Oba-Q's Free Space >  日常 > コンテンジェンシープラン

コンテンジェンシープラン

昨日の投稿の際直接ではなくテキストエディタに
書いたものをコピペしたのですが、一部を
コピーし忘れたままペーストしてしまいました。
ま、天気のことや昼食にナニ喰ったとか、
どぉでも良いことなのでそのままにしておきます。(笑

本日は台風の影響で予想通りの雨。
今も降っていますので気温はそう高くないものの
湿気でムっとしています。
義理父様の月命日でもあり、これも旭川の墓参り同様
1ヶ月くらい前からこの日をキープしてお寺に
お参りに行ってきました。

お参りにあと昼食は多数決で焼肉屋に。(泣
肉は3切れもあれば十分な拙生には、ある意味
拷問に近いものがあります。。。
ま、義理母様のご所望で喜んでくれたので
良しとします。
支払いは・・・拙生でした。。^^;;

帰宅後連れ合いが買い物に行こうと言い出しました。
服装など全く気にしない拙生が、ヨロヨロの
作業服を平気で着てしまうことを見兼ねたのか
ワークショップに行くというのです。
仕方無しにへそくりからいくらか財布に押し込んで
出かけましたが、なんと作業服上下3着とズボン1本、
それに靴2足の支払いを全部してくれました。(@_@?
ボーナスのおすそ分け?と思ったのですが、考えれば
彼女は今年棒制なのでそうではないですよねぇ。。
思うにアッシー君で迎えに行った時に他の
社員の方にヨロヨロの作業服と靴を見られる
可能性があり恥ずかしかったのでは思われます。w
明日から新しい作業服でアッシー君に勤しみます。www

またしても隣国のニュース

一つのことにしつこい性格なのでご勘弁を。

ちょっと古いニュースですが。。

ー以下引用(一部要約あり)ー

韓国の金融当局は日本による経済報復措置が
金融分野にまで拡大する可能性を念頭に置き、
これら資金の満期日などを点検し、万一の
事態に備えコンテンジェンシープラン
(緊急時の対応計画)を準備している。

日系銀行から調達した資金は最大で52兆9000億ウォン
このうち韓国の銀行と、クレジットカード会社などの
「与信専門金融業」は、日本の銀行またはその
韓国支店からの融資と外国債券が6月末時点で
20兆2000億ウォン
低金利の日本の資金を調達して、融資など韓国での
営業の財源に
低金利の日本の資金を調達して、融資など韓国での
営業の財源に
経済報復措置が金融分野にまで拡大する可能性を
念頭に置き、これら資金の満期日などを点検し、
万一の事態に備えコンテンジェンシープラン(
緊急時の対応計画)を準備している。

ーーーーーーーーーーー

これに関連して日本の3大メガバンクであるMZ銀行を
含むフィナンシャルグループの会長が、まさにホワイト国
剥がし閣議決定の寸前である先月末にわざわざ隣国まで
出向いて、SKの会長やサムスン副会長と面談し、
隣国企業に対する禁輸支援を継続すると伝えたそうです。
現在でも11兆ウォンあまりを融資しており、この規模を
もっと増やす検討をしているとも。
元々10兆ウォンだったものが3月〜5月の2ヶ月間で
10%以上増えたということです。
今後回収不可能になる可能性が大きな企業への莫大な
金額の増資。。。
一体この銀行は何を考えているのでしょうか。。。

ちょっと考察

これはMZ銀行が隣国へ進出した際の経緯を考えると
柳の下の2匹めのドジョウを狙っているのかと。

2007年に台風回避のために隣国海域に停泊していた
香港船籍でインド人乗組員のタンカーにサ●スン重工業の
クレーン船が衝突し、重油が流出た事故(事件)は
覚えているかと思います。
拙生が衝撃だったのはクレーン船が規定航路を逸脱し
通過禁止航路をに入ったため、海洋警察庁が静止。
それを無視して航行中曳航船のワイヤーが切れ強風に
煽られて衝突したにもかかわらず、隣国の司法は
インド船(台湾船籍だったかな?)に対し賠償を
命令したというもので、自国船団に対しは全く
お咎め無しと言っても過言でないような軽微な
罰でありました。
この国は本当にやばいと改めて認識した事例であります。

拙生レベルでこれはやばいと思うのですから
外国損保会社がこれを機に隣国海域における隣国船の
保証をいっさい止めたわけですが、そこに刺さり
こんだのが半分程度が海外資本である日本の
大手銀行MZであります。
これでMZは隣国大企業と切っても切れない仲となり
現在は多くの企業のメインバンクとなっています。

今回も引き上げた・または引き上げる外国資本の
ニッチ市場を狙っているのではと思えるのですが。
でもこの状況を見ると隣国は経済破綻をきたす勢いで
危険水域とされる1ドル1200ウォンのラインを
踏み越えたウォン安が止まらず、株式市場でも
KOSPIやコスダックの時価総額は目減りする一方です。

何を根拠に回収可能とするのか、金諭に疎い拙生には
きっと計り知れないような裏技でも存在するのでしょう。
とは言え、拙生と同じ危惧する方も大勢いるようで、
預金している個人の口座解約が増えているようです。

国の舵取りに逆らうような融資で、万が一隣国が破綻、
MZが傾いて国が血税でテコ入れしなきゃいけない
なんてことになったら、笑い話にもなりませんよね。

ま、反社会勢力への融資、3行統合のときのドタバタ劇や
地方銀行を使った北T鮮不正送金など、数々の話題を
提供してきたMZですから今更驚きもしませんが。ww

This entry was posted in 日常, 時事. Bookmark the permalink.

Comments are closed.