宅内デッドポイント

拙宅のWiFiの話しです。

拙宅内にWiFiが届きにくい場所があります。
当初無線ルーターは光を引き込んである2Fの拙生の部屋に
置いたのですが、1F義理母様がタブレットをいじる
テーブルの丁度そのあたりがデッドポイントなのです。
デッドゾーンではなく本当にポイントなので、ちょっと
ずれてくれればと思うのですが、落ち着いて座る場所は
決定済みで、そう簡単には変えられないわけです。(笑

2Fから1Fヘの配線はTVと電話はしてありますが、
LANは無線で大丈夫だろうとケーブルを引いていません。
壁は2×4ですから後からの配線は大変です。
で、途中に中継機を置いてみたりしましたが、結局
そのポイントだけは何故か駄目なのです。。。

いろいろお試して一番良かったのは拙生の部屋ではなく、
階段がまっすぐ見通せる連れ合いの部屋の本棚最上段に
ルーターを置いた時で、場所を提供してもらっていました。
それでも時々途切れるというクレームがありました。^^;;
で、先日購入の4本のツノ付き無線ルーターの登場です。
3階分を楽勝カバーするという能書きですが果たして?

交換してみると、やはりそのポイントは弱くはなるのですが
かなりマシなようでこれで我慢してもらうことにしました。

お試し中

dav

見通し

dav


電波は強くなりましたが、スループットが若干下がって
いることは内緒にしておきましょ。w

元々使っていたルーターは拙生の部屋の窓下作業場用と
なっていたやつと交換しました。
こちらのほうが速いので。。。

dav


緑の理由
剥がれかかったシールを剥がしたらベトベトが取れません。
シール剥がしやアルコール・洗剤でも駄目だったので
面倒になり、逆にテープを張って隠してしまいました。
緑なのは一番近くにあったからです。ww

HOME

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts of environments that does not work JavaScript
and do not include Japanese are ignored.(Anti-Spam)
You can copy and paste 【日本語】if necessary.
日本語文字列が含まれない投稿は無視されます。
JavaScriptが動作しない環境からの投稿は無視します。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください