抜いて木のラチスが
埋め込んであり、上部にも木を這わしていますが
特に上部は塗装していたのがわからないくらい
木の地肌が露出しているところもあって
いつか塗ってやろうとペンキ(防腐剤入)を
買い込んではいたものの、ずっと放ったらかしで
ありました。

最初は様子見を兼ねて軽く塗ってみました。
ただし腐りかけてメクレかかっているような所は
たっぷり染み込ませませておきます。
結構綺麗に塗れたので自信が付き2度塗り
したときはかなり濃い目に。


仕上りはそこそこ綺麗で義理母様から
見違えるように立派になったとお褒めの
言葉をちょうだいしました。(笑

しかし塗ったのは外側だけで内側は塗っていません。
なのでこんな感じです。

花の時期が終わらないと内側は無理で、しかも
塀に寄り添うように薔薇を何本か植えてあり
内側を塗るときはトゲとの闘いになるでしょう。。。

アッシー・メッシー君

午後からは家族サービスで、連れ合いの仕事場の
傍のバイキングレストランで食事をすることに。
義理母様を乗っけて連れ合いをピックアップし
いざバイキングに意気込んで突入!
しかしこの歳になると30分もしないうちに満腹と
なってしまいますので絶対元は取れませんねぇ。。。
それでも評判の店で混んでいてそこそこ美味しいもの
ばかりで3人共満足して帰ってきました。
      * 店内撮影禁止で写真なし

拙生の支払いで帰りの運転が荒いとか文句を
言われながらも普段あまりできない家族サービスの
お勤めをなんとか果たしてこれました。(笑

これからお楽しみタイム

VXO・ドライバ・2SC2655Yのパラプッシュアンプに
エレキ−なども含めて1枚に乗っけるための基板製作を
眠たくなるまでやります。
あ、品薄になったT37-6・T50-6、予備用の2SC2655Yを
ポチするの忘れていました。。。@早速ポチしようっと。

頼まれている1200M2列2段のスタックケーブルも
作らなきゃね。@明日使用

Posted in アマチュア無線, 日常 | Leave a comment

CW-49

某無線月刊誌オリジナルとして販売している
初心者向けモールス練習&解読装置です。
CWが得てでないOMが練習用に購入しました。
で、拙生に受信練習のための記録をしてくれと
預けられました。

機能を見てみると

エレクトロニクスキーヤー内蔵。
パドル・電鍵切り替え
打った文字が表示される。(送信練習)
送信機をキーイングできる。
欧文・和文切り替え
バンドワイズ切り替え
中心周波数切り替え
 (500・600・700・800Hzのいずれか)
無線機オーディオ出力を取り込み解読
打ち込みを記録・再生する機能(受信練習用)

これだけの機能を実践に使えるなら
コスパに優れているのではなどと思いつつ
早速パドルを繋いで打ってみると・・・
ありゃ?CQやコールサインを打ってみても
出てくるのはHなど短点のみの符号ばかり??
取説を見ると解読可能なスピードは
11〜30wpmまでとありました。
拙生が最初に打ったのは32wpmだったため
解読できなかったというわけです。
最初に取説一通り読んでおけ・・・ですよね。

しか〜し、ということは?
高速モールスでののオペレーション、例えば
コンテストやDXペディのモールスはほとんど
解読できませんよね。
またメモリーは1CHしかなく、計ってはいませんが
時間制限がありでそれ以上は記録できません。
取説には250文字程度記録できるとありますが
高速で打って記録したあと再生時に最適な
スピードに調整するということなのでしょう。
ちなみに英文20wpmのスピードで記録すると
100文字程度で時間切れとなりました。

解読できる最高スピード

これではメモリーキーヤーとしての機能は
実践には実用にならず、さすが初心者練習用。
実践用は別途用意せよということですか。。

実際に無線機に繋いでみたはいないので
どのくらい受信の手助けになってくれるのかは
わかりませんが、それなりの解読率なら
ゆっくりしたキーイングでのラグチューや
ラバースタンプスQSOには役立つと思います。

ただしあいまい検索ならぬあいまい解読機能は
ないので癖のあるモールス符号のは使えません。
拙生も最初32wpmでコールサインを打った時
JではなくEOになってしまいました。^^;;
ちゃんとJに聴こえるんですけどねぇ。。。

メモリーが5〜6CHで33wpmくらいまで解読可能なら
もうちょっと高くても売れるのでは?

おまけ

今7MHzで強力な和文QSOが入感していますが、癖というより
訛りとも言えるこの符号の前には、いかなる解読器もきっと
無力でしょうねぇ。
ツ〜〜〜〜トロロツ〜〜〜〜〜〜  ww  

追記

ポストし終わった後にふと思ったのですが
記録したものを再生したときに、キーアウトが
動作しているかどうか確認しておくべきでした。
キーアウトに出てこないなら1CHメモリキーヤー
としても使えませんから。
手渡しするばっかりにしまいこんでしまったので
後の祭りであります。

Posted in アマチュア無線 | 2 Comments