Oba-Q's Free Space >  パソコン > Linux > Ubuntu > WineやzIPの文字化け等

WineやzIPの文字化け等

wineとはWindowsのアプリケーションをLinux上で
走らせるものです。
すべてが動くわけではありませんが、拙生はアンテナの
シミュレーションやフィルタの計算ソフトなどをubuntuで
まったく不便なく使っています。

ところが・・・
ubuntu16.04TSTでwineを使っていて、ネット経由で
アップグレードしたものに関しては問題なかったのですが、
インストールメディアから新たにインストールした場合に
wineの挙動が明らかに異なります。
以前は apt install wine で依存するファイルもすべて
インストールされアプリケーションのスタートメニューに
自動登録されてそのまま使えたのですが、18.04LTSでは
apt install wine-stable winetricks
とするのがお作法のようで、しかもスタートメニューには
登録されません。

なんとか使えるようにしてMMANA.exeを起動させるとなんかおかしい。。
文字化けです。
しかも化けるとしたらいつもは日本語が化けるのに、
今回は日本語はちゃんと見えていてアルファベットが豆腐みたいに
四角に化けちゃってます。(笑

必要なフォントが入っていない?
winetricsを起動させてallfontsを選択してみましたが
エラーぽいダイヤログに怒られて解決には至りません。
で、まともに動くアップグレードしたパソとフォントを
比較してみましたが全く同じものが入っています。。。
/usr/share/wine/fonts/
どうやらここを使っていないようです。。。
じゃあここ?
~/.wine/drive_c/windows/Fonts/

闇雲にやる前にない頭をフルに使って考えました。
wineは開発ペースが遅く、パッケージで落ちてくるバージョンが
古いことが往々にしてあるので、とりあえず自力で最新版に
してみようと思い、まずはfontですからwinetricsのほうから。。

最新版のスクリプトファイルが以下にありました。

https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks

作業は一般ユーザー権限で行います。
このまま実行させて良さげなので実行権を付けます。

chmod +x winetricks

あとはallfontsを実行してやります。

bash winetricks allfonts

経過を見ているとなんかあちこちからダウンロードしては
いっぱいフォントをインストールしています。

で、結果発表です。
見事に文字化けが無くなりました。V(^_^)V

さて,Windowsから送られてくるzipファイルを解凍すると
日本語が化けている時があります。
ubuntuではアーカイブマネージャで開くShift_JISで編集した
ファイル名はバケバケになります。
convmvをインストールしてShift_JISをUTF-8に変換・・・?
面倒くさいので拙生はunarをインストールしてコマンドで
解凍して文字化けを回避しています。
そのうちGUIでワンクリック解凍しても化けない細工を
しておきます。

まだちゃんと調べたわけではありませんがGIMPについて。
デザインがゴロっと変わり見栄えするようにはなったのですが
ネットワークプリンタを認識せず印刷できません。
スキャナーは認識できて動作も問題なしです。
それに他のアプリではちゃんと印刷できます。
ネットワークやドライバーの問題ではなさそうですね。
とりあえずは保存したものを画像ビューアなどで開いて
印刷可能なので原因はゆっくり探ります。

18.04LTSは他にもバグが残っているようです。
アップグレードするのはちょっと早すぎたかな。
ま、リリースノートなどで調べる限り拙生の使う範囲では
問題ないようなので良しとします。

Posted in Ubuntu, アプリ | Leave a comment

トレード@ローラーインダクタ

本日は午後からFDTラボに。
全く進んでいないGU-5Bアンプをちょっとでも
手を掛けてみようかということです。

使用しようとしていたローラーインダクタは
片手、吹かせば両手はいけそうなものであり、あまりにも
過剰なスペックのためFDTラボの在庫とトレード。


同じような大きさに見えるかもしれませんが、拙生の
差し出したものは銅帯で、トレードで来たものは銅パイプ。
ローラーとの接触面が全く違います。
銅パイプのものは普通に使って2つ、吹かしても3つくらい?
そうそう、そんなもんで良いのです。

こう撮るとよく分かる?

かなりこちらが不利なトレードに見えますが、最近片手以上に
耐えるものを使うようなやつは作っていませんのでお互いに
Win-Winと言うことで。v(^_^

本日一番の収穫はFM12S55-1LKPというシロッコファン。
100VなのですがGU-78Bクラスで使われるというもので、
GU-5Bでも風量・静圧ともに十分なものであります。
まともに買うと結構お高いのですが、在庫してあった
12μF進相Cと合わせてラボの主から格安で譲っていただきました。

早速穴あけをしてシロッコを置いてみたところ。
吐き出し口に合わせて四角くくり抜くよりも
上部シャーシに空気の取り入れ口として穴開けや
バリ取りするほうが数があるので大変。
くり抜いてメッシュをはめ込んだほうが楽でした。@後の祭り
取付金具製作中に時間切れで引き上げました。
ちなみにソケット周りのシールドが細長く大きいのは
4-1000Aパラをばらしたたものをそのまま流用したからで
GU-5Bのソケットが大きな楕円だからじゃありませぬ。ww

他にやったことはプレートチョークコイルを巻いて
ホット側はパラ止やカプリングCを取り付けるために
リン青銅板を加工したり、コールド側は貫通Cと接続
できる端子あげしたり、ロードVCのシャフトを
ユニバーサルカプリングに合わせて削ったり。。。

主はケースにキャスタの取り付けやトランスを置くための
底板の加工を手伝っていただきました。
遠慮しないでもっと手伝ってくれても良いのに。w
さて次はいつ手がけることができるやら・・・

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

クラブ局@SM-50を置きに行く

昨日ハムショップのアンテナ下ろしでご褒美とか言っていたけど、
実は帰り際に頂いたものがあります。
4箱に詰まったアンテナのXマウントとエレメントブラケット。
新品のものも入っていたので流石にそれもくれとは言えません
でしたが、袋入りのものを省いても20個以上あります。
MC90が多いのですがMC300やMC110・MC70が入っていました。
Uボルトなど欠品のものもありますがその手の在庫は豊富です。v(^_^
30分の作業にしては十分過ぎるご褒美ですよね。

さて本日はクラブ局に顔を出しました。
SM-50(スタンドマイク)を置きに行くのが目的ですが
しばらく近くでアンテナを眺めていなかったので点検も兼ねます。

30mの2エレ

 まだローテタの交換をしていません。
 1200FXとケーブルを用意してあるのですが。。。
 やるときはついでに太い同軸ケーブルに交換します。

17mの5エレ

 一番活躍しているアンテナです。

10m5エレ

 QSO実績がわずかしかありません。
 ドリブンエレメントがへの時なのは上げて間もなくからで
 状態に変化はないようです。

12m4エレ

 相変わらず接触不良です。
 
直すよりコイツに上げ変えたほうが早い。。。6エレ

ちょっと屋上整理をしました。

屋上に上げるために置いてあるタワー

アンテナ製作の材料となるアルミパイプパイプ達

パイプ取りで無残にもブッタギラれたコイル達

12mの接触と30mローテタ以外は大丈夫なようです。
これは以前からの懸案事項であります。。。

で、帰り際に17mでCQを・・・
つい癖でCWで出してしまいました。
SM-50を確かめなくては。(笑
モニターで聞く限り大丈夫かな?
とりあえずCQを出していてUzoneやEUから呼ばれ続けている
UI8URU(どこ?って Asiatic Russiaですよねぇ。)てのがいたので呼んでみる。
一発で取ってもらえてちゃんとQSOが成立したのでOKでしょう。@大雑把

CWでCQを出したときYU1RAがクラスタ(WW)にアップしたようです。
QSOしていない局なので呼ばれたのに取れなかった?
やはり以前のロケと違いノイズが多くて辛いです。(泣

帰宅したら届いていました。

出品者の説明では
タップ付きコイル(24μH) バリオメーター付き(3~9μH)
タップ付きステアタイトボビン(5μH)
大型10接点ロータリースィッチ
となっていましたが、拙生のLメータでは24μH→22.5μH程度で
バリオメータの方は3〜9μH→2.5→8μHと言ったところでしょうか。
タップを出す移動式の端子の接触が甘いものもありますがそのへんは
どぉにでもなります。
タイトボビンは全体で4.5μH、20タップついていますが最小値になる
タップで0.2μHでした。
ちょっと大きいのですが入力容量キャンセル用コイルに良いかも。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

ご褒美はナニ?

本日も仕事帰りにハムショップへ寄りました。
デモ用無線機の受信用に建っている2本のアンテナの
1本を下ろしてくれと頼まれていたからです。
看板用支柱にブラケットでマストをつけてその上に
設置してありましたがものの30分でブラケットまで
叩き下ろしました。
仕事ではありません。
いつもお世話になっているのでこのくらいはサービスです。
で、ご褒美は・・・?www

時系列でいうと逆さまですが・・・
昼時に量販店が近くにあったのでmicroSDHCを購入。
スマホのSDカードが認識しなくなったので見ると
首の部分が折れていました。。。^^;;
ぶつけた記憶はないので抜き差しのときでしょう。
そのへんにあった16GBのものでしたので、特に惜しくは
ありません。@負け惜しみ
16GBもあれば十分すぎですが同じものを使うのも
ナンなので32GBにしてみました。


