Oba-Q's Free Space >  パソコン > スペースがあれば縦置きが便利

スペースがあれば縦置きが便利

液晶ディスプレーの話です。
急ぎで仕事に必要なブツを受け取りに行った某事務所の
パソコンの何台かはデュアルディスプレーの1台が縦置きに
なっていました。

データベースや表計算アプリで扱うデータのレコードと
フィールドの兼ね合いもありますが、レコード数が多い場合は
縦長のほうが見やすいわけで、そのようなデータを多く扱う時は
デュアルディスプレーにして片側を縦で使うととても見易いです。

残念ながら拙生のパソ部屋は狭く、立体的に使うしかないので
ディスプレーの置き場所には高さ制限があってそれは出来ません。
出先に置いてあるディスプレーは通常は横置きにしてありますが
上記のような作業が発生した場合は片方を縦表示にして使います。
どちらかというとフィールド数が多く横長のデータを扱うほうが
多いので滅多にディスプレーが立っていることはありませんけどね。
覚えておいて損はない方法です。

本日の寝る前の一曲

walk off the earth

Posted in パソコン | Leave a comment

何も出来なかった休日

以降土日も休めないと思われるので思いっきり
楽しいことをと意気込んでいましたが・・・・

除雪3回(3回とも除雪機出動)
部屋の片付け(1/3完了)
連れ合いの買い物の付き合い(アッシー君)
仕事の準備

これで終わっちゃいました。(泣

ちょっと片付けたら久方ぶりにサブデスクに
キーボード・マウス以外のものが上がって
いなかったので思わずパチリ。w

メインデスクの方に予備機を固めてみました。
切り替えて使えるのは2台だけです。
もう2台あるけど上がりきりませぬ。。。

Posted in 日常 | Leave a comment

GNOME系を薦めない理由

ubuntuのデスクトップ環境が標準であるUNITYを
使用している友人に、ubuntuやいろいろなアプリは
薦めるくせに、自分で使っているデスクトップ環境は
薦めないよね、と言われました。

積極的に薦めない理由

スタートボタンがないと生きていけない拙生は、
主力パソコンにおいてubuntu標準のデスクトップ環境である
UNITYを恒久的に使用するのは疲れてしまい無理なので、
gnome-panelをインストールしGNOME-COMPIZを
デスクトップ環境として利用しています。

通常の使用にナンの支障もないのですが、ひとつだけ
ubuntuGNOME系を他人様には積極的にお薦めしない
理由があります。
それはubuntuのGNOMEはGNOMEの最新版でないことです。
関連パッケージのいくつかも古いバージョンです。
と言うことで、ubuntuのヘビーユーザー、特に新しもの
好きな方にはお薦めないほうが無難と考えているからです。

だからと言って前述の通り特に支障があるわけでもなく
公言しているとおり拙生はGNOME系一筋の筋金入りユーザー
であります。(笑
最新バージョンの機能が特に必要でなく、セキュリティに
問題がなければ古いバージョンでも一向にかまいません。
WindowsにおいてOffice2016でなくとも2013で十分・・・
みたいな感じかな。

参考

純粋なGNOMEとは言えませんが、GNOME2系をフォークした
ubuntuMATEのほうがきっと開発が早いと思われます。

土曜日ですが仕事でした。
3月の土日は全部潰れそうです。。。。(泣
で、明日だけはゆっくり休もうと思います。
プレミアムフライディ?なにそれ?
ふざけんじゃねぇよ!って感じ?ww

Posted in Ubuntu | Leave a comment

オススメアプリ@Easystroke

某所でマウスを8の字にガチャガチャ動かしていたら
何やってんだぁ!?と怪訝そうな顔をされました。
実は拙生のノーパソくんにはジェスチャー入力アプリが
インストールしてあるのでマウスジェスチャーにより
アプリを起動したりコマンドを実行できるようになっています。
面倒な操作も登録すればひとつのマウスジェスチャーで
簡単に実行できるというすぐれものです。

