Oba-Q's Free Space >  日常 > 夜は冷えます。。

夜は冷えます。。

ここ数日日中は20度を超えるものの、夜は
10℃以下で明け方は5℃とか冷え込んでいました。
本日は冷雨で日中の気温も上がりませんでしたが
夜中はどぉなんでしょうね。

連れ合いは21時過ぎに出張からボロ雑巾のようになって
帰ってきました。
拙生は明日は少しゆっくり目で良いのですが、連れ合いは
休みではなく、しかも月曜は必ず早く出勤するため送ると
時間を持て余してしまうのですが、疲れた顔を見ると可哀想で
アッシーくんを買ってでなきゃいけないようです。。。

ところで送っていく先の隣の町内に大型ホームセンターができて
数日前に初めて行ってみたのですが、大きすぎて探すのが大変。
しかもちょっと置き方が変わっていて、たとえばM12SBAの
グリップアンカーとアイボルトの組み合わせを買おうとしたら、
アンカーは資材館でアイボルトは生活館にあるってどぉ言うこと??
資材館から教えてもらった売り場までの距離はかなりありました。
どのようなカテゴリ別けしてるのかなぁ。。。

本日は以降就寝までの時間があるので、先日部品を寄せておいた
2SD2560のバイアス回路に手を付けることにします。

Posted in 日常 | Leave a comment

共にビンヒマ・・・

連れ合いは昨日から2泊3日で旭川出張。
帰ってきてすぐに3泊4日の函館出張。
月末は幕張と青森出張が控えていてほとんど
家にいません。
拙生も17日から23日までの宮城県出張の前に
アンテナ関係の依頼2件を片付けなくてはならず、
次の仕事は早く宮城から帰ってこいと言われていて
始まったらまた休み無しです。タブン。。。
チャンスとばかりに独身貴族を謳歌しようと思っても
同じだけ忙しいので結局はダメっぽいですね。。。(泣

午後から時間が空いたので18/24ダブルダブレットを
上げるところに行ってきました。
144MHz2列2段は全く使えない、430スタックも
VSWRが高く調子が悪い。
2本あるGPの一方が全く使えない
GPの腕木のボルト穴が千切れて針金で止めている。
等々、問題は山積みなので、アンテナなのか分配器なのか
同軸ケーブルやコネクタなのか切り分ける調査を
しようとしたわけです。

コネクタを外し測定器でアンテナを見ると
144は分配器のコネクタ部分が2ヶ所欠損していて
これじゃ使えないのは当然です。
アンテナは上の2列は活きていますが下が怪しい。。
スタックケーブルあたりをクイクイするとVSWRが
コロコロ変化します。
ま、最初から2列2段を1段外す予定だったので
怪しい方を外せばヨイだけの話ですが。。。

430は上下の144に挟まれていて影響をもろに
ウケているのだと考え、少し引きずり下ろして
下の144のクロスマウントを緩め影響が少ない角度に
振ってやると見事にVSWRが落ちて吸い込みが悪かった
パワーも調子が戻ったのでメデタシです。
144と430は3倍の関係ですから。近いとダメなのは
常識なので、144を1枚下ろすのは正解です。

144と430のGP2本を止めてデュアルバンドGPとデュープ
レクサ使用にすることにしたのでこれは後日となりました。

ちょっと調査のはずが半分位作業を終わらせてしまいました。。。
後は144の2列を1枚撤去、18/24のダブルダブレット設置・調整
腕木交換とデュアルバンドGP設置が残っています。
宮城から帰ってきた23日当たりですかね。

