Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > たまには息抜きを。

たまには息抜きを。

本日は夏休みとしました。

本当は違うもののプライオリティが高かったのですが
作業場に行って一番先に目についたのが測定したまま
スペアナに接続されている2SC18156パラプッシュの基板。
実はまだ未整理で闇鍋状態になっている小箱から
2SC2655Yを14個見つけていたので、ずっと前から
取り替えてみたかったのです。

2SC1815(L-Y)のパラプッシュアンプは最終的に6パラx2
(12個)並べて1.4Wまで出たので調子をこいて
4合成してみたところちゃんと5W以上の出力を
得ることが出来ました。
7素子LPFを付けるとハーモニクスは-60dBをクリアするものの
最大にしても4.7W程度に落ちたのでので、電源電圧を12Vから
13.8Vにしなければ5Wは出ません。
また30秒もキーダウン状態にすると結構な発熱で熱くなり
パワーもどんどん下がってしまいます。
単純計算では48個ですから1個で100mWちょっとの
アウトで、多分コレクタPdも同じくらいなものでしょう。
2SC1815のPdは400mWですので余裕と思うとそぉではなく
それはあくまで25℃の時の話です。

試しにパソ用の12cmFANで上から吹いてやるとパワーは
復帰しますが、お試しならともかくこのアンプにこの
FANは大袈裟すぎるし、実装時も小型化ができません。。
そこで2SC2655Yを見つけたので試してみようと言うわけです。

2SC2655は本来オーディオ用だったと思いますが、実は
ftは100MHz程度まで伸びていて、Pdも900mWですから
1815の2倍程度って感じかな?
ただしVcobは1815より低い50Vですが12V使用では
全く問題ありません。
スペックを比較すると

2SC1815Y 2SC2655Y

VCBO 60v 50V
VCEO 50V 50V
VCEBO 5V 5V
IC 150mA 2000mA
IB 50mA 500mA
PD 400mW  900mW
fT 80MHzmin 100MHzTyp

またパッケージがTO-92NLで1855L-Yよりかなり
大きいため熱的にも有利でしょう。

試したのは1ユニットのみです。
12個の1815を取っぱらってまずは4個、つまり2パラの
プッシュプルで試してみたところ、10.125MHzにおいて
なんとこれだけでドライブが+6dBm程度で飽和出力の1.5Wに達し、
4dBm弱でアウト1.2Wまでリニア領域であることが確認できました。
利得は26dB程度でしょうか。
 *ただし入力は高周波プローブを使いバルボルで
  測定した値を換算したものです。@かなり正確

2個足して3パラプッシュ(6個)にしてみたところ
1.5Wまでリニアリティを保っていました。
30秒のキーダウンでは1.5Wが1.2Wまで下がりましたが
1815はその比ではありません。

こうなると俄然SGではなく実際に使う発振器で試したい
ところですが、水晶発振子は10MHzジャストと10.24MHz
しか持ち合わせがありません。
とりあえず以前作ったVXOに10.24MHzを実装しました。
ドライブ段で15dBmほどの出力がありますが、その入力側に
入れているVRで可変できるようにしてあり、エミッタには
Key入力端子もあるので送信SW代わりになります。

で、SGの時とほぼ同じ入力で同じ出力が確認できたという
当たり前の結論なのですが、10.240MHzを受信してみると
トーンが少々濁っています。
このぐらいの濁りはお空の多くのCW信号で聴くことがあるという
程度なのですが拙生的には気になります。
バラックでやっているのでなにか拾っているかと配置を
変えてみたり簡易的なシールドを施しましたが改善しません。
結局基本に戻って電源のディカプリングを強化、また
バイアスやKey入力のところも気を使ってみたところ
見事に綺麗なトーンになってくれました。
仮つなぎの実験といえども手を抜くとそれなりの
結果にしかならないということですね。

LPFを付けないままでは2ndハーモが-34.5dBです。
3rdも5thもかなりな値ですが、25dB落とすなら
5素子のLPFで可能だと思います。

ここで時間切れで息抜きはお開きにしましたが、
10.15と10.125MHzのXtalを注文すれば実用になる
お手軽送信機ができることが分かって大満足です。
以下は本日のお試しを元に本チャンを製作するときの
回路図を書きなぐったもので、PDF化してパソに
保存したものです。


 書きなぐったままなので間違えがあるかも。。。
 って、早速見つけましたがエミッタがグランドに
 落ちていませんねぇ・・^^;;;
 検討後は変更されます。
 左下に追加したのは4合成にするときのものです。

 
 

検討事項

アイドリング調整
この石はバイアスがBE間の順方向電圧の0.6〜0.7V
目一杯でも低いようです。
ダイオード3シリーズ程度にして2V程度をVRで可変
することにしましょ。

バッファは実験のために簡易的にVXOからの入力を
VRで絞っていますが、ここも1815から2655に交換して
余裕をもたせ、最適レベルが決定したら固定のATTに
してします。

レベルに余裕があるのでこのままでも問題ありませんが
興味的にはZマッチや伝送効率についてはまだまだ改善
できるというお楽しみはあるでしょう。
また出力容量とトランスによるTDT(transmission delay
time=伝送遅延)による歪は確認できなかったものの
一応対策しておいたほうがよさ気です。

オマケ

5Wや10Wくらい出る石は転がっているんだろぅ?
と友人はなんでそんな面倒なことやってるんだ
とばかりに言ってくれちゃうのですが、わずか
10円の石でどこまで出来るかが楽しんですよね。
わっかんねぇだろぉなぁ。。。。
ちなみに1815の単価はその半分以下です。

参考 某通販サイト調べ

2SC1815L-Y 20個入  100YEN@5YEN
      1000個入 3000YEN@3YEN 
2SC1815GR  20個入  200YEN@10YEN
2SC1815L-GR 20個入  100YEN@5YEN
      1000個入 2400YEN@2.4YEN

2SC2655L-Y 10個入  100YEN@10YEN

仮にエスカレートして2655の4パラプッシュで
4合成して5Wを目指してもって32個ですね。
5パラプッシュでも40個です。
ドライバやバイアス回路に使っても50個でお釣りが
出ますが、予備も含めて100個買ったところで
1000円です。ww
ま、1000円出せば5Wの石も購入できちゃいますけど。。。

*写真は石が変更になっただけで以前のものと同じなので
 撮りませんでした。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

ポチっ。。。

2ヶ月近く関わった大型機械の配線で0.5〜150sq
までの種類の端子上げを行いました。
22sq以上、特に150sqなど太い電力線のカシメは
電動油圧式圧着工具を使いますが、細い信号線は
ラチェット式のカシメ工具です。
一番多くカシメたのは1.25sqで、数が多くなると
工具の使い勝手によりかかる時間に大きな差が
生じます。
例えば8sqまでカシメることができる大型の工具で
1.25sqを大量に処理すると倍以上の時間がかかります。
グリップが大きく開いているので端子を咥えるのに
手間がかかるのと、握り始めが片手でチョイと。。。
というわけにはいかないからです。

で、片手サイズの1.25sqと2sqだけのカシメ工具を
使うわけですが現場で同じサイズなのに0.3〜5.5sq
までの工具を使っている人を見かけました。
そんなのを見ると欲しくて欲しくてたまらない訳です。。。
行きつけの工具店で探してもなかったのでネットで
調べて見つけちゃいました。
しかも安い。。。
もうポチするしかないじゃないですか。

拙生の持っているワイヤーストリッパーはそれなりに
高級なものですが、綺麗に剥ける代わりに簡易な
ストリッパーより時間がかかります。
圧着工具を見ていた時に超小型で0.5〜2sqまで
剥けるのを見つけました。
スケア線だけではなく単線と共用です。
丁寧さより速さが必要な時のためにこれもポチっ。。。

他にも電源を入れた途端に飛んだというTL-922の
修理用のFUSEを注文しておきました。
でも送料のほうが高いって。。。仕方ないですね。
10mmx38mmの大型ガラスFUSEはコチラの
パーツ店では在庫がありませんから。

Posted in 日常 | Leave a comment

6m4Quadx4

某OMに相談された6mのアンテナ。
サンスポットナンバーの低いこの時期に。。。
とも思いましたが聞けばEUあたりもまだ時々
開けるのだそうです。
依頼されてからかなり経ってしまっていたので
優先的に計算してみました。

以下が条件です。

・ ベアリングまでが17m高のタワーがまるまる空いている。
  (マスト使用可能長3.7m)
・ 回転半径が5mしか取れないためロングブーム
  多エレメント八木は無理。
・ DX向けのアンテナにしたい。
・ EUロングパス方向からノイズがありショートに
  向けた時に少しでもノイズを切りたい。
・ 50.0〜50.15Mまでしかいらない。