ある中で一番安いやつで3K円でお釣りが来ます。

Posted in アマチュア無線, 日常 | Leave a comment

SM-50入手

CWメインの拙生はIC-7***の3台ともSSBは
ハンドマイクを使用しています。
唯一あるスタンドマイクはY社製で、ピン番号を
合わせて使っていましたが、時どき接触が悪く
変調にガサガサと音が入るときもあり、現在は
放置状態でした。

1台位はあったほうが良いかとオークションを探したら
SM-20が出品されていたので入札しようとしたら・・・
出品者は馴染みのハムショップではありませんか。
そうそう、デスク1台とパソコンを置かせてもらっている
アソコです。(笑
落札すると直接手渡してもらえますが、拙生が落とすのも
ちょっとヘンかな?と思い控えました。
本日顔を出したときその話をしたら、店主がイイのがあるぞ
とSM-50を出してきました。
新古品?で箱・保証書付きです。
実はSM-20ももう1台あったのですが、ピカピカの50を
見てしまったからにはやはりSM-50にするしかないしょう。
オークションの落札額相場よっり下回る価格で頂いてきました。
店はオークション出品の手間が省け手数料は取られないし
こちらは送料分安いし。
これでSSBのアクティビティが上がる。。。かな??w

ついでに置いてあるパソをubuntu18.04LTSに。
NECのmateで某量販店の中古コーナーから9,800円で
購入し、corei3-2100を手持ちのi5-25000Kに換装、
メモリを16GBに増設したものです。
HDDはそのまま使っていたのでついでにSSDに換装して
新たにインストールすることにしました。
こちらもデータはほぼサーバーにアップするように
しているので全く問題はありません。
しかもネットワーク経由でのアップグレードの
1/3位の時間で終わってしまいます。
ちなみにインストール指定をネットを接続して
サードパーティのアプリやアップデートも含めて
行いましたが、SSDだとものの20分もあれば済んでしまいます。

その後いつもの通りWindowや日本語環境の変更・設定を
施すのに15分。
これだけでバリバリ使えます。
CPUが3.3GHzの4コア4スレですがLGA1155という
一昔前のものですしメモリもDDR3-1333です。
現在のモノとは比較にならないスペックであります。
しかしubuntuでは十分すぎでi3に4GBでもストレスを
感じたことはなくi5に16GBは過剰スペック気味ですかね。(笑

帰り際にお土産を頂いてきました。
6mmのウィンチ用ワイヤーです。
3束の内2束は20mくらいしかありませんがもう
1束は新品の50mものです。
22Rのエレベータキット辺りまで使えるか?

修理を諦めたトラップ入りアンテナのパイプや
エレメントクランプも持っていってヨシと言われましたが
それは次回にということで。

Posted in Ubuntu, アマチュア無線 | Leave a comment

拙宅内ubuntuは全部完了

サブデスクで5台。

  通常作業をしながらアップグレードできるって
  すごいと思いません?
  マルチディスプレーの片側でサイト閲覧しながら、
  もう一方でアップグレードのコマンドを叩いて進行中です。

ネットブックとシンクライアントデモ用のFMV
(Celeron2.2GHzシングルコア・メモリ512MB)2台には
軽量のLubuntu(LXDE)の18.04LTSを。
Lubuntuは途中でエラーになるので、インストールDVDを
作成して新たにインストールしました。
スペックがスペックなのでこやつらに一番時間がかかりました。

これで拙宅内のものはぜ〜んぶ18.04LTSになりました。
多分なったはずです。。。
後は外に置いてあるやつですね。

LTS(ロングタイムサポート)は5年サポートなので
16.04LTS は2021年までであり18.04LTSへの移行は
ゆっくりでも良いのですが一度やり始めたら止まらないのは
性分です。(笑

ところで昨日書いたサスペンドから復帰後のネットワーク
については、機種による不具合と判明しました。
ダメだったのは2台だけで他は大丈夫でした。
その内の1台はメインマシンなので、気合を入れて
直さなきゃならないのはかわりありませんけどね。。。

Posted in Linux | Leave a comment

サスペンド復帰後の不具合

サブデスクでパソを取っ替え引っ替えして
ubuntu18.04LSTにアップグレードしています。
自身の予備機だけでなく、仕事上で不具合の際の
貸出用もあるので、なるべく早めにやれるときに
やっておきます。
明日は8時にアッシー君をやれば、仕事自体は
遅くても良いので本日が狙い目というわけです。

