HOME >  コンピュータ系 >  コンピュータ系 >  UBUNTU >  SFTPクライアント

SFTPクライアント

LinuxにおけるFTPクライアントはgFTPが一般的ですが
拙性は【FileZilla】を使ってます。

FileZillaはSFTPに簡単に対応します。

条件はサーバーのユーザー領域とSSHで通信が出きることで
サーバー側に公開鍵、クライアント側に公開鍵認証を行う際の
秘密鍵が必要です。

■ ホスト・ユーザー・パスワードを入力

■ 編集→設定→SFTP 鍵ファイルの追加でファイルを指定

通常秘密鍵は【.ssh】に置いておきますのでそれを指定します。
表示されない場合は右クリックで【隠しファイルを表示する】を
指定してください。

FileZilla は指定したファイルの形式に対応していません。
FileZilla に対応した形式に変換しますか?
というダイヤログが出るので【はい】で変換し保存します。

■ ファイル→サイトマネージャー 新しいサイト

右ペイン一般タブのProtocolでSFTPを選択します。
詳細タブで接続時に開くローカル・サーバーのディレクトリを
指定しておきます。
同期ブラウズを有効にしておきます。(ディレクトリ同時移動。)

これで基本的な設定はおしまい。

ベンチマークなどはしておりませぬが、WindowsのFFFTPなどよりは
ずっと高速な感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)