Posted in お仕事, アマチュア無線 | Leave a comment

24/18MHz DP

アンテナ構成を変更する依頼がありましたが
現在上がっているのはU/Vが主体です。
24/18MHzは移動で道の駅などをサービスしている
方なのですが、自宅に上がっているのはタワーの
中間辺りに縛り付けた18MHzのIVで、24MHzは
そのアンテナにマニュアルのアンテナチューナーを
使って無理っくり乗っけてでているとのこと。
18MHzも共振していないようです。
使用目的からしてビームまでは必要なくとも
まともに共振したDPをタワー上部に設置すれば
世界が変わるはずです。
しかしメーカ製の2バンドDPは結構ヨイお値段です。
と言うことで手持ちの材料で釣り竿ダブルダブレットを
製作することにしました。

形状はエレメント間隔が10cmのダブルダブレット

間隔が狭いとちゃんとした特性はでません。

これで両バンドを共振させてみる。
そこそこヨサゲですね。
両バンドとも一応フルサイズですから。

作りかけの現物です。
スペーサーはゴムマットを短冊切り。w
紫外線避けの塗装は最後に仕上げます。
3m高で16/22MHz辺りでで共振点が出たので、
もうちょっと上げて粗調整をしてから持ち込みます。

生乾きのグラスロッドを素手で仮組みしていたら
塗料だらけになってしまいましたが、時間がきたので
別の仕事の打ち合わせにそのまま行ったら
呆れられました。。。(笑

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

お薦めコマンド@tmux

tmux(ターミナルマルチプレクサー)のご紹介です。

クライアントPCからSSHでサーバーにログインし
シェルスクリプトを書いていた知人が、
誤ってターミナルエミュレータを途中で終了させてしまい
それまでの作業を無駄にしてしまったというコボシの電話が。。。

ウッカリ多発人間の拙生にも有りがちな話ではありますが
そんな時に威力を発揮してくれるtmuxで回避しています。
不本意にも接続を途中で切ってしまった場合、tmuxコマンドで
再接続が可能になります。

まずはサーバーにtmuxをインストール。
RedHat系なら
# yum install -y tmux
Debian系なら
$ sudo apt update
$ sudo apt install tmux

以降Debianで説明

サーバーにログインしたら
$ tmux new -s 任意のセッション名
でセッション名を指定してtmuxを起動します。

もし誤ってターミナルエミュレータを途中で
終了させてしまった場合は、再度ログインして
$ tmux attach -t 指定したセッション名
で再接続すると前回の作業途中のシェルが
現れてくれます。

もし複数のターミナルエミュレータからログインし
tmuxをそれぞれで指定した任意名のセッションで
起動させていた場合、
$ tmux list-sessons
を実行させると接続可能なセッションが
セッション名1: 1 windows (created Thu May 10 00 ・・・
セッション名2: 1 windows (created Thu May 10 00 ・・・
のように表示されるので、指定したセッション名を
忘れてしまっても思い出せるでしょう。w

自身のドジさ加減は自身でよく分かっているので
極力こういったものは面倒臭がらずに仕込んでおきます。
リスクマネージメントってやつですね。。。

Posted in サーバーネットワーク | Leave a comment

Intermittent Commercial & Amateur Service

2KW ICAS(Intermittent Commercial & Amateur Service)
という規格のアンテナが手元にあります。
日本ではPEPとかCWという表記が一般的です。
記憶が間違っていなければICASとは電力管製造の
業界が作った定義だったと思います。
これに対しCCS(Continuous Commercial Service)という
100%デューティの業務規格がありますが、これは
放送局のように長時間連続で送信しっぱなしにおける
規格であります。
ICASはIntermittentですから断続的になりますが、
100%デューティで5分の連続送信、5分のお休みの
繰り返しだったはずで、アマチュア的にはRTTYやFMで
5分間も連続送信するシーンはあまりないでしょうから、
100%デューティで使用可能としても良いかと思います。

これをアンテナにすっかり当てはめることができるのか
不明ではありますが、1KW免許を取得するアンテナとしては
十分の耐電力と思われます。
しかしこのアンテナ、エンドフェッドなので電圧腹で
給電するため、かなりの高圧になるはずですが、
本当に2KWに耐えるかどうか試してみたいところです。(笑

