Oba-Q's Free Space >  サーバーネットワーク > CentOS > swap拡張の結果

swap拡張の結果

仕事帰りに車を運転中に外気温を見ると
なんと12℃じゃありませんか。
7月に入ったというのに大雨が続き、
災害が発生していましたが、更にこんなに寒いと
農作物への影響も深刻です。

ところで昨日のポストの続きですが、swap領域を
拡張したらBUGがでなくなったとのことです。。。
容量的には問題ないはずだけど、容量が実メモリの
2倍程度あるとしてマッピングしようとするために
ないぞ〜って騒いでいる??
拙生のない頭ではその程度の考えしか浮かんできませぬ。。。

拙宅サーバーにおいてはCentOS6時代は実メモリと
同程度にしていましたが、それによる問題は全くなかったと
思います。
CentOS7独自の問題でしょうか。
CentOS7にアプグレードするときになんとなく実メモリの
2倍程度にしておいたため問題が発覚しなかっただけ?

じゃあ実メモリが64GBとかなら128GBのswapが必要??
どぉも腑に落ちませんが、BUGレポートを吐かなくなった
のですから結果オーライでしょう。メデタシ!
あ、BUGが発生するか検証するのにswap領域を縮小する
勇気は持ち合わせておりませんのであしからず。。。

This entry was posted in CentOS. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください