Oba-Q's Free Space >  お仕事 > 稚内21日目

稚内21日目

宗谷岬通信ラックを設置した館内の配管でした。

午前中は本業のみでしたが、午後から相棒は
昨日の東浦局のラック型ボックスのパンチング
や配管に抜け、拙生は明日の建柱のための下準備に
入った作業員の管理を行ったため、本業は半日くらいしか
出来ませんでしたが、結構時間がかかった数ヶ所のコア抜き
作業があった割に館内と埋設管が立ち上がる外壁まで
プールボックスとPF管の配管を終えることができました。
本業の方はすこぶる順調なんですけどねぇ。。。

明日の建柱は基礎のトラブルのため垂直が出るか心配です。
いろんなやり方がいろんなところから飛び出しましたが
今回だけは拙生のやり方を押し通す事に。
もう失敗は許されません。
例え許されてやり直しになっても、後作業の我々は流石に
25日以降の延長は無理ですから。
最悪どぉしても終わらなければ相棒は無理なので
拙生のみ残るという以外に選択肢はありません。
宿が取れなければ日帰りですかぁ?^^;;
ま、29日は日帰りで来ますけどね。@試験放送立会

避雷針は明日建柱前に取り付けてしまいますが、
アンテナ取り付け金具はごっついので建柱後になります。
とある事情でクレーンが使用できない!?
ま、土木の失敗が元凶なんですけど、人力じゃちょっと
無理じゃぁないですか?

どぉしてもやれと言われりゃやってはみますが、
無理なときはきっぱり無理と言います。
きっとクレーン使用になるのですから最初から
使いましょうよ。(笑

ところでサーバーの1台が結構な頻度で再起動し、
起動中にメンテするかそのまま立ち上げるのかを選択する
画面で止まるので、キーボードを叩かない限りその画面から
抜け出せず、人に頼んで抜けてもらう状態なのでユーザーに
迷惑を掛けてしまってます。
原因はメモリ上のデータの破損によるカーネルパニック?
物理メモリのハード的な不具合ではないかと睨んでいます。
帰ったらすぐに対応しなくてはなりません。

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内20日目

丸一日東浦で本業ができました。v(^_^
同軸ケーブルと(10D-2E)と避雷針の鬼撚り線
(60SQ)の固定とBOXへの引き込み、受電と光の
配管引き込みなど、ほぼ終了することができました。

同軸ケーブルはPF管を使用してステンバンドで固定。
鬼撚り線は専用支持金物をポールバンドで固定します。
埋設済みのアース版には端子ボックスを通して接続。
これが意外と大変なんです。
ボックスの両端はビニールパイプで保護されていて
それを通してからボックス内に取り込み、端子台までの
短いスパンで端子付(ネジ2本)とロー付けをしなくては
なりません。
パイプが溶けるので熱が行かないようにプライヤー
などで鬼撚りを挟みロー付けを行います。
ボックス内の鬼撚りは10cm程度で60SQですから
なかなか言うことを聞いてはくれません。
それでも上から来るものは比較的楽にできますが、
埋設されたアース版に向かう方は端子の穴が
下向きですからそのままではロー付けできません。
10cm程度の鬼寄りを思いっきり曲げて下向きにし
穴を上に向けてロー付けするのですが、一旦癖の付いた
60SQ10cmの硬銅線はなかなか元に戻りません。
楽をしようと多少余裕を保たせて鬼撚りを切断すると
弛んでしまいピンと張らずダメ出しが出るでしょう。

そこはごまかしの天才。。。
アース板に向かう下側は地面に潜りごまかしが効くため
多少余裕を保たせて楽に接続した後、端子ボックスの
固定金物を緩めて、ボックス自体を少し下げることで
上側の弛みを取ってしまい、下側のたるみは地中に
隠してしまう。。。。
あ、そんなズルは拙生はやりませんてば。。。ww
実際やってみれば分かりますが、生真面目にやる
半分程度の時間でやっつけることができます。

本日のトラブル@ちょっとだけ残し

機器収納ボックスには予め引き込み用の穴が開けられて
いましたが34φで、このサイズはPF管28のボックスコネクタ
用であり、10D-2Eに使用したのは22です。
最初からから聞いていれば28を使用したのですが時すでに遅し。。。
22-28の変換アダプタなんてのは車に入っていないし
ホームセンターでは売っていないでしょう。

もう一個。
収容ボックスに入るFEP50は細い光ケーブルなので
一旦プールボックスで受けて細いPF管で入線させる
つもりでしたが、FEP管を直接BOXにつけるとのこと。
持ってきた75φのホルソーはプールボックス程度は
開けられますが、収容ボックスの鋼板は無理です。
明日油圧パンチや超硬ホルソーを近間で借りれるか
調べますが、駄目なら購入しなくてはならず、
60φ以上は後から使うこともないでしょうから
穴一個のために15K円・・・痛い出費です。
しかもこれ、サービス作業だったはずですけどぉ?!

東浦はモノが揃うまで作業は出来ないので明日は
宗谷岬で館内作業を行います。
外は23日の建柱後です。

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内19日目

朝一で宗谷岬基礎の開口部を確認したところちょっと
イビツなことが分かりましたが、なんとかなりそうな
サイズになっていました。
久しぶりに酸素濃度系の数値を睨んで送風機の
風を浴びながら、開口部の底での作業でした。

9時ちょっと過ぎから東浦に移り450Kg、中に
機器類を入れると650KgのBOXをマスト途中に
取り付けました。
取り付け金物はそれなりにごっつく、用意に
昼間でかかり、昼過ぎに来たユニック車で
吊り上げてなんとか収めました。

ちょうど終わり頃に宗谷岬の埋め戻し・整地を
終わらせた土木部隊が重機2台で到着。
埋設シートを敷いて最後の埋め戻しと整地を
やったので結局我々の本来の仕事は何もできずに
今日一日が終わりました。

風もなく穏やかな天気でした。
明日も穏やかという予報ですので明日こそ
本来の仕事の勝負です。

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内18日目

東浦は午前中に建柱、避雷針とアンテナの
取り付けが終了しました。

午後からは光と受電用の配管2本を北電柱に設置。
地中で異種継手なるものを使ってFEP(埋設管)につなぎ
送信設備まで引き込みます。
弱電用埋設シートは明日届くので、最終的な埋め戻しは
明日以降になってしまいますが。

その後アンテナまでの同軸ケーブルと、避雷針の
鬼より線を接続。
ケーブル固定は明日以降となりました。

ところでこの避雷針。
初めて取り付けるメーカでしたがチョイと手こずりました。
避雷針なんてどこのものもたいして変わらんだろうと
高を括っていたら突針を取り付けるパイプの支持金物が
マストに入らない。。。^^;;
小型の避雷針なのでパイプは48.6φ3mの鋼管で、支持金物は
サイドベースみたいに2ヶ所の受けにパイプを挿し込むように
なっているのですが、上部は突針のカプラで受けの内径より
大きいので入りません。
では下部から滑り込ませるのかと試すと、アース線をつなぐ
端子の受けが突起していて、金具の隙間より大きいため
これも入らない。
入手したメーカーの札幌営業所は電話が繋がらなかったので
関西の本社に電話して尋ねてみると、なんと金具の隙間を
ナニかでこじって隙間を大きくして下から入れるとのこと。
きっとそれしかないような気がするけど、まさかそんな
乱暴な方法ではなく気づかないもっと簡単方法が
有るのだろうと連絡してみたのですが笑うしかありません。。。

金具は5mm厚くらいの鋼板をパイプがぴったり収まるサイズに
円形に曲げたものであり、10mmくらいの隙間があるのですが
その隙間をあと5mmくらい広げないと突起した部分を通り
抜けることはできません。
万力やバイスプライヤなどがあれば楽なのでしょうが、
そんなもんは持ってきていないしぃ。。。
仕方ないので2本のラチェットレンチのシノ(お尻)の部分を
突っ込んで力技で開きましたが、チャレンジすること3回。
頭に血が上って顔が熱くなるほどの力を入れてやっとやっと
でした。。。
小型でこんな感じです。
次につけることになるやつはパイプが60.5φ6mです。
どんな支持金物か見ていないのでドキドキもんですって。
もうこのメーカの避雷針は関わりたくありません!

