Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > メンテ上がり&落札物

メンテ上がり&落札物

頼まれモノの1KWアンテナ・チューナーと
自身のために落札した100wアンテナ・チューナーが
偶然数分差で届きました。
ちょうど車の中を整理中だったため降ろしていた
2台のメンテ上がりリニアアンプと一緒にパチリ。

あ、922の木枠はまだ色を塗っていませんけど。(笑

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

TL-922メンテほぼ終了

明日できることは今日やらないという傾向が多分にある
拙生ですから、時間があるときに・・・なんて思っていたら
いつまで経っても終わらないかも知れないので頑張ってみました。

まずは100Vから200V仕様への変更。(これ簡単。)
ただしFANが交換されていて制御回路から新たに伸びている
FAN用の配線があり、100Vから200Vにしても100VFANに
200Vが掛からないことを確認してからFANを繋ぎ込みました。

配線が千切れていたのは撚線の先を半田あげし、
それを直接端子ビスに絡げてネジを締め上げていたからで、
せっかく撚線で柔らかいのに半田あげで固くなり、それを
ビスで締めあげた時点ですでにブチ切れる運命が決定していたのでしょう。
基本に忠実に端子あげをしておきました。
丸端子のM4Sの持ち合わせがなかったのでY端子になっちゃいましたが。。

GKと違いGGは入出力が同相であるがゆえに、GGであるというだけで
3dBのNFBがかかっています。
電波の質を高めようと更にNFB量を増加させようと、グリッドを
シャーシ電位から浮かせるために色んな物が付いています。
しかしこれが災いして例えば球のラッシュなど、何かの拍子に
部品がぶっ飛ぶことがしばしばあります。
キャパシタが飛んでいたりRFCは真っ黒焦げだったり。。。
酷い例では本当にぶっ飛んで黒焦げの破片がかなり遠いところまで
散らばっていたこともあります。
ラッシュしたからぶっ飛んだのか、ぶ飛んだからラッシュしたのかは
定かではありませんが、ラッシュでもしなきゃ飛ばないとは思います。
ところが更なるNFBをやめてグリッドをそのままシャーシに落とすと
ほぼラッシュがなくなるのが不思議です。
NFB量とか落とし場所の電位の位相とか。。。いろいろ考えられますが
それらが原因でラッシュして、ラッシュ時にぶっ飛ぶと考える
べきなのでしょうね。

1 電波の質は若干良いけど壊れやすいリニアアンプ。
2 電波の質は若干落ちるけど壊れにくいリニアアンプ。

さてみなさんはどちらを選択するのでしょう。ww

通常拙生はNFBのCやRFCははブッパズして銅帯などでシャーシに
落とすのですが、今回はオリジナルに復帰しやすいように
部品にジャンパーを掛けた格好を取りました。
L分が気になるところですが、RFCやCで浮かすのと比較すれば
微々たる浮きですし、部品がぶっ飛ぶことはないだけでも
安心できます。

で、パワーを出してみる。
勿論他の作業をやりながらエージングをしっかりやっています。
おや、28や21MHzは1KW出るのに14MHzの入力VSWRが高く
押し切れていないみたいです。
調べると入力回路に220pFのマイカCが飛んでいました。
部品箱には120pFしかなかったのでパラにして240pFとし、
ボビンのコアで調整したらVSWRがストンと落ちてくれました。メデタシ!
(他のバンドはチッチャな問題しかありませんでした。)

次は拙生恒例(高齢ではありませぬ!)のソケットピン冷やしです。
底板に穴を空けFANを取り付けます。
裏面に最初から付いていたオリジナルFANから交換された20mm厚の
100VFANでは、シャーシ下のソケット周りまでは冷却が不十分ですので、
38mm厚の200VFANを取り付けガンガン吹いてやります。(ちょっと賑やか。w)
配線は底板を外す時のために、平ギボシで外せるようにしました。

下から吹いたことで上からの抜ける風量・風圧が明らかに増加し、
抜けてくる風の温度も上昇したので冷却が改善されたことは明白です。
よほど無謀な使い方をしない限りこれでコンテスト等で使ったとしても
フィラメントのピンから半田が溶けて・・・なんてことは起きないはずです。
初期バージョンでなかったのでソケットをシャーシから浮かせて
風の抜ける隙間を作るという面倒な作業がなかったのはラッキーでした。

ところでこの922は最初っからゴム足が一つも付いていませぬ。^^;;
更に底板には追加した38mmのFANが出っ張った状態なので、最低
50mmは浮かさなくてはいけません。
考えた末一番安直な方法を取りました。
50mm幅の木材でコの字型で枠を組みソレに乗っけちゃえ作戦です。(笑
ビスが当たる分はノコ目を入れノミで削りとります。
コの字にしたのは前を塞いでFANの音を軽減するためです。
後ろは開けておかないと空気が流れ込みません。
枠はせめて塗装してちょっとはオシャレしておきましょ。

本日の作業もFDTラボでした。
主は作業中に全く顔を出さなかったのですが、最後の枠だけは
ノコ・カンナ・ノミで全部やってくれ楽チンさせてもらいました。
作業場の使用料を払うと言っても、そんなに頻繁にきてもらっても
困ると、決して受け取ってくれないのですが、独特のの言い回しながら
主の優しさに感謝です。

で、先日修理したHL-2Kと2台を車に積んで引き上げたら
今ちょっと腰が痛いです。

そうそう、922のリレーはDC100V駆動なので、オープンコレクタ
などで送信を掛けるとぶっ壊れます。
リレーを1段かますインタフェースを作らなきゃダメですね。
HL-2Kは12V駆動ですが結構な電流が流れるので、保険をかけて
こちら用にも作っておきましょ。@拙宅作業

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

今更ですが@ssh-dssの脆弱性

2年近く大事なことを書き忘れていました。

固定ページサーバーのところのOPEN-SSHについてです。
SSH-DSS(DSA)を例にして書いていましたが、 → こちら ←
実は2年ほど前にDSAの脆弱性が見つかり、現在は全てのサーバーで
RSAを使用しております。

やり方はdsaとほぼ一緒です。
ペアキーを作成します。(Linuxの場合)

# ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):  *1
Enter passphrase (empty for no passphrase):    *2
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:vR2csCon/sQmNxYS0uksYdbB9UJ1NiuRIrm7LgjJL78 root@**.**.jp
The key’s randomart image is:
+—[RSA 2048]—-+
| ..oo.o.+ |
| o++…+ o |
| = =o..+ . |
| o =.. o = . |
|.. . +.S o + |
|o. ..o o o . |
| … +.X . . |
| ……X . |
| oE.oo.. |
+—-[SHA256]—–+

*1 パスやファイル名を変更しなければそのままEnter
*2 パスフレーズが不要なときはそのままEnter
  (自動バックアップ等の際にパスフレーズは邪魔)

これで/root/.ssh下にid_rsaと公開鍵であるid_rsa.pubが
作成されるので、ログインしたいサーバーの/root/.sshに
id_rsa.pubをコピーしてauthorized_keysのりネームするだけです。
その際644ではサーバーから600にしろ!と怒られます。(笑
サーバーでauthorized_keysを作成し、id_rsa.pubのから
コピペも同じことです。

ログインする(クライアント)側にid_rsa・ログインされる(サーバー)側に
authorized_keysがあればよいのですから、サーバー側で作成して
id_rsaをクライアント側にコピーしてもOKです。

注意 
拙生はrsyncをsshを通して自動バックアップをしているため
rootでのログインを許可したりパスフレーズをパスしていますが、
当然セキュリティは下がり別途対策が必要なので、通常は
rootのログインはさせない、パスフレーズの設定は行うほうが
よろしいかと。

セキュリティに関する記述は時間が経つとゴミになるので
古いやつは一度全部見返してみなきゃダメですね。

Posted in サーバーネットワーク | Leave a comment

TL-922メンテ依頼

本日届いた落札物はこれだけでした。

本体+500D+2500H+2500B

ちょっと磨いたら随分綺麗になりました。
ついでに手持ちの一番古いやつも磨いてみました。

綺麗さだけなら今使っている本体よりマシかも。
ま、コイツは昭和の時代から持ってますからね。(笑

100Vに設定されているTL-922を引き上げてきました。
入手されてからまったくノーチェックだとか。
ソケット周りやネットワーク部分の改造はされていませんが
クーリングのFANは全く別物が付いていて、後側に出っぱって
いますし、その電源は裏の電圧切り替え用端子の3・4番を
使って供給しているのですが、オリジナルでは空き端子です。
100V使用時に必要なジャンパーは3枚ですが、200V使用時は
1枚しか使わないので、通常は2枚を予備として取っておく
端子にしています。
FAN側の配線が片方ちぎれているので稼働させていたものとは
思えないのですが。。。^^;;
とりあえずこれだけだけを確認して引き上げましたが、
200V仕様にしたらFAN(100V)はどうなるのか調べたり、
他にも改造されている部分がないかなど、全部を
確認する必要がありそうです。。。。

別途RF-NFBを外してグリッドを直接シャーシに落としたり
フィラメントの配線替え、足を冷やすのに底を高くして
ファンを追加するなど。。。そこそこの作業量です。
暇を見てやっつけましょ。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

ヤフオクネタです。

7エリアでとりあえず1KW免許を取得ために上げたワイヤーアンテナは、
バンドによってはVSWRが高いためアンテナ・チューナーが
必要になります。
ということで落札した頼まれモノとはこいつです。
実際にVSWRが高いのは160mと75m、17mのアンテナで、
他は問題ありません。
先日書いたように160mはX=±0の共振長に調整してあり、
ステップアップトランスで処理するのでチューナーを
使わなくてはいけないのは75mと17mバンドです。
3.5MHzCWにピッタシあわせていますがコイツに
サンパチも乗せちゃおうというわけです。
30mも3.5の3倍ですからなんとかなりそうと同じワイヤーに
乗せてみると、ヌル点が1MHzほどずれています。
チューナーでなんとかなるレベルです。
で、160mがいらないのでCNW-518を落札しました。

ついでに自分のものも落札しちゃったと書いたものは
バード43のエレメント。
というかエレメントは本体に付属しているものなのですが、
拙生は本体は予備にしかならず、エレメントだけ欲しかった
というわけです。

商品の説明には500W 200-500MHzとだけ書いてありましたが
写真を見ると測定する正面に刺さっているのはその通りですが、
サイドの予備エレメントとして刺さっているのが
2-30MHz  2,500W 
50-125MHz 2,500W
1とか5とか10では1KW近辺が読みにくく、ちょうど
2500Hと2500Bくらいのが欲しいと思っていました。
500Dはちょっと小さいか。。。(笑

相場は500Dが10K円弱、2500Hが15K円、2500Bが20K円位?
45K円以下なら買いでオマケに本体がついてくるって感じ。ww
と言っても本体のみで20K円以上が相場ですよね。
勿論正規ルートで新品を買うととんでもないお値段です。。
で、落札額は送料も入れて40K円でした。
高いと思う方もいらっしゃると思いますが、単体で落とすと
エレメントだけでもこの額じゃ済まないと思います。
そして・・・欲しい時が買い時ですから。。。

両者とも発送済みなので明日にでも届くでしょう。

もう一個落札したのは80〜10mの100WCWのアンテナ・チューナーです。
コイツは自身で使うアンプの時は入力回路としてそのままアンプに
組み込んでしまうためのものです。
調整箇所が増えるのは全く苦になりませんし、大概の場合は
VSWR=1.0にピッタリ合わせられますから。。
まだ組み込むと決定したわけじゃありませんが、お試し段階でも
使いますので確保しておきます。
出力側のVVCやローラーインダクタが80〜10mにしか対応して
いないのでこれで間に合うというわけです。
この手のやつは幾つか有ったはずですが、持ってって良い?
イイよ。ってのが何度かあったのでもう在庫切れなのでしょう。