拙生は標準リポジトリからインストールできるEasystroke
というアプリを導入しています。
起動すると見た目で設定ができるほどシンプルです。

注意するのは慣れるまではタイムアウトする時間を長めに
しておくことで、チョロチョロやっているうちにマウス動作が
元に戻ってしまいます。
もうひとつ・・・
人前であまり派手なジェスチャーをやると怪しい人に
みられてしまいますのでご注意を!ww

そう言えばスマホのデジタルコンパスを初期化するのに
スマホをグルグルやってたらやっぱ怪し人にみられたっけ。(笑

Posted in パソコン | Leave a comment

無線LANのQRM

ここに引っ越してきた時は大丈夫でしたが
昨年あたりから無線LANが途切れるようになりました。

途切れるのは2,4GHzの11b・11g・11n(2.4GHz)の方で
繋げているやつで11.a(c)は大丈夫なことから電波干渉でしょう。
お隣に建った2軒のほかに、前には引き込みがなかったご近所に
光が引きこまれています。
きっと2,4GHz過密地帯になってしまったのでしょう。

拙生は特に不便はないのですが、ボケ防止?と称し
Lineのゲームを頻繁にやっている義理母様は切れる。。。
と言って切れています。(笑
2,4GHzは13(bのみ14)CHだけど、CHの周波数が
重なっていて、混信にならないで使えるのは3(ないし2)
CHしかないので・・・
と説明しても義理母様には意味がわからないので
タブレットが変わっても全然ダメと不満顔。。。
重たい腰を上げて対策に乗り出すことにしました。

簡単なのは5GHzにしてしまえば良いのでしょうが11.a(c)には
対応していない古めのノーパソ君もあるので2.4GHzも必要です。
しからば拙宅内では電波が行き届き、ご近所とは干渉しない場所を
見つけるしかありません。
長いLANケーブルを繋いであちこちにおいては試し、なんとか
いい場所を見つけたつもりでも、頻度は減ったにせよまだ
途切れます。
もうちょっと頑張って探さねば。。。
探し当てたとしてそこまでカテゴリケーブルを引っ張るのは
どぉしましょ。。。

当初無線ルータは光の引き込んでいる2Fパソ部屋の棚の上段に
設置してありましたが、窓のすぐ傍でしかもうさぎの耳付き
(アンテナ付き)のルータなのでロケーション良し、アンテナ良しで
拙宅から結構離れた場所からも使えて、作業場からつなぐのに便利
だったのですが、今となってはオーバーリーチは害にしかなりません。


    床に仮置き。ここが良いのですが。。
    廊下を横切るので仮とは言えプロテクタで保護。


    パソ部屋から廊下に簡単に引き出せる唯一の方法。
    試しに引き出してみた。(容易に復旧可能)

 オーバーリーチという概念のないアマチュア無線においては
 わざわざロケーションの悪いところを探すのはものすごい
 違和感がありますよね。
 業務無線では通信のエリアが限定されていますし、また複数の
 中継局においてエリアが重なるとまずい電波形式などでは
 オーバーリーチに気を使います。

本当は1Fに無線ルータを設置すれば良いのでしょうけど
拙宅は天井・壁が構造的に配線が難しい。。。
点検口の一つははダクトが邪魔で天井に潜れなかったり
クローゼットの天井を剥がして潜りこむには、びっしり
掛かっている連れ合いの洋服などと上段に積み上げてある
和服の収納ケースを全部どけなくてはならず、なにが
大変ってこの作業が一番大変なんです。。。
天井裏がなんとかなっても2×4の壁は予め配管して
おかなければ隙間を通すのは至難の業で壁を剥がすしか
ありません。
もちろん1Fでなくとも探し当てた場所によっては、一部
露出配線も致し方ないかもしれません。

結局対応していないノーパソ君は5GHz対応子器を別途購入し
2.4GHzからサッサとおさらばするのが一番早く確実かも。。。ですね。

参考

2.4GHz帯で同時に使える(被らない)CH *11bの14CHは除く

1CH・6CH・11CH
2CH・7CH・12CH
3CH・8CH・13CH
4CH・9CH
5CH・10CH

上から3つは3CH分下の2つは2CH分しか使えません。

Posted in サーバーネットワーク | Leave a comment