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

2SD2560

3極管アンプのバイアスで、ツェナーをブースト
するのに最近良く使うのが2SC5200というTRです。
VCEO 230V
Ic 15A
Pc 150W
という規格で、本来オーディオ用ですが
fTが30MHzなので、ローバンド用100wのPPアンプ
などでも使えます。
以前使っていた2N3055よりはずっと丈夫です。

さてその2SC5200ですが、バイアス回路でお悩みの
OMに差し上げようとしたら、30個ほど在庫があるはずなのに
またもや物置で捜索願いが発令されました。@イツモノコト。。。
OMにはとりあえず代替品で間に合わせていただき、その後
5200の交換していただく事になりましたが、その捜索中に
見つけたのが2SD5260です。
何かのついでに購入したのだと思いますが記憶が
定かではありません。。。
規格を調べると
VCEO 150V
Ic 15A
Pc 130W
となっていてこれでも十分じゃないですか。
A月で値段を調べるとC5200が200円でD2560は
80円ですから、安さにつられてついで購入したけど
そのまま忘れて放置されていたと思われます。

使えそうなら使ってみたくなるのが人情です。(笑
手持ちの部品で足りるか揃えてみました。

D2560は絶縁シートでケースに密着させ、外部に
ファン付きヒートシンクを奢ります。
ヒートシンクは相変わらずCPUファンの流用です。
5W0.1Ωの酸金抵抗はIg・Ipメータの分流用です。
30KΩ30Wとリレーは受信時にIg・Ipの還流路に入り込み
電流を流さないようにするためのもの。
ツェナDiは4.3Vのものが沢山あるので10シリーズで
ショートしていくことで43V+TRの0.6V≒50Vから4.3V刻みで
調整できるという拙生の常套手段です。
おっと、電流制限用の2〜300Ωが入っていませんでしたね。。。
下側のは回りこみ対策用のバイパスCとケースから
引き出し用の貫通Cで、更に下にあるフェライトビーズは
写真から切れてしまいました。^^;;
後は使用するメータの内部抵抗によりシリーズにする
抵抗を用意します。
内部抵抗50Ωの1mA計をフルスケール1Aにしたいのなら
50Ωの抵抗、2A計なら150Ωってな具合です。

ところでD2560とC5200を並べてみるとかなり大きさが違います。

放熱のことを考えると5200に歩があるのでしょうが、D2560で
やってみて不具合があるなら交換するだけです。
組み上げるのは小1時間くらいでしょうからどこかで
時間を作りましょ。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

入力はLPF

かなり前から友人がリニアアンプの入力回路に
苦戦していて、一度見て欲しいと頼まれていたのですが
ビンヒマ状態が延々と続き放置状態でした。
で、本日ついにお怒りの連絡が。。。

仕方がないので行ってみました。
電話で聞く限りマルチバンドを切り替えずにLPFで
やっていて、球の入力容量に合わせてπ型のチェビシェフ
3素子で作ったのですが、どぉやら球の入力Zの
レジスタンスが100Ω程度であることを失念していたようで、
入力容量と同値のCとしてしまい、Lだけを調整して
VSWRが2以下に下がらないと頑張っていたようです。

そこで球の特性から下調べをしてちょっとした
お試しをやってからお邪魔しました。
カットオフは30MHzで、ローバンドの2倍や3倍の
ハーモニックスには全く意味をなさないため
広帯域でフラットなインピー合わせのみに
着目すれば良いのですが、そこは習慣というか
こだわりで、50Ωよりインピーが高い場合は
T型にしちゃいます。
出力側は100Ωの酸金抵抗にトリマCを抱かして
予め球の入力容量に調整しておきます。
後は30MHz以下の周波数で広域にVSWRが下がるように
VCとコイルの伸び縮みで粗調整したものを持参しました。

