Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > 疑い深い友人@変調度

疑い深い友人@変調度

着ていた服をを洗濯カゴに放り込もうと
したらポケットになにか入っています。
引っ張りだしたら折りたたんだA4の
コピー紙でした。@アブナイアヒブナイ

以前持ち込まれた友人のハイシング変調もどきの
測定結果で変調率が90%程度に改善されたと
伝えたところ、拙生の使っていないオシロと
AFのオシレターと方結を持ってゆき、自分でも
測定したいとのこと。。。

友人
 搬送波の振幅をCとし変調を掛けた時
 C〜変調波のピークまでをSとすると
 変調度はS/Cで良い?
拙生
 それでも良いけど一般的には変調波の
 振幅の山と谷が測定し易いので
 (山-谷)/(山+谷)
 で計算するけど。
 教科書もほとんどがこれだよ。
友人
 ふ〜ん。
 で、(山-谷)/(山+谷)とS/Cは
 同じものになるの?
拙生
 計算してみぃ。
友人
 お、なるんだぁ。。。

しかしどうして同じなのかがどぉも納得出来ない
様子なので、紙に書いて説明したのが下のなぐり
書きでした。


 よくみると谷の位置間は間違ってキャリアの
 位置になっているし。。。^^;;
 口頭ではちゃんと谷=2*(C-S)で説明しています。

この説明でもなんとか納得した友人は、次に
どぉして100%変調時にはキャリアの4倍なんだい?
ときたので、他の紙にまずは

P=A^2*(1+m*cosω*t)^2/2
だけどと瞬時電力の最大値はcosω*tが
なくなるので・・・
って説明するつもりだったのですが、式を書いた時点で
友人はもう聞く耳を持たずギブアップしちゃいました。
cosω*tがなくなれば数学が苦手な友人も簡単に
分かるはずなんですけどね。。。

P=A^2*(1+m)^2/2

Pmaxは100%変調時でm=1、Pminはキャリアのみでm=0なので
Pmax=2*A^2 Pmin=A^2/2 なので4倍になるんですね。
人の話は最後まで聞けチュ〜の!ww 

谷の位置が間違ったことを晒すよりは、洗濯機に放り込んで
証拠隠滅したほうが良かったかとチョイと後悔しています。。。

Posted in アマチュア無線 | 5 Comments

無事帰宅

アンテナメンテではこの鉄塔に昇るのが一番疲れます。
と言うのも、昇る手段はレールに付いているステップ
しかなく、パンザーマストなどと違いLア型ングルに付いた
ステップなので90度に開いた形状であり、拙生はこれが
非常に苦手だからです。@慣れてないから。
しかも電信柱のように垂直とかパンザーマストのように
根開きからトップまでのテーパーが軽くかかった程度なら
まだしも、大型自立鉄塔はかなりのテーパーがかかって
いることもあり、いつもと全く感覚が違うのです。
安全監視員が下から目を光らせていたこともあり
胴綱を掛けた時の確認もいつもよりずっと丁寧に
行ったため倍は時間を掛けて昇り降りしました。

チャッチャと登ればそんなに疲れないのですが
今回は降りてきたらクタクタでした。(笑

帰宅したら届いていた物達。

20〜60pFのVVCです。
昔たくさん持っていたのですが、もう使わないだろうと
欲しい人に全部譲ってしまったのですが、もしかしたら
18MHzモノバンドアンプに使うかもしてないのでゲットして
おきました。

絶縁抵抗計。
拙生現用のメガは古いものですが最近調子悪く
そろそろ購入と思っていたところで出品されたので
これも非常に古いものなのに思わず落札しちゃいました。^^;;
オマケが付いていて接地抵抗やらイロイロ測れるようです。
って、欲しいのは使えるメガだけで他はいらない。(笑

先日ポストした時に書いたVSWRメータ。
測定端子付きですがどの程度使えるか日曜日にでも
お試ししてみます。

Posted in お仕事, アマチュア無線 | Leave a comment

函館なう

思った通りWiFiは最悪でスマホの
LTEからポストです。

仕事はのどかな風景の中でしたが
トラブル続きで疲れました。。。
こんな日はさっさと寝ることに
しましょ。

Posted in お仕事 | Leave a comment

アマ無線用測定ベンチ

業務と兼用から脱却するためオークションで落札したり、
業務では使わなくなった測定器をかき集め、区別するため
作業場ではなく自室に置いてみました。


* SGは先日友人に届けたものと一緒のものです。

SGとスペアナ、オシロでスペースがなくなりました。。。
写真に写っていないもので自室にあるものは
2GHzまでのfカウンターと400Wまでのダミー。
後はバード43くらいですね。
アルミケースの中には方結だのattだのが入っています。
後ここに並ぶ予定なのは3KWまで測れるVSWR計。
なぜなら測定用ピックアップ端子が付いているからで、
先にポストしたCMカプラなどを製作しなくても
よさ気なのですよ。@面倒くさがり屋真骨頂ww
ただし6mで5倍辺りの高調波がどのように見えるのか
疑問符付きではありますが、測定周波数の組み合わせは
そう多くないので、f特校正表を作成しておけば十分
使えるとは思います。

余談
ちなみに高調波をサラと見るときはスペアナで見ますが
正確に測りたいときは電測計(ここには置いていない)で
測ります。
最近は電測すらスペアナで行うこともあるようですが
電測中にノイズを感知した際などQピークで簡単に測定が
できるので、拙生は昔ながらの電測計を持ち歩きます。

SGの左側は地デジ・BS・CSのlevelやBER・MER・C/Nなどを
測る測定器でアマチュア無線とは関係なし。
最近はハッンディタイプのもので事足りるのでお役御免で
置いてあります。
なぜなら地デジになって空いた昔のアナログの周波数が
携帯の周波数に割り振られ、地デジに電波障害を起こす
可能性があるため、その電波(LTE)の測定が出来ないと
ダメになったからです。
ハンディタイプのLTEも測定できるやつを持ち歩きますが
そいつにはスカパーが測定できません。
待機状態のやつは測れるのでまだまだ出番はありそうです。
ここには12/24V切り替えの50A電源が入る予定です。

ちなみに下の白い籠に入っているやつは10MHzのQRP送信機で
これらの測定器で一番先に測定したものです。
更に手前に2番めに測定してみたFT-857が置いてありますが
暗くてわからないですね。。。
SGの出力する周波数をFT-857で受信してみるとぴったり
合っています。
下手な昔の測定器よりキョウビのアマチュア無線機の方が
周波数が正確なのでたまに確かめるという訳です。

問題は200V電源と大型ダミーがなければリニアアンプなどの
測定が出来ないということです。
一通り拙宅で遊んだ後でまとめてクラブ局に移動。。。
なんてことも十分あり得ます。(笑

ところで測定中にスペアナのロックが一度外れました。
現在は大丈夫ですが測定器が不安定なのは困るので
VCO周りを調べてみます。

ちょうど日が明けたところですが、4時過ぎに出て
函館まで走ります。
一泊で帰ってきますが宿泊先の宿が以前泊まった時は
WiFiが繋がりにくい・遅いで最悪だったのでBLOGに
post出来ないかも知れません。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

代理入札

先日拙生の持っている一番古いSGと同じものが
オークションに出ていたので、欲しがっていた
友人に教えてやると、終了日が出張先になるので
落札しておいてくれとのご命令です。^^;;

どこまで追っかける?と尋ねると10K円+αとのこと。
せっかくだから落としてやりたいと思いましたが
+αがどの程度までかで微妙なところです。
途中から入札すると値が釣り上がるのでギリまで
じっと我慢の子で終了2分前を過ぎてから入札。
残り1分では最高額を維持しています。
他人様の代理入札は必要以上に緊張しちゃいますね。。。
結果は作戦が旨くいったのか7.3Kでそのまま落札。
送料を入れても10K円以内で収まりました。v^^

届け先住所の書き込みが面倒なので拙宅とし
届いたSGの発振出力を電測計に突っ込んでレベルを確認。
AM/FM変調をオシロやデビエーションメータで見ると
AMの変調率以外は正常であることを確認しました。
出張から帰ってきた友人に届けてやると大喜び。
こんなに喜んでくれるなら代理をやってあげた
かいがあると言うものです。(笑
変調を掛けるとFMのデビエーションはほぼ正確でしたが、
AMの変調率を100%にセットすると、実際には105%位の
過変調となっていて、変調波のボトムピークはゼロで
途切れた波形になり、適正変調(実際の100%変調)の
時より10dB程高調波特性が悪化すること。
目盛り95%あたりで100%変調になることを伝えて
引き上げました。
振幅変調の変調率を調整して目盛りに合わせるか、
変調率を測定して目盛りの校正表を作るかは
本人次第です。

で、早速電話がきました。
友人
出力レベルなんだけどさ、赤い文字がdBmで
黒いのがdBμだよね。
アッテネータのところで120dBμと+10dBmが
一緒の目盛りになっているっておかしくない?

拙生の心の中(ふ〜ん、やっぱり分かってないか。。。)
現実に出た言葉 メーターの目盛りを見た?
  +10dBmって開放電圧は123dBμでしょ。
  ATTを+10dBmにしてファインチュニングを赤(dBm)の
  ゼロにすると同じ目盛りの黒い文字はなんて書いてある?       

友人 +3って書いてあるなぁ。

拙生 だったら120+3で123dBμで合っているじゃん。
   アッテネータ目盛りは110dB、メータの目盛りで
   3dBずらして0dBm=113dBμを表現しているのさ。

友人 おお、そういうことだったのか。

すぐに理解してくれたので助かりました。
以前あれだけ講釈したのにきっとまた開放が6dB・・・
の説明をしなくちゃイケないかとちょっと
うんざりしかけてましたから。。。

きっと面白がっていじり回しているうちに、3日も
すれば使いこなし、10日もすればメータの目盛りが3dB・・・
なんて他人様に講釈たれているかもですね。ww

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment