Oba-Q's Free Space >  日常 > 時事 > 声を上げる

声を上げる

人様のパソコンをいじっているときに、ブラウザ起動時の
ホームページであった某検索サイトの下の方に
ニュースなどがあり適当に開いてみました。

特にその情報に興味があったわけではなく、ご使用の
サーバーのファイヤーウォールの設定で、表示されない
ページや画像などがあるため、設定変更を施したあとの
チェックであります。

開いたリンク先を一応サラッと確認したところ機能的には
問題はありませんでしたが、記事内容に気になった部分が
あったので書いておきます。

その方は時事問題に詳しい有名作家さんでしたが、
最近複数の芸能人が米国の黒人拘束死亡事件発生後、
SNSで人種差別問題について抗議の発言をされていることは
悪いことではないが、トレンドの人種差別問題のみで、
ウイグルやチベットで行なわれている虐殺や拷問に対して
抗議の声を上げたことがあるのか、
という趣旨のことが書いてありました。

一瞬目にしただけなので本意は定かではありませんが
読み方によっては米国の事件を語るなら、ウイグルや
チベットでの虐殺や拷問を取り上げなくてな駄目でしょ。
みたいなウガッた見方もできる論調でした。
もちろんご本人の発言趣旨が記事の書き方次第で文面と
合致しているとは限りませんが。

人種差別反対の声を上げるのは良いことです。
でも今回の事件に限らず人種差別は世界中にあり、
この事件をきっかけに、例えばチベット族や
ウイグル族で行なわれている虐殺や拷問に対して
などにも目を向けて貰えれば嬉しいな。

などと書くなら納得できますが、悪いことじゃない
という表現は良いことでもないに繋がり、肯定的なようで
実は半分は否定的なのだと思うのです。
作家さんなのでそんなことは百も承知でしょうから
それを意識して半否定的に書いたならちょっと残念です。
時事問題に詳しい人がそれ程詳しくない人に上から目線。。
そんな印象を受けたからです。

拙生もホームページからブログに変更してから時系列に
沿った書き方となり、固定ページに移さない限り、どんどん
過去に流れて行きます。
時事問題に声を上げるSNSも同様ですから、トレンドの
ものに対する投稿が中心になるのは当然です。
それを否定したらSNSのメリットは激減しちゃいます。

トレンドの時事に対し誰でも同列に声を上げられる。
これがSNSの最大のメリットだと思っています。
人種問題の歴史について知らなくても、起きている
事柄の良し悪しはその時点の知識や経験から、誰でも
判断することでしょう。
頭に中で思っていても、そんなに詳しくはないからと
口にしない人が悪いと言っているわけではありません。
どこまで関わるかの判断は本人の自由です。
でもSNSという媒体を通じて、自分の思いを伝えた場合
反対や間違いの指摘など辛口のコメントがつくこともあり、
それでも勇気を持って投稿することは素晴らしいことだと
思います。
投稿するからには自分なりに調べるでしょうし、それから
発展してチベット族やウイグル族にたどり着くかもしれません。

余談ですが。。
時事問題を取り上げて毎日投稿している知人もいますが、
新聞を読まなくなったので、その対応作としてSNSを
始めたら、目論見通りいろいろ調べるようになったとかで、
今じゃまるで評論家さんみたいになっちゃいましたよ。ww

Posted in 時事 | Leave a comment

さてなんでしょう?

改造して黒く塗ってみました。
白の花模様は連れ合い作です。

DSC_0195


連れ合いがいなくなったと思ったらクリアファイルを
くり抜いた型を作ってきました。
白いペンキを吹きかけたて花模様とし、固着させる
クリアのペンキを吹きかけて出来上がり。
クリアファイルですから、貼り付けても面から
少々浮くので、そこにペンキが入り込むのですが
それがなんとなくボカシっぽくていい感じです。
最終型は蓋にも模様がついて花模様だらけ。ww

で、正解は漬物箱でした。(笑

先日書いたように作業場の一部は義理母様の
漬物箱に占領されておりましたが、以前のように
人様におすそ分けをすることが減ってきたことと
逆にご近所さんからいただくことが増えたため
作る量が半分になり、近年は無駄に大きいだけ
だったので縮小してみました。
漬物樽(大)3個だけ入る大きさです。
ちなみに全盛期?は5個入る箱が2つあり、
漬物屋ができそうでした。(笑

