HOME >  コンピュータ系 >  Linuxコマンド >  tcpdump

tcpdump

パケットキャプチャのコマンドです。
オプションは豊富すぎるので、拙性が比較的多く
使用するものをご紹介します。

# tcpdump -i eth1 -c 10

-i
キャプチャするネットワークインターフェイスを指定
 ディフォルトはeth0なので、拙生の環境のように
 インターフェイスが複数の場合、eth0以外をキャプチャ
 するときはeth1などと指定する必要があります。

-c 数字
# tcpdump -i eth1とすると永遠にキャプチャします。
 -cオプションで受信するパケット数を数字分だけ指定します。  
 
# tcpdump -t -i eth1 -c 20

-t
 標準出力(ダンプ表示)に時間を表示しません。
 時間があると表示が煩雑となり、拙生は時間が必要な時以外は
 -tオプションで葬ることにしています。

作成過程のため増殖(追記)予定あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)