Oba-Q's Free Space >  日常 > IQOS

IQOS

チェーンスモーカーの拙生と連れ合いは
銘柄こそ違うものの1日2箱ずつ、計4箱
吸っていました。

その連れ合いが何を思ったのかいきなり
紙巻きタバコをプルーム・テックに替えました。
数日吸った後これでイケると確信したらしく
彼女の部屋からは灰皿が消えました。w

拙生もこれに変えれば灰皿が要らなくなると思い
ちょっと吸わせてもらいましたが、日頃吸っているのが
ロングピースでキツイ煙草です。
味がしません。。。こりゃダメだぁ。。。と
言うと連れ合いがオモムロに出してきたのが
IQOS(アイコス)でした。
どぉやら出始めの頃に試しに買ったらしく、
これにしようかと試したら、匂いがダメだったそう。
これ試してみない?というので有難く頂戴しました。


      ケースは買い換えようかと。。。

プルーム・テックは40℃という低温で加熱するため
ほとんどタール成分がでず、ほぼ無臭ですが、
低温であるがために紙巻き煙草とは程遠い味です。
その点IQOSは300℃の加熱なので、味はそこそこですが
タールなどの有害物質の低減率は90%であり、無臭
ではないのです。
それでも紙巻き煙草の10分の1ですから、同じだけ
クロスが黄色くなるのに10倍の時間がかかる計算です。

本日いろいろな種類のヒートスティックを試して
みましたが、メンソール系は味が全くダメでレギュラーが
一番良かったのですが、それより味がちょっとだけ薄いものの
匂いが一番気にならないスムースレギュラーってやつが
お気に入りになりました。

いまのところ物足りない分はICOSを2〜3本吸っては
ロングピースを1本吸うって感じですが、なんとか
慣れてくれそうで、買い置きのロングピースが無くなる
ころにはIQOSのみでイケそうです。
ただ車の運転中とかは紙巻き煙草より吸うのが面倒。
逆転の発想をすればその分吸う量が減るかも。。ですね。

IQOSがプルーム・テックより劣るところは、拙生的には
なんと言っても一度加熱したら吸い切らないとダメ
というところでしょうか。@結構早い
プルーム・テックは吸ったときにだけ電源が入る仕組みで
一度吸うのをやめても、時間が経った後で再開できます。

プルーム・テックはJTで出していて銘柄はメビウスです。
IQOSはMarllboroですがMarllboroの味がするプルーム
・テックならそれにするのですが無理ですよね。(笑

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください