Oba-Q's Free Space >  日常 > 時事 > 台風の爪あとから考える

台風の爪あとから考える

次々に直撃し甚大な被害をもたらした台風。
今年は北海道も台風銀座となってしまいました。
残した爪あとは大きく、TVの画像で観る大きく崩れた建物や
道路の他にも、今だにボランティアに人たちなども参加して、
必死に掻き出している泥の絨毯。
農作物の被害も計り知れません。
駆け付けられないのがもどかしいです。

メディアでは通信インフラの崩壊も報じています。
中継局のダウンで携帯が繋がらなかったエリアも多々
あったそうです。
混雑による回線制限か、もしくは中継する光ケーブルや
電源となる電力線が切断されたためでしょう。

日本は先進国にしては珍しく、電気も電話も光も、にょきにょき
建っている電柱による架線・共架しているため、地震や強風、
地すべりなどで電柱が倒壊すると、一気に共架したインフラ、
すなわち電気と通信がダウンしてしまいます。

防災や消防無線など、電源や中継回線を自前で備えているところは
ダウンする確率は低いのですが、消防に「119番」しようとしても
掛ける側の通信インフラがダウンしてしまえば掛けようがありません。

携帯(スマホ)万能、1億総依存みたいな状況になりつつありますが、
中継回線がダウンしたり電力供給が止まって充電できなけりゃ
タダのゴミです。
なにかあれば携帯でSOS・・・は大規模災害時には通用しないと
思ったほうが無難でしょう。

拙生は長い間消防や防災の通信関連に携わっているので
多少は公共の防災に対する知識があります。
通常はハザードマップや防災マニュアルに即した設備を
構築していくからです。
で、公共機関が広報している防災マニュアルは必ず存在しますが
「ここまではできるがこれ以外は自力でやってくれ」
という明確な線引きが書かれているマニュアルにお目にかかった
ことはありません。
上記のような事態に対する公共の防災の限界を踏まえて個人や
町内会単位でどう対応し備えるか。。。

ないはずの断層が実は存在していたり、壊れないはずの設備が
壊れたり、地球温暖化による台風進路の変貌など、「想定外」の
人災・自然災害が増加しつつある今、自助・共助・公助、この辺を
まとめておくのも大切かな?なんて考えている今日このごろであります。

Posted in 時事 | Leave a comment

vivaldiその2

カスタマイズの自由度は今までにないものです。
と言ってもいろいろ設定しなくてはいけないというものではなく
ただ左ペインにツールバー、右ペインをタブにするとしただけでも
使い心地は抜群です。

左ペインには
・ブックマーク
・ダウンロード
・ノート
下の方に
・設定
・パネル表示 ON/OFF
があり
右ペインはサムネイル表示されたタブが開いた
サイト分だけ並びます。

左ペインのノートは残したいテキストを選択して
右クリックすると【選択範囲を新しいノートとして追加】という
メニューが表示され、ワンクリックで簡単にコピーされます。
出だしの文章がタイトルになるので見やすいです。
上にあるフォルダアイコンでフォルダを作成しカテゴリ別などに
整理することも実に簡単。
派手さのないツールですが、拙生にはいろいろなシーンで
大きな戦力になるでしょう。

screenshot-from-2016-09-20-23-11-11

上のスナップショットでは9個のタブを開いています。
サムネールで全体表示できるのは6個くらいまでで
あとは重なってゆきますが、内容がほぼ分かるのは
できるのはこのへんまでかなと。。。
タイトルだけ分かれば良いなら数十個でも並べ
られそうです。(笑

左右のペインができるため実際の表示部分は
少なくなってしまいますが、ワイドのディスプレーでは
閲覧に支障がない十分な表示です。

また拙生のようなマルチディスプレーの場合は
最大化せずに(最大化すると片方にしか表示しない)
手動で横長にして、例えば左ディスプレーには左ペイン、
右ディスプレーに本体とタブの右ペインを広く表示させる
なんてことをやってます。

Posted in アプリ | Leave a comment

今更Windows7

Windows10じゃどぉしても撥ねられる
アプリがあって、気づいたら拙宅にはWindows7や
8.1マシーンが1台もない。。。
慌ててそのへんに有ったマシーンにインストールしました。
全部しまいこんでいたのでアクティがOKなものを探すのに一苦労。。^^:;

サーバーの予備機としてインストール無しで置いてあったやつで、
Q9650にメモリ4GBでした。
もう2スロットありますがストレスなく動くので増設無しで用が
足りそうです。

う〜ん、サポートが切れてWindows10しかなくなっても、
このような自体に対応するのに一応残しておかなきゃ心配ですねぇ。。。

Posted in windows | Leave a comment

サヨナラgFTP

WindowsでフリーのFTPと言えばFFFTP・・・
的な存在のgFTPですが、リポジトリから
インストールできるのでナニも疑わず?
使っていました。
が・・・どぉやら数年前から開発がストップ
していたようであります。

プロトコルはFTP以外にもFTPSやSFTPなどにも
対応しておりお気に入りだったのですが、
何年も開発がストップしているとなれば、
拙宅のようにユーザーが限定されたLAN内にある
サーバーへの使用ならともかく、インターネット
経由はセキュリティの観観点から好ましくありません。

で、FileZilleしか使わないことに徹底することにしました。
元々両者とも使っていたのですが、FileZilleの
使用率は20%位?
どぉしても使い慣れたgFTPをクリックしちゃうので
思い切ってアンインストールしちゃいました。

screenshot-from-2016-09-21-07-33-02

対応プロトコルは少ないのですが、SFTPに対応していれば
十分なので、今後GUIのFTPツールはFileZillaのみに決定!

と言っても、拙作サイトのようなブログにはFTPツールが
備わっているし、ちょっとしたテキスト編集ならコマンドで
やってしまうので、出番は少ないのですが。

Posted in Linux, アプリ | Leave a comment

Vivaldi

某linux系月刊誌の立ち読みで
ユーザーサイドでのフレキシブルな
カスタマイズが可能というブラウザーが
オススメフリーーソフトとして掲載
されていました。

目を引いたのはタブを横に置くと、
複数ページのサムネイルが表示されること。
3つ4つ開いておく分には大変便利かと。。

https://vivaldi.comVivaldi

サイトへ行き自分のOSにマッチしたものを
ダウンロードします。

拙生の環境ではVivaldi 1.4 64bit DEB。
RedHat系用のRPMも置いてあります。

ダウンロードして早速インストール。

# dpkg -i /パス/vivaldi-stable_1.4.589.11-1_amd64.deb

エラーを履きました。^^;;

dpkg: 依存関係の問題により vivaldi-stable の設定ができません:
vivaldi-stable は以下に依存 (depends) します:
libappindicator1 …
しかし: パッケージ libappindicator1 はまだインストール
されていません。

ではと

# apt installl ibappindicator1

としてみましたが
libappindicator1 : 依存: libindicator7 (>= 0.4.90)
しかし、インストールされようとしていません

で、アドバイス通り
# apt-get -f install

を実行するも失敗し結局

# apt autoremove
# apt install libappindicator1
# dpkg -i /パス/vivaldi-stable_1.4.589.11-1_amd64.deb

この手順でなんとかインストールできました。

使い心地?快適ですyo♪
リポートはもうちょっと使いこなしてからにします。

Posted in アプリ | Leave a comment