HOME >  無線系 >  リニアアンプ >  分流・倍率器

分流・倍率器

Oba-Q方式メータ回路
 
 
 
IPメータ


通常内部抵抗75Ω・500μA計をフルスケール1Aとするときは、
図右のように抵抗をパラって分流回路としますが、
0.0375Ωってのは特注か自作でもしない限りありませんよね。
製作の初期当時はIpに耐えられる程度のエナメル線かホルマル線を、
数Ωの抵抗をボビン代わりにガラ巻きし、1Aでフルスケールになるように
カット&トライしましたが、最近は図左のようにその辺に転がっている
抵抗で間に合うような方式を採用。

誤差が多少大きいのですが、Ipメータに必要な精度からしてまったく
気になるようなものではありませんし、ようは内部抵抗+シリーズの
抵抗を1KΩに近づければよいのです。

図左で実際のIpが700mAだとすると、0.35V弱Epがドロップしますが、
Epの数千Vに対しまったく問題ありません。

この方式はグリッドベタコンアースのGGアンプにおいて、Igメータ
としても使用できます。フルスケール500mAにするなら、0.5Ωを
1Ωに変更するだけです。

内部抵抗と分流器の合成抵抗値における電圧ドロップは
バイアスとなるので、使用メータの都合で内部抵抗が大きいものは
合成抵抗も大きくなり、数ボルトのバイアスの影響が無視できないような
回路を採用している場合は要注意です。

 
 
 

HVメータ回路の注意
 
 

図はよく見かけるHVメータ回路です。

HVが5KV時にメータに500μA流れるように、合成抵抗値を
10MΩとしてあるのですが、図右がなぜNGかというと、メータ内部で
焼き切れた(主にコイル)場合などは、アースから浮くので、
メータのプラス端子とマグランド間にたとえば電源電圧3KVなどの、
電位差がモロに発生してしまうことになり、とても危険です。
抵抗1本ケチらなきゃ、安全を得ることができるということです。
Esgなどで300~1000V程度であっても同様ですので、図右はやめましょう。

図左では10kΩがパラに入っているために、メータが焼き切れた場合、
電源電圧が5KVであっても分圧され、プラス端子には5V弱しかかかりません。
パラレルにするときの抵抗値は、メータの内部抵抗よりは十分高く
シャント電流を無視でき、10MΩよりは十分低く分圧された電圧が安全にな
領域に入らなくてはいけません。
10KΩ辺りが最適ではと、拙生は勝手に思っているのですが。

拙生のようになんでもかんでも1mAとか500μAのメーターの流用で
済ませようとする場合は、十分注意してください。
ちなみに手持ちがたくさんあることと、分流器や倍率器入りの
メータは高価である!それが理由です。

* メータ内部に分流器が組み込んである場合は、対策が
  必要ない場合もあります。
 
 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)