HOME >  コンピュータ系 >  コンピュータ系 >  UBUNTU >  ハングアップ

ハングアップ

CPUやメモリのリソースを大量に消費するような
アプリケーションを稼働させ、そのコンピュータの
スペックの限度を超えた場合、ハングアップすることがあります。
これはWindowsだけではなくUbuntuでも起こりうることです。

Windowsでアプリケーションがハングアップした場合、タスク
マネージャを起動させて問題のプロセスを停止させます。
しかし症状が重症の場合はそれすらできなくなり、システムを
再起動させることがしばしば起こります。
複数のアプリを起動させていた場合、問題ないアプリも道連れに
してしまい、しかも再起動するまでに時間を費やすことになります。

Ubuntuではシステムツールからシステムモニタを起動させると同様に
プロセスを停止させることができますが、Windowsほどではなくとも、
やはりここからのプロセス停止ができないことがあります。
ではシステムの再起動?
Ubuntuではその前にやるべき効果的な手段があります。

手段の説明の前にちょっと・・・

多くのアプリケーションはGUI(グラフィックスユーザーインターフェイス)
により稼働しますが、GUIでの稼働は多くのリソースを食いつぶします。
よくサーバーはそんなにハイスペックでなくても良いという話を聞いた
ことがあると思いますが、それはCUI(キャラクターインターフェイス)の
コマンドベースで稼働させるためリソースを多用しないからであって、
GUIで稼働させれば、デスクトップマシーンと同様にリーソースを消費
することになります。
ハングアップするのはリソースを多用するGUI環境においてであり、
拙生はCUI使用時にハングアップした経験はありません。

Windowsの場合はOSとGUIは密接な関係があり、GUI環境のみ終了
させることはできませんが、Ubuntu(というよりUnix系)ではGUI環境は
OS(カーネル)と完全に分離されており、システム全体を道連れにせずに
GUI環境のみを終了させることが可能です。

■ UbuntuでGUI環境再起動

・準備

システムツール→システム設定→キーボードレイアウト
→レイアウト→オプション→Xサーバーを終了するための
キーシーケンス
Ctrl+Alt+BSにチェックを入れる

(ディフォルトではCtrl+Alt+BSで再起動はできない)

・操作

Ctrl+Alt+BS でウィンドウシステムが終了し稼動していた
アプリケーションが強制終了しログイン画面になるので
ログインしなおす

稼動していた問題ないアプリケーションも道連れにするが、
システムの再起動よりは大幅な時間短縮となる

どぉしても道連れにさせたくないときは以下を試みます。

■ 問題のあるアプリケーションのみ終了

Ctrl+Alt+F1 でコンソール(仮想)画面になる
ユーザー名+パスワードでログイン
topコマンドなどでCPUやメモリのリソースを食いつぶしている
プロセスのID(先頭にあるPID)を見つける
Ctrl+C でtopを終了
次のコマンドでプロセスを強制終了させる
kill -9 プロセスID
Ctrl+Alt+F7 でGUI環境が復帰する
(startxコマンドでは復帰しない)

キー操作も受け付けないような重症の場合は諦めて
システムごと終了させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)