18.04LSTにしてから一つだけ目立った不具合が。
就寝ギリギリまでパソに向かっていると開いた
ウィンドウを整理して閉じるのも面倒くさいときは
サスペンドにしておくのですが、サスペンドから
復帰させてもネットワークが復帰しません。
ネットワークを再起動させても一度ログアウトして
ログインし直してもダメですねぇ。
今の所サスペンドにする前の開いたウィンドウを
整理したあと再起動させてます。
アップグレードが一段落したら原因探らなきゃね。

今2台目が終わりそうです。
もう1台やったら寝ます。

そうそう、
修理後車に積みっぱなしだったリニアアンプ2台。
本日やっとタイミングが合いお届けしてきました。
TL-922のほうは仮セットアップしてパワー計付き
ダミーで1KWオーバーを確認してもらいました。
HL-2Kはお届けのみ。
車がぐっと軽くなりきっと燃費も向上するでしょう。(笑

Posted in Ubuntu | Leave a comment

届いた部品達

届いた部品達です。

貫通Cは13000pF。
形状から500V耐圧だと思うのですが安全をみて
4極管のSGには使わずにCG止まりにしておきます。
リード線の径は1mmあるので、Ip・Igの還流路を
引き出すのは十分です。
貫通Cは見つけたら数が少なくてもゲットしておきます。

タイト製のRFCは119μHです。
しかし巻線径は0.3mm程度なので巻き直しします。
インダクタンスが減る?
ハイバンド専用にして、ローバンドも入ってい場合は
単独では使わないので大丈夫です。
タイト製のボビンはだんだん貴重になってきたので
見つけると極力入手するようにしております。

フランジマウントの50Ω(75W)を4パラで12.5Ωにするときの
形状はこのようになるでしょう。

トータル耐電力75×4=300W・・・といきたいところでが
4塊の放熱を考えるとエキサイターは200W機までですね。
1個余るのでUHF用のダミーでもこさえますか。
って、まともなもの作るのは結構ホネなんですよねぇ。。

  *一番上の写真の右上の3個は貫通端子です。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

要一読@作業手順書

結構なボリュームの作業手順書がメールに添付
されてきました。
明日の仕事に必要な手順書なので、寝る前に読破
しておかねばならず、本日は何も出来ません。
就寝寸前までかかりそうです。
システム構築のちょっとしたお手伝いで
引き受けたつもりが、大事になってしまいました。^^;;
最近字を見ると眠くなってしまいます。。。
気合入れて読まないとね。

Posted in お仕事 | Leave a comment

メインマシンも18.04LSTへ移行

16.04LSTがインストールしてある予備機を
人身御供として18.04LSTに運命を預けてみましたが
あっけなくアップグレードが終了し、
いろいろいじってみたところ主な操作範囲では
不具合が見つからなかったため、メインマシーンにも
アップグレードを決行しました。

データーは全てシステムと異なるストレージに
保存してあり、バックアップもサーバーに
取ってあるため、万が一失敗してもubuntuとアプリを
クリーンインストールする手間が増えるだけです。

念の為16.04LSTを最新版にアップデートします。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

18.04LSTへ移行です。

$ sudo do-release-upgrade -d

* update-manager-coreがインストールされて
いない場合は先にインストールしておきます。

$ sudo apt install update-manager-core

注意するのは選択などを尋ねる時があり、そこで
待受の状態で止まっているので、時々確認が必要です。
でないと終わりません。(笑
選択は単にEnterかディフォルトで抜ければOKです。
ダイヤログが出ている場合はTabキーでOKを選択肢
Enterです。

ちょっと使い勝手が変更されたところもあり、どこを
クリックするんじゃ?と探すときも有りますが
それも一度だけですぐに慣れました。

で、現在ノーパソ君2台を連ねて同時進行で
アップグレード中です

他には拙宅内で後5台、作業場にしているところの2台と
無線のクラブ局数台を含めると結構な手間ですね。
ま。2年毎のバージョンのアップグレード時の儀式なので
諦めてポチポチやることにしましょ。
と言ってもコマンドをいくつかチョチョっと叩くだけで
Windowsと比べれば格段に簡単だし、なんと言っても
ぜ〜んぶタダです。v(^_^
貧乏暇なし人間にはubuntu様様であります。

参考

自動アップデートではなくコマンドでアップデートする場合は
時どき以下のコマンドも実施しておきましょう。

$ sudo apt autoclean
 リポジトリからダウンロードされたdbd型式のバイナリパッケージを
 削除するコマンドです。

$ sudo apt autoclean
 update後に残っている古いバージョンのファイルを探し出して
 自動的に削除してくれます。

ubuntuのアップデートはシステム・アプリ共に頻繁で、パーッケージ
ダウンロードが数100MBなんてのはしょっちゅうです。
ストレージに余裕がない場合は放おっておかずに削除しておきましょう。

Posted in Ubuntu | Leave a comment