事前調整中の写真

 計算上では入力側コイルは0.47μH、Cは60pF程度(100pFVCで調整)
 球側コイルは入力側と同じ撒き数にして伸び縮みで調整


  負荷は100Ω酸金抵抗に50pFトリマC

入力回路を持参したモノに交換した結果はチョチョっと
いじっただけで見事全てのバンドでVSWRが1.05〜1.7であり
ベタ落ちとはなりませんでしたが、とりあえずはエキサイタの
チューナーでなんとかなる範囲に収まりメデタシメデタシとなりました。
後の細かな調整はゆっくりやってもらうこととして退散しました。

アンプに限らず本体にいきなり組み込む前に単体で稼働させてみて
不具合の確認や予めの粗調整は必須であると思います。
今回は回路的には簡単なものでしたが、調整が取れるかどうか
事前にお試ししておかないと友人のように穴ボコにハマります。
粗調整といえども動作環境を見越した負荷にすることを工夫すれば
かなりの精度で調整ができるはずです。

実は後2件相談を受けています。
1つ目は3極管のバイアスが旨くいかない。
もう1つは4極管の抵抗受けですが、エキサイタが非力マシーンで
50Ω受けではまったく押しきれず、入力の抵抗値を450Ωに
持ち上げたらハイバンドでパラ止が昇天しちゃうというもの。
1つ目は検討中ですが、2つ目は配置等の問題でしょうから
作り変え・・・でしょうかね。。。
それが嫌ならエキサイタを5W機から100w機に交換して50Ωに戻すのが
手っ取り早いでしょう。w

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

食卓に春の味

拙生は子供の頃から肉や魚よりも
こんなのが大好きであります。

温室物だけでなく最近は輸送や冷凍技術の
進歩で季節と関わりなくなんでも入手できますが
やはり旬のものは一味も二味も違います。
丁寧にアク抜きをしてくれた義理母様に感謝。

本日タワー上のアンテナ構成の変更を依頼されて
いたところに下見に行ってきました。
実際に施工できるのは今月末辺りかと思いますが、
4本のアンテナの内2本が不調なため、極力早く
やってあげたいと思います。

Posted in アマチュア無線, 食する | Leave a comment

MFJのパドル

3日は1日ダラダラする日と決めていました。
よって、な〜んにもしてません。(笑

大崎市にいた間にオークションで
落札したものが昨日届きました。
MFJ-564というCWのパドルです。
移動しない局3セット分のパドルは用意出来ましたが
移動する局用の分がないことに気づいてしまったわけで、
別に差し替えで使っても問題なかったのですが、
あったほうが良いかな?という軽い気持ちで
ゲットしてしまいました。

早速裸(ケーシングされていない基板の意)エレキ-に
接続して試してみると、ベンチャーやバイブロと比べ
ストロークを大きく取るとちょっと打ちにくい感が
ありますが、高速キーイング用にフェザータッチの
間隔調整をすると、ほとんど感覚は変わりません。

元々リーズナブルなパドルですので落札価格も安く、
過度な期待は禁物と戒めてゲットした割には
良い物が入手出来ました♪

ところで拙生は未だGHDのパドルを使ったことが
ありません。
オークションなどでも大人気のようですが
打ちやすいんでしょうかね?

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

帰ってきました。

宿泊先の大崎市田尻のロマン館です。
周囲が広大な庭園です。
都会にある庭園は周囲の建造物と違和感を
感じるのは致し方ないのですが、自然に囲まれ
その中にすっぽり収まっていてまったく違和感が
ありませんでした。

そんな中にあるロマン館です。

田尻の街に行く途中には田んぼで餌を漁ったり
飛んでいる白鷺を頻繁に目撃しました。
車で野うさぎと追いかけっこもしてきました。
全てがのどかでした。

しかし帰ってきた途端やることが山積みです。。。
再度行くスケージュールも早々に決めなくっちゃね。

Posted in お仕事 | Leave a comment