アンテナ・チューナーづいているのでついでにもう一個
ハイパワー仕様の出品がされていて、これにも参加してみましょうか。
本当に欲しい方に迷惑な話ですよね。(笑

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

Zeitgeist

出張などで持って歩くパソは、軽量&コンパクトで
なくてはいけないときはネットブックですが、
CPUがAtom(デュアルコア)でメモリはMAX1GB
という貧弱なスペックですので、せめてと思い
HDDをSSDに換装してあります。
Windousマネージャーを軽量のLXDEにした
ubuntuなので、作業のメインとなるweb検索やメール、
サーバーメンテなどでは全く問題なく使えていますが、
稀に画像処理などをやる必要性が出た時などでは
パワー不足は否めません。

で、極力メモリを空けておくようにしています。
表題のソフトはユーザーのデスクトップ操作を記録し
所謂【最近使ったファイル】ってのを表示させる
ものなんですが、コイツが結構リソースを喰うんです。

通常は1台のパソを複数で使用する際に、
プライバシーの観点から利用履歴を残さない設定に
するのですが、拙生の場合自身でしか使用しませんが
非力マシーン使用時はリーソース消費の回避にために
この機能をオフります。

しかし・・・
最近分かったのですが、設定をオフにしていても
幾つかのプロセスは稼働しています。
ログを収集してデーモンに引き渡したり、収集した
データの検索をしたりという関連プロセスはオフに
ならずにメモリを食っているんですね。^^;;
こんなのが幾つもあればゴミも積もれば・・・です。

本日の教訓

使わないなら削除。

先日東北に持っていったのはi3・4GB・SSDのubuntu
マシーンなので、数10MBの話は放置で問題なしです。

Posted in Ubuntu | Leave a comment

DHCPのコンクリフト

一仕事終わった後に相談を受けてた
シンクライアントシステムを採用している
クライアントに顔を出してきました。
以前サーバー担当者がLTSPの講習に参加され
サーバー機の更新時にお古になったサーバー機に
ubuntuを入れてLTSPサーバーに仕立たそうです。
どぉも旨くいかないということでヘルプ信号が
出たのですが、原因は既存のDHCPとLTSP独自の
DHCPのコンクリフトという単純なものでした。

とりあえず既存のDHCPのネットワーク部と異なる
LTSP独自のDHCPを立てて、そのへんに転がっていた
ルーターを介してインターネットに接続できるように
しておきました。
時間が取れるときにもう1枚NICを挿してWANとし、
LTSPサーバーにルータ機能をもたせることと
異なるネットワーク間でのファイル共有の制御など
もう何回かお手伝いすることになりそうです。

ちなみにクライアント機は主にVistaのサポート
切れで出てきたノートなので、シンクライアントと
呼んで良いのでしょうか。(笑

Posted in サーバーネットワーク | Leave a comment

頼まれモノを落札

本日は他人様からの頼まれものを落札しようと
パソにへばりついていたらこんな時間になって
しまいました。。。
帰宅も遅かったですけど。
自分のものなら落札できなくても諦められるけど
他人様が必要としているものを見つけて確実に
落札しなくてはと思うと神経を使います。。。
ま、なんとか予算内で落札出来たので一安心。

自分のものは入札に参加しなかったの?ですって?
していません。。いやしたかなぁ。。。しちゃいました。^^;;
無事届いたら公開します。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

HL-2K修理

本日の予定は比較的優先度の低い仕事だったので、
思い切ってお休みにしてHL-2Kの修理を行いました。

症状は前に書いた通り電源ONで球のソケット
周りで火花が出ます。
すぐに電源を落とさないとFUSEが飛びます。

HL-2Kはスタンバイ時はIp・Igの還流路をリレーで切り離し、
別電源から100V程度のプラス電圧を掛けて深いバイアスと
することで動作点をカットオフ以下、つまりプレート電流が
流れないようにしています。
よってリレーが誤動作かネッパったままでメイクしていない限り
別電源がおかしいとしか思えません。

火花が見えたソケット周りを全部外してみたが
スパーク痕は見当たらない。。。(^〜^?

基板を調べてみる。

勿論球に高圧は掛けないのでPSを外しておく。

ついでにペア球のエージング。

やはりカットオフ電圧が規定通り出ていません。
リップルフィルターの22μFがパンク寸前に膨らんでいて
バイパスCの.015μFが黒焦げ。
これじゃぁ脈流が出力されている。。。
これらを交換すると正常にDC116Vが出てきました。

でも安心は出来ません。
多分脈流の電圧が高い時にはIpを抑圧するけど
電圧が下がった時にはIpは流れたがる。
別電源には高抵抗がシリーズに挟まっているため
流れやすいところでスパークしていると考えられます。
ってことはそこもぶっ壊れている可能性大ですね。
ところが探してもそのような所は見当たりません。。。
グリッド(シャーシ電位)を使って還流しようとした?

また寿命でコケたのか他の要因でコケたのかが分かりません。
しかしいくら調べても他の要因は見当たらず、この時点で
球に高圧をかけてみました。

今度は火花が出ません♪
高圧を掛けた状態でのエージングも十分出来たところで
送信状態にするとアイドリング電流も適正な値で流れます。
アイドリングを流したまま30分置いておいて大丈夫なので
パワーを出してみると50W入力で約1KWの出力を確認しました。

実は他にもいろいろあって高圧回路のDiがコケていていたり
8シリーズの電解Cに掛かる単電圧がバラバラで1個は耐圧を超えていたり、
球が全く違うロッドのものが入っていたり。。。
改造の仕方も気に入らない。

気の付いた所はすべて手をかけてパワーを出して試したのは
ストックにあったペア球です。
最初に刺さっていた球でやるとゲインが13dB取れずマックスも
300〜350Wほど少なという状態です。
元々の球でも1KW出れば免許用としてはOKでしょうが、同じ
3-500Zでもプレート形状の異なるものが入っているのは
気分的にも気持ちの良いものではありませんよね。。。

さて、今回もコイツが大活躍。
カプラを交換しなくても良いのですごく楽チンです。

3KW連続OKの擬似空中線。
強制空冷をかけてやると5KWはOK。

結構時間が掛かったので結局自分のものは
実際に使う高周波部分の部品をおいてきただけに
なってしまいました。(悲

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

OFCケーブルは使える?

OFCとは酸化物を含まない高純度の銅のことで
オーディオの世界でOFCケーブルは歪が少ないとされ
スピーカやマイクロフォンの接続ケーブルなどに
用いられています。
(歪特性については異論を唱える人も少なくない。)
純度が極端に高いものはびっくりするようなお値段ですが
一般的なものは手頃な価格でホームセンタなどでも入手可能です。

手持ちにスピーカケーブルがあったので160mの4:1の
インピーダンス変換の巻線として使用できないだろうかと思い
試してみました。

とりあえずFT240#43の2スタックにに巻けるだけ巻いてみる。

12Tのバイファイラ。
柔らかくて実に巻きやすい。
シリーズにして測ると1000μH近くある。。。(笑)

51Ω4パラ(12.75Ω)の酸金抵抗を負荷にしてみる。

160mではちゃんとインピーダンス変換している。

80mでは誘導性リアクタンスが見えてきて
VSWRは1.3くらいまで上がる。

160mしか使わないが、一応撒き数を減らしてなんとか
80mまではVSWRが下がるようにしプラボックスに押し込んでみた。

OFCケーブルを使用してもインピーダンス変換に
問題はないようです。
しかし12.5Ωの1KWダミーがないので耐電力は分かりません。
ただインピーが低いところで入出力共にアンバランスなので
高圧は発生せず発熱も少ないはずです。
2SQなので1KW位は余裕と思っていますが甘いかな。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment