Oba-Q's Free Space >  お仕事 > MFC-9340CDW廃トナーボックス

MFC-9340CDW廃トナーボックス

写真を奇麗にプリントアウト。。。なんていう
目的には使えませんが、請求書などの印刷や
会議資料などには問題なく使えるMFC-9340CDWという
A4までの安物のレーザープリンタがあります。

このプリンタは廃トナーボックスがトナーボックスと
一体化しておらず、廃トナーボックスはトナーとは別途に
存在するのですが、もうじき満タンというメッセが
表示がされたので、交換のためネットで購入しようとしましたが、
考えたら5万枚程度で満タンになるはず。
前回交換してから5万枚どころか1万枚もプリントしていません。
きっとセンサーでもイカレタか?

廃トナーのセンサーは窓がついていて検出するか重さで
検出するかの2つだと思いますが、どこを見ても窓がないので
どうやら重さで見ている?
しからばねじを外してばらし、中の廃トナーを捨てて軽くして
みましたが相変わらず表示されます。

で、困ったときのググり詣でで見つけたのがこれ。
   ⇒  廃トナーボックス不具合
センサー部の接続部分と思われる本体についている
3本のバネを引っ張って、接触のテンションを上げ、
さらに清掃してみたら見事表示は出なくなりました。
もうちょっとで騙されて購入するところでした。^^;;

小樽は坂の町

さて、本日は枝番まで分かっている住所に書類をもって
説明に伺ったのですが、カーナビの道順ではカーブで
切り返ししなきゃいけないような細い道を提示され
最後は登れない急な坂でした。。。
仕方なしに結構遠い広めの道まで戻り車を止めて
歩きで急な坂を挑戦。
枝番は並びに関係なくふられており、どぉやら新しい
家が老番なので、家が建つたびに枝番の末尾の数字を
増やしていったという感じですねぇ。^^;;
スイッチバックみたいにジグザグになっている道を
1軒1軒枝番を確認しながら登りましたが、登っても
登っても見つからず、ついに一番上まで登って
しまいました。。。
なんと!一番上に並んでいる家の陰に見えたのは
車がビュンビュン走っている大きな道路。
それを見てちょっと情けない気分になりました。

それでも目的の家は見つからないので諦めて帰ろうと
今度は下りの道を引き返しましたが、その途中樹木で
隠れていて登るときには見えなかった家を発見。
その家が目的のお宅で無事たどり着けたのですが、
用事が終わって車までの間に急に土砂降りになり
走ったので、車にたどり着いた時には息が上がって
すっかり仕事する意欲も失せ帰ってきました。
ま、それが一区切りの最後の用事だったので
ヨシとしましょ。

明日は雨がひどいみたいなので紙ベースの書類を持って
外は歩けなさそうですね。
レポートを仕上げたり準備の資料作成に当てますか。

This entry was posted in お仕事, パソコン. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください