Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > IC-740修理

IC-740修理

U/VでCWをやっている知人にHFは面白いと言い続けたら
とりあえず聞いてみたいので、送信部が壊れていても
良いからとにかく安い無線機はないか?と頼まれたので
無線機屋さんの中古棚を物色するとIC-740がありました。

迷惑かえりみず早速測定ベンチを占領していろいろ測ってみると
受信感度は問題なし(ゲインありすぎ・・・)、送信はバンドにより
違いはあっても40W〜60W程度出ています。
ただし時々出なくなっちゃうバンドもありますが。^^;;
なんとかなるか。。。ってレベルですね。

勿論とてつもなく古い無線機なのでツマミ式やスライド式のボリュームや
スイッチ類はほぼすべてガリっていて、そこからメンテが始まります。
バンド切り替えSWは特に念入りにですね。
これらのガリや接触不良には接点復活剤ではなくPTEF系の潤滑剤が
効果抜群で最近はいつもこれです。

で、再度測定したら今度はトップバンドのみ96Wで、後のバンドは105〜
110W出るようになりましたが、30mと20mは相変わらず出たり出なかったり。
受信ができればOKという条件なのでこのままでも良いかなんて思ったり
したのですが、無線機屋の店主がせっかく他のバンドはパワーが出るから
パワーユニットの不具合でないなら、出ない2バンドも直したら?
おっと、手抜きは許されない模様。。。^^;;

その時は回路図がなかったのですが、ファイナルユニット前でレベルが
まったくゼロなので、BPFあたりのダイオードSWによる切り替えが
上手くいっていないと踏んでそのあたりを探ることに。
バンドSWからバンド情報として電圧は出ていますが、この先に各基板へ
バンド情報を分配するためのマトリクスユニットがあり、そこまではOK。
そこから先は多分BPFの不具合だろうということで探ると、案の定
30mと20mのSWに位置ではバンド情報の電圧が行っていませぬ。
ここまで分かればあとはお持ち帰りです。
で、最後の頃に回路図あるよ。。。って、今更だって言うの!w


             後から出てきた回路図。(修理した近辺)

お持ち帰り後はコネクタの接触を見たり怪しげな抵抗やダイオードを
交換したり。。。
更にこの手の古い機械は基板がガラスエポキシではなくベークであり、
半田クラックで接触不良が多かったりするので、半田付けの強化も
忘れてはなりません。
あれこれやった結果各バンド安定してパワーが出るようになりました。

不思議なのは送信だけが出来なかっただけで受信は出来たこと。
バンド情報は送受切り替えに関係していないはずなんですけどね。
ま、結果オーライと言うことで。。。

ところでU/VのCWをメインにしているお方なのでHFもCW?
しかしCWフィルターは入っていないし送信したくなってもオプションの
エレキーも入っていない旨を伝えると、エレキーはマニュピーレータと
一体型のを持っているので大丈夫とのこと。
で、CWフィルターがない件はどぉやら拙宅に転がっているAPFあたりを
狙っていることが発覚したので、拙宅には出入り禁止!と
強く申し伝えておきました。。。。が効果なしでしょうね。ww

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

Windows10がヘン!?

必要があって久方ぶりにWindows10を起動したら
なにやら様子がおかしいです。
必要アプリはチャンと動くので問題がないと
言えば問題ないのですが、下の画像のように
あちこちで少しずつあるべきものがなくなってます。

メーニュー上部にあったよく使うアプリみたいなやつが
なくなっています。
たしか左側には設定とかがあったはず。
とりあえずCortanaに設定と入力して起動させ
タスクバーにピン止めしておきましたが、
これだけじゃないので何がなくなっているのかも
わかりませぬ。^^;;
ログを見てもそのような事態になるような重大な
エラーは発生していないし。。。

バックアップから復元するのも手ですが、たいして
使い込んでいるわけではないので深いところまで
カスタマイズしていないので、クリーンインストール
した方が無難でしょうか。
それともマルチブートをやめてアンインストールして
ubuntu専用機としましょうか。
Windowsが使えるマシーンは2台もあれば十分です。

  このマシーンのWindows10のファイル保存は
  ubuntuのEXT4の領域にしてあるので、そのまま
  ubuntuに引き継げます。
  今回Windowsを起動したのは一太郎で作成した
  ドキュメントを開くためです。

Posted in パソコン | Leave a comment

ドットとカンマ

ご無沙汰でした。
サーバー事故でずっと徹夜作業をしていました。

現象
プシュっと音がして焦げ臭い匂いが。
原因
電源の不具合によりミラーリングしている片方の
HDDが発熱及び発煙で物理的にお釈迦。

他方のHDDが活きていれば逝かれたHDDがを交換し
RAIDアレーとして参加させれば勝手に同期してくれ
それでオシマイなはずなのですが、こっちは論理的に
NGでファイルシステムがぶっ飛んでしまいました。
様々なデータ救済を試みるもお手上げ状態で、
基本的な設定が終わっている予備機に、バックアップ
してあるデーターを移行するしかありませんでした。
ところがデータベースのバックアップファイルが
おかしなことになっています。
きっとバックアップしている最中にコケておかしく
しちゃった模様。
SQL文が見えているところもあるので手作業で修正中で、
SQLサーバーを使用しているCMSなどは未だ復旧せずです。
データベースを使っていないホームページは復活しています。

実はメールに時間がかかりました。
基本的な設定が終わっている。。。と前述しましたが
SPF・DKIM・DMARCの設定がまだでした。
SPFとDMARCはネームサーバーのゾーンファイルに書き込む
だけですが、数十個のドメインに対して反映させるのですから
そこそこたいへんです。
極めつけはDKIMです。
それぞれのドメインに対し秘密鍵を生成してやり、同時にできる
テキストファイルに書かれた公開鍵をゾーンファイルにコピペして
晒してやらなければなりません。
それも生成されるテキストは必要とする構文とちょっと違うため、
ただコピペではだめで修正が必要です。
KeyTableやSigningTableにもドメイン数分の登録が必要です。
メールサーバーの再構築は1時間程度・・・なんてのは
夢のまた夢になってしまいました。。。

 大手フリーメールサービスでスパムが横行したために登場した
 SPF・DKIM・DMARCで独自ドメインからはこれらの設定を施して
 やらないとメールが届かないという問題に悩まされます。

さらに寝不足で焦った手作業にはミスもつきまといます。
どぉしても1ドメインだけメールがつながらない。。。
なぜ?どおぉして???
それはKeyTableに登録したドメイン名でした。
1ドメインの登録の際ドメイン名を何度か記載するのですが
そのドメイン名のひとつが間違っていました。
hogehoge.comがhogehoge,comになっていたのです。
イージーなチョンボではありますが、極端な寝不足とたぶん
連続最長時間でディスプレーとニラメッコしていた目では
判別が付きませんでした。
多分【.】と【,】の間違いだろうと目を凝らして見直した
のにもかかわらずです。。。
結局hogehoge.comで検索をかけて引っかからなかったので
なんとか判明した次第です。

OwnCloudとwebDAVやWebmail、Samba等の設定が終了したので
SQL以外は一応目処がついたのですが、SQLの復旧は
もう少し掛かりそうです。。

久方ぶりに拙作ブログにエントリしましたが、今まで
大丈夫と思っていた何重かの冗長性が今回は全く機能
しなかったので更なる冗長性を考えるため、しばらくは
たまにしかエントリできないかもしれません。
同じような構成のこのサーバーも再構築が必要でしょう。
CentOS7のサーポート終了が2024年06月30日ですから
1回のHDDの交換でそこまで保つハードを新たに構築
しなくてはなりません。

Posted in CentOS, サーバーネットワーク | Leave a comment

基本コマンドも使い方次第

いつも電話しか掛けてこない友人からメールが・・・
何事かと開けてみるとこれってなに?

\343\202\253\343\203\241\343\203\251\343\202\242\343\203\203\343\203\227\343\203\255\343\203\274\343\203\211

という内容で、どぉやら電話では説明し辛いので
メールにしたようです。
きっとターミナルエミュレータ上からのコマンド操作中に
ディレクトリ名が上記のように3桁の数字が羅列され
読めなかったのでしょう。

8進表記の数字の羅列は【カメラアップロード】ですね。
nkfという文字コード変換ツールを使えば簡単に判明します。

printf ‘\343\202\253\343\203\241\343\203\251\343\202\242\343\203\203\343\203\227\343\203\255\343\203\274\343\203\211’ | nkf -w

電話で尋ねるとfindコマンドでDoropBOX内の
拡張子.jpgを全部見つけ、詳細表示させた際に
バケバケになったとのことであります。

感心したのはコマンド初心者なのにいろいろ勉強
していると見えて、findコマンドの使い方でかなり
上達していることが分かったことです。

find ~/ -name “*.jpg”

上記はホームディレクトリ内のすべての.jpgファイルを
見つけ出すためのfindコマンドの最も基本的な
使い方ですが

find ~/ -name “*.jpg” -ls

lsというアクションを指定することで詳細を表示させます。
findコマンドを頻繁に使い検索を行っている方でも
-lsを使っているのはあまり見かけません。

ついでにどこまでお勉強したのか興味があったので
100KB以上のjpgファイルだけを検索できる?
と尋ねたら「そんなのできねぇ・・・」と不機嫌そうな声が
返ってきました。(笑

find ~/ -name “*.jpg” -and -size +100k -fprint oba-q

ポイントは

-and でand検索
-size +100k で100KB以上のファイル

ついでに結果を標準出力ではなく

-fprint oba-q

でoba-qというファイルを作成してそこに書き込むように
してみました。

このようにごくごく基本的なコマンドでもオプションや
アクションを幾つ知っているかが勝負で、知っているぶんだけ
便利な使い方が可能というわけです。

その後wgetで同様な話になりましたがこちらの方は
後日談ということで。。。

土日の仕事が決定です。
平日が一つの仕事で潰れているのでしばらくは
仕方がありませぬ。。。(泣

Posted in パソコン | 4 Comments

2台並べてみた

先日ゲットしたケースが組み上がったので
2台並べて置いてみました。
置いてみただけですが。(笑


             Q9550 DDR3・4GBx2=8GB 

結局は電源・M/B・CPU・メモリを交換し
流用したのは12cmのFANだけです。
追加たのは12cmFAN1個・NIC2枚(オンボードは使わない)。

HDDは両方共CentOS7がインストール済み。
各種サーバーアプリも設定済みであります。
現用機と同じユーザーも作成済みなので、サーバー機
更新時に/homeのデータとデータベースをコピーすれば
すぐに使えるようになっています。

実際に稼働させる置き場所ではありませんが
2台並べておくと迫力がありちょっとカッコいいです。

一昨日からデータセンタへ入っています。
大量のラック設置の前段階でレベル出しをやってます。
床面の高低差を測るのはレーザーの最新式ですが
何ミリのライナー(ラックを浮かすスペーサー)を
組み合わせて必要な高さを確保するかを決定するのは
暗算というアナログな世界でやっているのが笑えます。w
拙生は定時で帰っていますが、別部隊は夜中までという
突貫工事であります。

Posted in お仕事, サーバーネットワーク | 2台並べてみた はコメントを受け付けていません。