すべて以前の廃材利用です。
新しく使用したものはコーススレッド(木工用ビス)と
塗料のみです。
以前のものはすべての面に断熱材を1枚貼ってありましたが
厳寒の年には稀にシバれるときがあったため、寒気が潜り込む
底は断熱材+底板+断熱材とし、更にきっちりハマる大きさは
残っていませんでしたが、端材をもう一枚敷くことにしました。

今までは戸棚に付いているような取っ手でしたが、なにかと
その出っ張りが邪魔になることがあったので、細引き(ロープ)
を取っ手にしてしまいました。
出来上がりはイイ感じです。v(^_^

これでまた美味しい漬物がいただけます♪
手前味噌ですが義理母様の漬物は売り物にできると
思えるくらいの一級品であります。@特に鰊漬け

* コーススレッドと書きましたが実際に使った木ねじは
  プレミアムという、打ったときに木材が割れにくい
  ものを使っています。

Posted in 日常 | Leave a comment

らしくなってきた。。。?

作業台が増える度に考えてしまうのは常駐させる
工具類です。
アンプ製作作業場、第2事務所、拙宅作業場1と2、
それに仕事車に積むもの。。。
作業内容によって特殊な工具が置いてある場合も
ありますが、一般的な工具は同じものがあちこちに
置いてあることになります。
で、新しい作業台に置くドライバーやペンチ・ニッパなど
を決定し、いよいよ取りやすいような加工に入りました。
電動工具が必要なときは、ドア1枚挟んだもともとの
作業場に取りに行くことに決定しました。

DSC_0187

最初は工具をぶら下げる予定でいたが、木材に穴を空けて
挿し込む方式に変更しました。
ドリル刃もよく使う刃だけを木・金属別にして、
サイズ順に空けた穴に挿しておきました。
照明と扇風機もつけて、蚊取り線香も用意。ww
なんとか作業ができる状態になりました。

亡き義理父様が使っていた木製の古いプラスの
ドライバーを片付け途中で見つけたので、捨てるのも
忍びないので、とりあえずそれを挿してみましたが
きっと近いうちに取っ手がラバー製の絶縁ドライバーに
変更されるでしょう。。。

物置場と化していた今までの作業台の奥にある棚が
やっと見えてきました。
修理完了時に奥に押しやったFL-2500と、横に置いた
製作途中のGU74Bx2のソケット回りのほんの一部が
見えるようになりました。
もうじき取り出すことができるでしょう。
GU74Bx2は依頼されたもので、途中計画変更で中断、
ご自身で入手された高周波電源をモノバンドに
改造してあげたため残っているもので、自分で使うために
作ったわけではありませぬ。

格好はそれらしくなってきましたが、もうちょっとですね。

Posted in お仕事, アマチュア無線 | Leave a comment

gm測定・・・?

もう6月・・・光陰矢のごとし・・・

さて6月に入って早速友電長電話です。
MT管gmメータってどぉ作るんだい?ときました。
拙生が作れるなら自分でもできる。。。と
思ったのでしょう。w

精密なgm測定を行おうとするならいろいろな
仕掛けを仕込んでおかないといけませんが、
拙生の作ったもので言えば、正常な球と比較して、
使えるかどぉかの判断ができる程度のもので
測定値の精度は、決して高くはありません。
簡易gm測定器であり、精密測定はできません。
それでイイのでも教えろというので長電話になりました。

gmはgm=ΔIp/ΔEgという実に簡単な計算になります。
直流的には球の定格か設計の動作点にセットして、
グリッドに正弦波を入力し、その時のプレート電流が
読めればどのような方法でもOKです。

メーカ製のように全てを同一筐体内に収める必要はなく、
拙生の場合は、電源・発振器外付けで、電流および電圧は
テストポイントを作って対応しました。

ヒータ電圧は3〜12.6Vまで可変できるDCの小さな
定電圧電源で十分。
プレート電圧は150〜300V程度可変できるもの。
SGはプレートに接続してもOKですが、拙生の場合
100〜250V程度可変できるものを用意しました。
バイアスは0〜-50v程度可変できるものとし、
印加電圧を測定する球の定格に調整します。
その際の電圧測定は全てにテストポイントを作り、
デジタルマルチテスタ(DMM)で測りました。
比較という意味では、同じ種類の球を測定する限り、
一度設定した印加電圧は変更しません。

1000Hz100mVrmsを入力するための発振器は
手持ちのオーディオシンセを流用しました。
シンセの出力レベルは信用できるものなのですが、
dBm表示しかないものは計算するか実測のどちらかで
調整することになります。

直流印加電圧が一定、入力(ΔEg)も一定なら
ΔIpが大きいな値を示すほどgmが高いってことです。
直読できなくてもプレートに流れるがΔIp読めれば
gmも計算できちゃいます。
もちろんΔIpは正弦波分だけを見るので、通常は
プレート回路に100ΩΩ程度の抵抗を挿入し、
両端に直流をカットするカプリングCを入れてDMMの
ACレンジで電圧を測ることで、オームの法則で流れる
電流値を計算することができます。

文書で書くと面倒そうですが、発振器と電圧可変できる
電源、DMMがあれば比較的簡単に作れてしまいますし
計算も小学生の算数程度ですよ。
発振器がなければ穴開き基盤でチョチョっと作れます。
どぉせ作るなら片側だけ使えばOKですから2トーンに
しておけばIMD測定なんかにも使えちゃいます。

本体部分は同じピン数でも配列が違うものもあるため、
7ピンソケットが3個、9ピンソケットが2個で、それらの
共通電極をパラ接続し、後は外部電源につなぐソケット類と
テストポイントの端子がいっぱい付いているといったものです。

原理が分かればあとは工夫次第です。
工作に自信があれば1つの筐体に収めることもできるでしょう。

良好な球を一度計算して記録してしまうと、それを基準として
良し悪しがわかる程度のものなら、そんなに難しくはないよ
ということを書きたかったのですがとっ散らかりました。

回路図ないかって?
拙生のなぐり書きよりちゃんとしたものがネット上に
いくらでも落ちてますって。
作ったやつはどこが壊れたのって?
球の抜き挿しを何度もやっているうちにソケットの
バネがバカになって接触不良になってしまったけど、
ソケットを交換するのが面倒なだけですって。ww
今使ってるメーカ製がコケたら、きっと修理する気が
起きて返り咲きするでしょう。(笑
ただし使用していた電源トランスは、現在製作中の
ユニットを試験するための電源になっているので
回収してこなくてはなりません。

最後に・・・
一般的にはgmが30%落ちたら不良品とされますが、
用途によっては使える場合もありますし、10%しか
落ちなくても気になるようなシビアな用途もあります。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

さっぱり進まん。。。

リニューアル中の作業場は毎日少しずつですが
前の作業台を片付けたり、新しい方を使い勝手が
良くなるようには頑張っているのですが、さっぱり
片付きません。。。
本日も頑張っていたのですが、途中で以前調子が
悪く叩きおろしてくれと依頼された3.5MHZの
短縮ダイポールに使われていたローディングコイルが
出てきたら、どぉして調子悪かったんだろうなどと
考え始め、防水用のカバーをベリベリとメクッて
ホルマル線の表面が数ターン分削げて、中の銅が
むき出しになって錆びているのを確認し、
な〜るほど。。。なんて納得していたり、
同じ場所に置いてあったコケた4KWバランの修理を
始めたり、製作途中の自作バランを見つけては
仕上げてみたり。。。。
そんなんじゃ片付けは終わりませんよね。。。^^;;;

片側のローディングコイルだけNG。

DSC_0184

カバーは無傷でした。
正真正銘の200W局ですが、どんなことをしたら
こんなふうになるのか。。。甚だ疑問です。

DSC_0185

一応作業台は物置ではなく作業できる十分な
スペースを確保しているし、配線も終わったので
照明もハンダゴテもOKですから、いろいろやりたく
なるのは仕方ありませんが、ここはぐっとこらえて
2〜3日は整理整頓に勤しむことにします。

Posted in お仕事, アマチュア無線 | Leave a comment

廃棄決定の球達

持ち込んだ荷物の片付けは着々と・・・
って言いたいところですが、チェックしながら真空管を
整理しているので、とりあえず他のものは置きっぱに
なっています。^^;;

チェック自体はかなり進みました。
残念ながら駄目っぽな球もだんだん増えてきてます。
殆どがエミッション減ですので復活させる方法はいくつか
思いつきますが、結構な手間ひまをかけて復活させても
結局はもうじき逝かれる運命にあるので、よほど貴重な
球でない限りはポイすることにしています。
ちなみに昔やったゲッタの付着物を火で炙って
蒸発させる方法は一種の掛けなので現在はやりません。

エージングだけで復活するときもあります。
ただしこMT管のエージングは大型送信管と同様に
ヒータのみを長時間点灯させてはいけません。
他の電極に電圧がかかっていないと、放射された電子が
行き場を失った状態でヒータやカソードの周囲に
まとわりつき、表面を劣化させてしまいますので
やっても30分以内にとどめておきます。
長時間のエージングは各電極の電圧を掛けて
行ってください。
球にもよりますが、大型送信管でもフィラメンのみの
エージングは半日程度、それ日以上エージングしたいときは
低くても良いのでプレート電圧を掛けて行います。
小型受信管だと2極結合してプレート(+グリッド)と
カソード間の10V程度掛けておくエージング方法がありますが、
送信管ではやったことはありません。。。

残念ながら廃棄決定となった球達@MT管編

・12AX7 x1 
  現状でギリ使えますがすぐに交換時期がやってきます。
  12AX7は残り5本なんのでなんとかしたかったのですが、 
  使用目的からして代用できる12AZ7や12AU7あたりが
  あるので処分としました。
・12BA6 x2
  トランスレスのラジオからの外し品。
  2本のうち2本とも駄目でした。
  こわれても良いのでヒータに19V掛けてみたら、
  なんとか使えるレベルに。ww
・6BA6 x3
  40本ほどチェックしましたが、この球ほど差が
  大きいものは他にはありませんでした。
  良品のものが多くあるので、ギリは廃棄ということで。
・6J6 x1
  カソード共通の双3極管です。
  VHF用のクリコンMIXerで使うつもりなののですが
  7本のうちの1本が駄目でした。
・12AU6 x1
  あれ?この12AU7ちっちゃくねぇ?
  と思ったら12AU6でした。(笑
  12v球はあまりおしくりませぬ。
・6AU6 x2
  こっちはおしい方の球ですが在庫数が1番多い
  球なので、2本くらいは廃棄しても痛くはありません。
・6AQ8 x1 
   双3極の片方だけ死んでいる。
   片方だけ使えてもねぇ。。。
・3CB6 x1
   合わせると在庫数が2番めに多い3CB6/6CB6ですが
   駄目っぽ球が1本しかなかったのは優秀です。
   おっと、訂正です。
   合わせなくとも6CB6だけで在庫数第2位でありました。
・6DT8 x1
   3本しかないうちの1本で貴重ですし、まだギリ
   規格内ですが、同等品が多数あるので廃棄とします。

いまのところこんなもんです。

6AQ5をチェックしていたときやけに元気な球があり
よく見ると5AQ5でありました。
ヒータ電圧を規定より1V以上高く掛けたのですから
元気が良くて当たり前。。。とういうオチでした。w

製作途中の物ももちこんであるので片付けが
終わらないと製作が再開しませぬ。。。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

雷鳥グレーアウト

友からの質問です@電話

Thunderbirdで新しいプロジェクトのメールを
振り分けるのに、サブフォルダを作くろうとしたら
サブフォルダ名がグレーアウトして右クリックメニュー
から削除しようとしても出来ん。。
どないしたらいいねん?
ですって。

想像するにフォルダ名に使用できない文字かなんか
使って失敗したのでしょうね。ww

そんなときは慌てず騒がず、サブフォルダではなく
親フォルダの右クリックメニューから購読を選択し
ぶち消したいけどグレーアウトしてぶち消せない
サブフォルダのチェックを外してみてください。
ぶち消しが成功するはずです。

ちなみにグレーアウトになるのはなにかに失敗したため
ローカルにだけフォルダが残りImapサーバーには反映されて
いないという状況のときになります。

サンダーバード2号に積載されているジェットモグラ。。。
こいつがあればタワーの穴掘り楽だろうなぁ。。。
あ、独り言です。無視しちゃってください。www

Posted in アプリ | Leave a comment

ピン磨きは必須

昨日の続き

せっかく多段の部品ケースに整理して仕舞うので
以前にやったあと長い時間が経過している6CB6等も含めて、
すべての球のチェックを行い、駄目っぽのやつは
思い切って廃棄してしまうことにしました。
ナニかの作業の合間とか、暇を見つけてやっていますが、
完了したのは6BA6/12BA6・6BZ6/3BZ6・6JH6・6DK6で
現在は6AK5に手を付けたところで止まっています。
先は長いので気長にやります。

ピン磨きは必須@長期保存球

測定器にかける前に球のピンに洗浄剤をかけてから
樹脂製のブラシで擦って汚れを落としますが、落としきれて
おらず残った汚れで接触が悪いと、球本来のスペックの
測定値にならず、必ず悪く表示されます。
なので、駄目っぽ球と思っても、再度ピンを磨いて試すと
まともな球であることも多々あります。
2〜3度やって改善しないならそこで初めて廃棄決定となります。
磨かないとヒーターが灯らないことすらありますよ。

友が拙宅ジャンク箱から駄目になった6AQ8の交換用を
漁っていって、9R59Dに挿したら全く動かないと
突っ返されたことがありました。
拙生 ピン磨いて挿した?
漁友 未使用だもの、そのまま挿したよ。
拙生 駄目じゃん。。。
箱入り未使用でも真空パック保存でもない限り、長時間の
放置プレーはピンの表面が酸化し劣化します。
ということで磨いて再度試させたらバリバリ動いた、
といったこともありました。

MT管は挿しシロが浅く、中央がへそで出っ張っている
ソケットなどでは、球がグラつき非常に不安定です。
拙生が極力バネ付きシールドケースを使うのは、球を上から
押さえ込んで固定するためです。

バネ付きシールドケースを使わない場合は、
球の座りが良いソケットを選択しますが、更に
ソケットの受けと接触が良好になるように、ラジペンで
ピンをほんの僅か外側に曲げておきます。
やり過ぎはいけませんよ。w

高1中2などで利得に余裕が7ない場合、6,3Vのヒーター電圧が
ピンの接触不良で6Vまで下がったら、gmにどれだけ影響を
与えるか分かっている方は、中古球のピン磨きを面倒だなどと
決して言わないでしょう。

もちろんピンだけでなくソケットの受け側も同様です。
ピンをくわえ込むバネが弱く、なんの抵抗もなく球が
スルッとさ挿さるものは論外です。
ピンとの接触面はアルコールをつけて、駄目っぽの
球を使って抜き挿しすることで汚れを取ります。
注意することは駄目っぽの球はピンが変形していない
ものを使うことです。
最後にコンプレッサでプシュ〜しておきます。

いくら金メッキしてあっても長時間放置した際は
必ずやりましょうね。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

チューブ・チェッカー

自作のMT管用チューブチェッカーが壊れて久しいので
三●無線の古いやつでクラス分けしています。

このチューブ・チェッカー・・・調子悪。。
ショートのレンジがおかしくて、実際に使えてる球や
未使用の球もショートですよぉ〜とネオンランプが
点いちゃいますので、測定器をそのまま信じたら
ほとんど捨てなきゃならなくなる。。。
メンテしなくっちゃね。

DSC_0175

球の程度をチェック中

DSC_0183


写真は6BA6のgm測定中です。
球によって初期設定が異なるので、一度セットしたら
まとめてやっちゃいます。
古い測定機なので絶対値の信頼性は薄いのですが、
未使用の球と比較して劣化の具合を相対的に評価します。
本来4400μS程度の未使用の球を何本か測定したら
全部3000弱のメータ表示だったので、それを良品の基準にし
クラスAとして、2700程度はクラスB,2500以上あれば
クラスCに分けてます。
この程度なら実機で挿し替えてみても、測定上でも
体感上でも、そんなに大きな出ないでしょう。

以前やったものもあるのですが、いつの間にか
ごっちゃ混ぜになってしまいました。
まだ途中ですが、とりあえず使えないほど劣化していた
ものが3本あったのですが、諦めが悪いのでピンを磨いて
長時間エージングした後再測定してみます。
それでも駄目ならポイしかないですね。

6BA6ならまだ数が少ないほうですが、ごっちゃ混ぜに
してしまった球の中では、6AU6あたりだと数があり過ぎで
気が重たくなります。。。

次に多いはずの6CB6は分別されてますが、ずいぶん前の
測定なのでやり直しが必要かも。。。

Posted in アマチュア無線 | Leave a comment

リニューアル

仕事の作業場をリニューアルしました。
今までもやろうとしていましたが、モノが多すぎて
手を付けるにも尻込みしておりました。(笑
モノが減ったことで今しかないと決行。
とりあえずスチール棚と板で使いやすいように
作ってみました。

DSC_0179


スチール棚2セット、天板や棚になる木材のみ
ですから僅かな投資ですが、電源線を引っ張ったので
コンセントと照明器具の取り付けて、工具用のネットも
取り付けたのでそれに主要工具をぶら下げたら、立派な
作業台になります。
今までの作業台はそのまま測定ベンチとして残します。

などと書くとまるで自主的にやったみたいでしょ。
作業場の惨状を見かねた連れ合い主導でございます。。ww

Posted in お仕事 | Leave a comment