HOME >  コンピュータ系 >  コンピュータ系 >  Windows >  エラー対処

エラー対処

IccLibDll.dll / igfxpers.exe
Posted on 2013年3月31日 by Qsaku

「 C:\Windows\System32\IccLibDll.dll はWindows上では実行できないか、
  エラーを含んでいます。
  元のインストール メディアを使用して再インストールするか、
  システム管理者もしくはソフトウェアの製造元に問い合わせてください。」

PC起動時にこんなエラーが出たら、Videoドライバーを
入れなおししましょう。

普段はUbuntuで使用しているマシーンにマルチブートで
インストールしてあるWindows7を久しぶりにアップデート
してやるために立ち上げると、上記のエラーダイアログがでました。
ダイアログにはigfxpers.exeとあります。
デバイスマネージャーのビデオにはエクスクラメーション・マーク が。。

igfxpers.exeはNVIDIAのドライバーで稼働するプロセスの一つです。
当該マシンのビデオはIntelですからなぜこんなエラーが出るのかは
理解できません。
Windowsのアップデートで勝手にドライバーを入れ替えたのかと
履歴を調べましたが、そんな痕跡はないですねぇ。

とにかくデバイスマネージャから一度ビデオドライバーを削除して、
Intelのサイトから落としたドライバーに入れ替えることで、
エラー騒ぎは収まりますのでお試しあれ。

追伸
エラーが出てもOKボタンで先に進めば使用に問題はありません。

Comments are closed.