回転半径が小さなアンテナといえばQUADですね。
回転半径から言えば6eleくらいまでは大丈夫
でしょうけど、6eleQUADをスタックにしても、
ベアリングから上のマスト利用では3.5mが
目一杯で、シングル+1.5dBがせいぜいかと。
本気でDXをやりたいなら4eleQUADx4をお勧め
しておきました。

ゲイン重視でもパターン重視でもなく、マスト長と
回転半径のみで限定したタック幅は垂直で最大3.6m、
水平が3.8mとなり、その範囲でやり繰りした計算結果は。。。

50.0〜50.15までの帯域しか使わないなら、
4eleQUADx4でも計算上なら利得を20dBiに限定すると、
F/Bは27〜30dB近くは取れるんです。
バックからのノイズを切るためには最適かと思います。
利得を1dB欲張るとブーム長が伸び許容回転半径がギリギリで
F/Bは22dB程度となってしまいます。
画像のスペックは利得20dBi超えを示すためのもので、
F/Bを30dB取った際には19.87dBiとなりました。
バックからノイズを受けながら微弱なEUの電波を
受信する際のF/B5〜8dBの差は大きいですよ。
信号によっては聴こえるか聴こえないかの差が生じます。

RaとD1の間隔が広い変則的な形になっていますが、
これはスタックブームが水平2本の場合を考慮して
少しでも水平エレメントへの影響を少なくしています。
通常の間隔で水平ブームが挟まると計算上で0.5dB落ち。
上記の間隔では0.3dB落ちなので気分の問題かもしれませんが。
1本のスタックブームの両脇に垂直ブームを使用する
H型のものはノーマルなスペースでも良さそうですが、
垂直でもなるべくエレメントと離れていたほうが良いに
決まっています。

以前のエントリで何度か解説していますが、このアンテナは
2列2段でオプティマイズしたものであり、単独で働かせる
場合は全く異なるサイズになり計算し直す必要があります。

こういったユーザーの環境に応じたものはメーカ製では
出来ないことで、自作だからこそのデザインスタイルだと
思います。

あと2点他人様からの頼まれごとを終えたら
やっと自身のお楽しみにかかれそうです。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

おやすみなさい。。。

遅くに帰宅し食事を終えたらすでに
日が変わる時間です。。。

明日の仕事さえこなせば時間に多少の余裕が
できるので、メモ用紙に走り書きで羅列した
やりたいこと@おアソビにプライオリティを付けて、
順番に楽しんでいこうと思っています。
本日は我慢して明日の仕事の準備をしたら寝ます。
風呂に浸かりたかったけど朝シャンですな。

Posted in パソコン | Leave a comment

復帰・・・かな?

久しくエントリしていませんでしたが
ぼちぼち社会復帰(?)出来そうであります。

昨日で大型機械の配線が終了し本日はお休みと
しましたが、3週連続なにもなかった日曜日に
なってしまいました。。。
やりたいことは山積みでしたが、配線は土曜日が
最終日だったため、どぉしてもキリの良い所で
終わりたかったため、ほぼ一日中機械の内側の
狭い場所で無理な態勢で端子上げをしていたため
朝起きると腰に違和感があり、経験上動くと
悪化しそうな気配だったため、1日中おとなしく
していたというわけです。

で、こんな時間になって調子が良くなってきたので
やりたかったことの一つである本棚の整理を開始。
一番大きな本棚は横4ブロック、縦は天井までの
8ブロックで合計32ブロックに分かれていて、
それなりにカテゴリ別に整理しているのですが
すでに満杯になっていますので、新しい本を購入
しようとしても躊躇する段階になってきました。
そこで特にパソ関係の本でバージョンが古く、
記載されているスキルなどはすでに習得してしまった
本はポイしちゃおう作戦です。

例えば


イラレ・フォトショ・ドリワエ・フラッシュは
ポイしちゃうのでこのブロックはがら空きと
なります。


XOOPS・ZenCart・アドビも
ポイしちゃいます。
秀丸エディタはLinux上のWineで
使用しているのでポイしません。


CGI・JavaScriptやPerlはいらないなぁ。
ってよく見たら3冊を残して他はポイ
しても良さそうであります。

こんな感じのブロックが他にもあるので
かなりすっきりすると思います。

パソの本に関して言えば、極端な場合
本当に必要なのはその本の数ページのみ
だけど必要があって購入するときもあり
そんな時はPDF化してパソに取り込んで
しまうので、無駄に増殖することは
なくなってきてはいるのですが、それでも
年に何回かは整理しないと元の木阿弥
になってしまうでしょう。

Posted in 日常 | Leave a comment