Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > トランス達

トランス達

写真はまだ貼る前ですが、届いたままだった
トランスを開梱したついでに必要なものをすぐに
取り出せるよう、以前に開梱したままで放置していた
トランス達も含めて、養生デープに電圧等を書いて
貼り付けておきました。
こぉしておかないと、使われぬままただただ積み重なって、
埃まみれになって、錆びて朽ちてゆくってのがオチ
だからです。(笑


左   P 0-190-200-210V
    S 0-2.6-5.2V35A 0-80V0.1A

真ん中 P 0-100-110V
    S 12V-0-12V(6V〜2V刻みのタップあり)10A

右   P 0-100-105-110V
    S 5V20ACT付き       


左  P 8-0-85-90-95-100-105V
   S 425V-N-425V (容量表記なし)
   巻線の太さと負荷になる抵抗をぶら下げた
   電圧降下の具合から100mA以上のようです。
    5V も容量表記はないが2〜3Aくらいか。

2番目 P 100Vふた巻(200Vで使える。)
    S 260V-0-260V 250mA
     250V-0-250V 150mA
     6.3V12.5A が2巻 他2巻(要調査)
     トータル395VAと使いごたえのあるトランスです。
     
3番目 P 100/115/215/230Vという珍しいプライマリ
    S 表記は全くなし
    PもSも不明なためテスタを当てたり
    実際に電圧を掛けてみて判明しました。
    Pの表記 実際には115V1巻き、100Vのタップの
        出ている115Vが1巻きなので、端子を
        選んでシリーズにすると表記の入力
        電圧になるということでした。
        100Vのタップのみ使用して別巻きの115Vを
        セカンダリに使うこともできそうです。
   S 17V-0-17V1巻 7.5V-0-7.5Vが2巻 いずれも容量不明
   オーディオアンプからの外し品と思われます。
   こいつに時間がかかったため他の容量不明トランスの
   簡易負荷テストは出来ませんでした。

右  P 10-0-70-80-90-100-110V
   S 220V-0-220V(容量表記なし) 6.3V3A 5V2A
    ヒータの容量と220Vという電圧から推察して
    100mAくらいと思われますが、MT管高1中2の
    8〜9球くらいにちょうどよいかも。
    次回簡易的な負荷テストしてみます。

ところで・・4V31Aのフィラメントトランスですが、
夕食後に覗いたら即決価格で落札されていました。^^;;
即決価格なんてあったっけ?と嘆いても後の祭りです。
本当に欲しいものは即決価格があればよほどべらぼうな
価格でない限り即決しちゃうので、これはそんなに
欲しくはなかった・・・ということで諦めます。(笑

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

Comments are closed.