Oba-Q's Free Space >  パソコン > convmvコマンド

convmvコマンド

昨日ポストのconvmvについて電話があったので
コピペできるように追記しておきます。

convmvがインストールされていなければ

ubuntu

$ sudo apt update
$ sudo apt install convmv

CentOS

# yum install convmv

Shift_JISをUTF-8に

convmv -rf sjis -t utf8 文字化けのフルダ・ファイル --notest

カレントディレクトリ下の全てを変換する場合

convmv -rf sjis -t utf8 * --notest

このようにワイルドカードも使えます。

ファイル名の文字コードを変換するコマンドですから
text等の中身は変換できませんよぉ。
またWindowsに渡すとき必要ならUTF-8をShift_JISに。
文字コードを逆にするだけです。

convmv -rf utf8 -t sjis ・・・

これでよかべか?

あ、convmvコマンドを実行させるときはファイル等の
所有権が一般ユーザーにあるなら問題ありませんが
バックアップファイルなどで所有権が罰のユーザーや
rootにあるならubuntuは頭にsudoを付したりCentOSなら
#で作業するなど気を使ってください。

周遊者を変更して問題ない場合は、以下のように作業者(username)に
所有権を変更してしまえば閲覧も楽チンです。

$ sudo chown -R username:username カレントディレクトリ

 -R でカレントディレクトリとカレントディレクトリ下の
 全てのディレクトリやファイルの所有者が変更できます。

This entry was posted in パソコン. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください