Oba-Q's Free Space >  サーバーネットワーク > Oba-Qサーバーの仕様

Oba-Qサーバーの仕様

相変わらずQ9550でメモリはDDR2-4GBです。
拙生一人での使用なのでHDDは1TBx2のRAID1。
HDDの容量を喰うのは殆どが違うサーバーの
バックアップ領域の分です。
NICはWAN側だけは速度より安定動作が欲しいので
100Mbpsの3COMを採用しましたが、LAN側は
ある意味オゾクても良いので、オンボードの
カニさんチップ(1Gbps)をそのまま使っています。


     天板に12cmFANが付いてまます。
     NICとチップセット全体を冷却するのに側板にも
     付ので計4個となり、結構賑やかです。
     それにしてもLED付きFAN、、、派手ですねぇ。。。

実は最初に交換した予備機はもっとハイスペック
でしたが、交換した後に電源が350Wだったことに
気づき、予備機2に入れ替えました。
予備機1だったらQ9560でDDR3-8GB、NICはWAN・LANとも
1GbpsのIntelだったのですが、電源が350Wでは
なんとも心許ないでしょ。

使用状況からして予備機2のスペックで十分と
思い直し、電源交換ではなくグレードダウンした
マシーンごと交換してしまいました。
今更Core2Quadなどと言わないでください。
デスクトップマシーンはLGA1150だの1151なんてもを
使っていますが、グラフィックユーザーインターフェイス
(GUI)を使わなきゃマシーンパワーは半分もあれば良く
LGA775で十分なのですよ。
  (稼働状況から見てDualCoreでも使えるかと。)

多分【もぅ歳なんで維持できませ〜ん。】と
ギブアップするまでサーバーはCore2Quadなのでしょう。

Posted in サーバーネットワーク | Leave a comment

合間にオークション。。

サーバーを設定していると、ダウンロードや
インストール、ファイルの移植の時などは
多少時間が空きます。
多少なりとも時間が開けばパソの前にいるのですから
当然ヤフオクなどをチェックしますよねぇ。(笑
で、10分空いたのでポチ。5分空いたのでポチ。
金額的に大したものでなくとも、気づいたら
数日の間に9件も落札しておりましたとさ。w
(9件とも電子部品)

ヤフオク落札分
2SK241-Y x10 @190円
2SK241-GR x10 @190円
SA612AN x10 @220円(@183円)
12Vパワーリレー x6 @105円
中古トリマC x7  @43円    
可変出力三端子レギュレーター
LM317T 絶縁シート付 x10 @70円
J310 x20          @120円
J310 5×4=20 発送済み未着  @49円
          (単価は送料込み)
冷やかしで入札して落とさなかったものも
多々もあり、ウォッチリストはパンパンに
なっていました。。。

2SK241はまだ在庫があるのですが今となっては
貴重品ですので、他のものも含めてデスコンのデバイスは
出てくれば多少高くても落札しておきます。

2SK125が品薄となったのでJ310も搔き集めています。
最近はJ310をカスコード接続してデュアルゲート風に
使用する回路をよく見掛けます。
一方のゲートに信号を入力し、他方のゲートで電圧を
可変してゲイン調整ができるのでAGCを掛けられます。
拙生が2SC1815x2のIFでやっていたのと同じ仕組みですね
ホンマモノのデュアルゲートMOSFETの3SK60が2個
オマケで付いてきましたが、使うつもりはありません。

LM317Tは出力電圧を付属させる抵抗の分圧回路で
決定することが出来、1.2V〜37Vの間で出力できます。
つまりこれさえあれば出力が固定電圧の3端子
レギュレータを各種揃える必要がないということです。
なんと電流は1.5Aまで取り出せるのでとても便利な
デバイスであります。
絶縁シートと絶縁ワッシャー付きだったのもグッド!

NE612AN互換のSA612ANはなんの遜色もなく使えます。
DBMを使った超QRPのAM変調で使うのに集めました。
10個落札したらこちらもオマケで2個付いてきました♪
手持ちもあるのでこんなにいらないのでしょうけど
お試しで失敗したり、どおせ成功したら欲しがる
友人もいるでしょうから、とりあえず落としておきました。

他にも通販で7K・10Kシールド付きボビン各20個や
カーボニル鉄系のトロイダルコア各種などを
購入しちゃったのですっかり小遣いが減ってしまいました。。。
早くサーバーが完全復帰しないと増々減りそう。(困;;

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

yumにやられました。。。

今回使用した予備機はにCentOS7をインストールし
ある程度の設定をしておいたのは2年前なので
何をどこまでやったかも忘れていましたが、
yum(パーッケージ管理)コマンドでupdateしようとしたら、
何故か重複だの衝突だのとエラーで騒がしく、まったく
更新できません。。。
何百ものバージョン違いの同名パッケージが重複しています。
衝突は依存性のあるパッケージのバージョン違いです。
yum clean でパッケージやキャッシュのデータを
クリアしデータベースをリビルドしてみてもダメ。
リポジトリをBASEだけにしてみてもダメ・・・

rpm -q パッケージ名

または

yum list | grep パッケージ名

で調べると

パッケージ名+新しいバージョン
パッケージ名+一つ前のバージョン

の2つが出てきてしまいます。

rpm -e --nodeps --allmatches --justdb パッケージ名

で古い方を削除できますが、何百は大変なので

rpm -e --nodeps --allmatches --justdb *

と危険をかえりみずワイルドカードも使ってみましたが
複合的な不具合なのでそこに至るまでの途中でエラー
となり止まってしまいました。
ダメなやつをスキップしてくれるオプション
--skip-broken もご利益がありませんでした。

こいつは同じBASEのリポジトリのbaseとupdaterの衝突なので、
片方をenabled=0で無効にしてみましたがダメですねぇ。
スキルのある方なら一発で解消する奥の手を持っている
かもしれませんが、拙生には手前に付いている粗末な手しか
ありませんので、なんとか手動で解決させるしかありません。

衝突はこんな感じです。

avahi-gobject conflicts with avahi-0.6.31-17.el7.x86_64

rpm -q などでインストールされているavahi-gobjectとavahiの
バージョンを調べて、古い方を一旦 yum remove か rpm -e
コマンドで削除してインストールし直します。
依存性が重要または多数のパッケージに渡るのでなければ
両方をを削除して再インストールするほうが無難でしょう。

衝突は15個くらいだったので手動で解決させてその後
ワイルドカードで古いのを全部ぶち消してアップデート
してみたら無事出来ちゃいました。(疲;;
他のリポジトリもソォっと戻してみましたが大丈夫なようです。

う〜ん、こんなところに時間を喰うとは思いも
しませんでした。。。

ついでに以前友人がハマったというやつも
書いておきます。
と言うのもmysqlも重複していたので古いバージョンを
ぶち消したら、ブログツールのWordpressが
データベース接続エラーになってしまいました。^^;;
で、新しいバージョンと関連付けする作業を
行いましたが、Wordpressはバックアップしてある
mysqlのデータベースから復旧させるのですが、
ちょっとしたコツというか順番があります。
ここにハマるのも珍しいと思いますが。(笑

不正解のやりかた
pubulic_html等のweb公開スペースにバックアップ
してあるファイルを上げ直した場合、
wp-config.phpには以前のデータベース名や
ユーザー・パスワードが書き込まれているので、
mysqlで同じパスワードで同名のユーザーを作成し、
更にそのユーザーで同名のデータベースを作って
そこにバックアップしてあるファイルを流しこめば
OK・・・とはいかないんですねぇ。

正しいやり方
mysqlで使用するデータベースを新たに作成した後、
wp-config.phpをリネームするなり葬るなどして
http(s)://hosutoname/wp-admin/install.php
にアクセスして新たに登録しなくてはいけません。
登録した後からデータベースにバックアップファイルを
流し込んでmysqldをリロードするのが正しい順番です。

 勿論SQL文でバックアップをとっている場合などは
 そこからリストアできますが、mysqlのバージョンが
 異なると失敗することもあります。

yumのお陰ですでに稼働していたものも上記のように
古いバージョンで稼働していたことも考えられるので
再検証しなくてはいけないようです。(泣

Posted in サーバーネットワーク | Leave a comment

メールも復旧

サポート切れの2020年まで使い倒そうと思っていた
CentOS6でしたが、ハードが先にコケたので予備機に
交換しましたが、インストールしてあったのがCentOS7なので
必然的にバージョンアップとなりました。
CentOS6同士だと設定ファイルも以前使っていたものを
バリバリコピーすれば多少の手直しで使えますが、
6から7にそれをやるとエラーが多発します。
で、多くの設定ファイルは一から見ていく必要があり、
時間がかかってしまいます。

幸運にも別途CentOS7のサーバーが稼働しているので
そちらからコピーしてきて手直しできるので、かなりの
時間短縮はできますが、とりあえずブログを表示させるのに
稼働させたpppoe・http(s)・mysql・ftp・DNS等で2時間
掛かってしまいました。

メールはもっと時間がかかります。
ウィルスやスパムメールの振り分けの設定で
clamav・spamassassin・amavis-new・procmail等を
postfixと連携させる他に、以前にはなかった
送信ドメイン認証のSPF・DKIMやDMARCを設定して
やらなければならないからです。
と言いつつも、丁度今メールはなんとか開通した模様。
個人用サーバーなので必至にやっているわけでは
ありませんので、やはり3時間程掛かってしまいました。
ヤフオクなど何日分かの再送メールが一気に来ています。。。
これでMail me!も復活です。

後は個人的に使用するVPNやクラウド、WebMail・WebDAV
監視システムなどをポチポチやるので、1周間もすれば
元通りに使用できるようにになるでしょう。
ま、WebMail以外は違うサーバーでも使用できますので
のんびり行きます。

ところで動作緩慢の原因が分かりませぬ。
他の予備機にHDDを組み込んでみましたが同じ症状なので
HDDがおかしいことは確かです。
cat /proc/mdstat での診断はRAIDはちゃんと構成されて
いますし回転数が遅くなっている(笑)様子もないのですが。。。?

ちなみにCentOS7のサポート期限は2024年6月30日までです。

Posted in サーバーネットワーク | Leave a comment

HTTP(S)のみ復旧

1月8日にサーバー動作が極端に緩慢になり、
コイツはサーバー機自体を交換する時期かと思い
着手したまでは良かったのですが、マシンを
予備機に交換した辺りでちょっと目眩がして、
そのままベッドに横になったら寝てしまいました。
それ以降アンナコトやコンナコトで公私ともに
多忙を極め全く手をつけられず本日に至りました。

本日お休みにして午前中に野暮用を済まし
午後から手をかけてやっとHTTPのみ復旧です。
メールなどはまだですのでMailMe!からは
届きませんが今晩中にはほどほど復旧
しているでしょう。

サーバー切替時は徹夜するのが当たり前でしたが
目眩・・というより眼の奥がギューっと締め付け
られるようになって起きていられなくなったのは
睡眠不足からでした。
歳ですね。。。
緊急時以外のサーバー断を伴う作業は、たっぷり
時間があるときでないと出来ないようです。。

Posted in サーバーネットワーク | 4 Comments