Oba-Q's Free Space >  日常 > 反応してしまう単語

反応してしまう単語

削除してしまったかもしれない画像を確認するために
削除ファイルの復元中・・・
たっぷり時間かかるのでその間にポストします。

過日の異業種ミーティングにおけるお話です。
不活性ガスを扱っている業種のかた同士の会話の中に
気になる単語が。
それは【バックプレッシャー(レギュレータ)】です。
他の単語はチンプンカンプンの呪文でありましたが
拙生の耳がその単語にだけは耳聡く反応しました。
会話の中の物は全く別物なのでしょうが、拙生にとって
【バックプレッシャー】と言えば、イーサーネットの
フロー制御でしかありえません。

— バックプレッシャー —
大量のパケットを受信した際、処理が間に合わないと
パケットがバッファから溢れだしてしまうことを
バッファオーバーフローと言います。
(意図的に大量のパケットをサーバーに送り込み、
  サーバーがバンザイしたのを狙って乗っ取る手口が
  有名なバッファオーバーフローアッタクです。)
バッファが溢れ出しそうになったとき、送信元へ
パケットを送り故意に衝突させて送信を一時的に
中止させるというかなりやんちゃな方法でオーバー
フローを食い止めるのがバックプレッシャーです。
—————————–

無線で言えば、ノイズ混じりの弱い信号やひどい混信の
中でも、返ってきたなれ親しんだ自分のコールサインだけは
不思議と聞き取れる現象とよく似ていて思わず
笑ってしまいました。

異業種の友人と何人かで歩くと、土木屋は地面ばかり、
建築屋は家ばかり見ていますよね。
かく言う拙生も、無線のアンテナや光等の架線など
上ばかり見上げて歩いてます。(笑笑

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.

Comments are closed.