東浦から宗谷岬の現場に行ってみると土木部隊がハツリを
終わらせていました。@早い!
簡易的にサイズを測って大丈夫と踏んだらしいのですが
明日朝一の明るいところで再確認を依頼されたので
相棒と二人で確認します。
せっかく本業が始められたのに逆戻りですねぇ。。。
明日は東浦にラック式のボックス(450Kgあるらしい。)が
搬入されるので、サッサと終わらせてそちらの設置配線に
入ります。

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内17日目

本日は2ヶ所の型枠解体、出来高検査、一部埋め戻しでした。
型枠解体に本職の業者が多忙のため来れないため
素人5人衆での作業でした。
ま、小さな基礎なら自分独りでもやったり、大きな
基礎でも手伝ったことは有るし、よく観ている
作業なのでなんとかこなし、出来高検査も無地終了。
気づいたら今回も拙生と本日から稚内入りした相棒が
メインになって動いていました。。。^^;;

東浦の埋め戻しの途中で日が暮れておしまい。
時間的には埋め戻しは最後まで出来たのですが、
拙生の用意した低圧用埋設表示シートの他に必要な
弱電用が行方不明であることが発覚。
作業はここでストップとなりました。

いろいろ探しても見つからず、他の現場(宗谷岬)で
最後に触った人に尋ねてみると、札幌に持ち帰ってしまい
車の中に入っているとのこと。^^;;
土曜日に現場に入る人が持ってくることになりました。

トラブルが起きた宗谷岬は土曜日23日にハツり
火曜日午後に建柱が決定しました。
つまりここまで宗谷岬のの本業の作業はできないわけです。
相棒に24日と25日(23日はNG)の作業を無理っクリ
お願いし突貫工事でなんとか終わらせる見通しが立ちました。

とは言っても、結局拙生は23日までの予定でしたが25日まで
伸びてしまったわけで、25日の札幌の仕事はなんとかずらして
もらうことになってしまいました。
ホテルは2人で3泊分増えましたが、拙生の1泊分だけは
グレードが低い部屋しか空いていませんでしたが、ホテルを
移動するのも面倒なのでお願いしておきました。

明日は東浦の建柱でクレーンが来ますので、建込み前に
重たい避雷針やアンテナ取り付け金物を楽チンできるよう
事前に取り付けてしまうために朝早めに現場入りです。

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内16日目

準備・準備・準備で終わりました。

トラブルが発生した現場が意外とスムーズに
補修方針が決定し、構造計算のし直しでも問題ないと出て
準備もスムーズにいったため明日から現場再開です。
工程に従って必要な部材を2ヶ所に分け、当初の
予定である並行作業を、1ヶ所ずつ終わらせていけば
工程に大きな遅れは出ないという計算らしいですが。。。

しかしそれはあくまで土木工事の話であり、その後の
我々の仕事は並行作業でうまく暇な時間を作らないように
間に合わせる作戦wだったので、普通にやれば絶対
納期からはみ出ます。
すでに本業の方がかなり進んでいなきゃならないのに
明日と明後日の午前中までは土木のお手伝いなんです。
目処がつかなきゃ我々の仕事は始まりませんから。。

後は普通でない働きぶりを発揮するか人数をかける
かしかありません。
現実的には人を入れるしかないでしょう。

明日の始業はは30分早いのでサッサと寝ることにします。

おっと、はつりに来るときに酸欠対策の送風機は指示
していましたが、酸素濃度計を言うのを忘れていました。
明日一番のToDoにメモっておかなきゃ。

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内15日目

昨日のトラブルにより休工になってしまいました。
トラブルって不思議と続くものですから、
仕切り直しと言う意味では良いのですが、やはり
後の工程を考えるとますます厳しくなってしまいます。

午前中はホテルで整理業務やこれから工程について
アレヤコレヤと考えていましたが、元請けから明後日に
取り付ける避雷針のロー付けを用意していなかったので
なんとかならないかとの電話が。
ロー付けには黄銅ろうと融かすトーチ、それにフラックス
などが必要ですが、車に有るのはロー付け後のフラックスの
残りを清掃するブラシくらいです。(笑
(フラックスが残っていると錆びやすいので。)
で、午後から買い出しに行ってきました。

それ以降はボーッと過ごしていました。
TVはつけっぱなしですが観るわけでもなく
パソもつけっぱなしですが操作するわけでもなく。。。
ただただボーっとです。(笑

一番大きな現場が止まっているので明日もすることが
少ないのですが18日以降は地獄。。。?
準備を怠らず段取り9.5分くらいでやらないとね。

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内14日目

事件です。トラブルです。。。

朝から事は全て順調に運んでいました。
ポンプ・ミキサー車が来る前に、中には石ころ
一つ落とせないスパイラル管の開口部を塞ぎ
再度垂直を確認して準備完了。

ポンプ・ミキサー車が到着し、今度は先ナマも
ちゃんと来たのでこちらも準備完了。

ミキサー車から試験用の生コンをもらい、空気量の
測定などを行った写真撮りも完了。

いよいよ打設が始まりました。

スパイラル管の入った柱部の打設にはいくつかの
注意が必要です。
・バイブレーターを使いすぎないこと。
・打設はゆっくり何段階かに分けて打つこと。
さもなくば型枠が膨らんだりスパイラル管が変形
したりしてしまうと言われているからです。

経験は一度もありませんが絶対経験はしたくないので
バイブレータの使用は程々にさせて表面の仕上がりを
良くするために、型枠を木槌でコンコン叩いて
もらいながら3段階に分けて休み休みでゆっくりの
作業でした。
で、ここまで打ちますよというラインに打ち付けた
面木まで生コンが達しようとしたときに・・・
いきなり生コンの表面がボコっと沈みました。
てっきり型枠が破裂したかと辺りを見渡しましたが
なんともありあせん。
もしやと思い塞いだスパイラル管の養生を恐る恐る
外してみると、内側に押されてへっこんだ形に変形
しているという最悪の事態です。(泣
変形は上下50cm位を残し真ん中2m以上に渡り最大
20cmはへっこんでいるでしょうか。
マストも入らないでしょう。
更に型枠にちょっとした衝撃を与えると、管はさらに
へっこんでしまう始末です。

こうなったらもうどぉにもなりません。
へっこんだ部分だけでも概算で1トン以上でしょう。
人力で押したぐらいでは全く歯が立たたず
パイプサポートやジャッキでは相手が逆に押されて
出っ張ってしまうでしょう。
もちろんそれよりそんな状態のなかでの作業は
させられません。
管が更に変形すれば何トンもの荷重で作業員が
潰されてしまいます。
3.3mの深さの管内の作業には酸欠の問題もあります。

とりあえず固めてしまい穴を塞ぐ分を削ってしまうのが
最善策と思われ、その工法の許可が降りれば酸欠の
対策をしながらはつることになるでしょう。
もともとマストと基礎の隙間はモルタル充填ですから
削りの多少の表面の仕上がりの悪さは強度的に
問題はないはずですが、そこは強度計算した建築
事務所の再計算を基にした発注先の判断になります。

ところでなぜ減っこんだのでしょうか。
今までこんな経験はありません。
紙で出来たボイド管でもそんなことないんですけどねぇ。

現場を引き上げる時辺りから雷鳴が聞こえ、ホテルへの
帰路では嵐になり、雷と大粒の雨と強風・・・竜巻が
発生してもおかしくないような状態でした。
ホテルに着いてからも雷の連続で、ピカっとドーンが
ほぼ同時なやつも2度ほどありました。
風雲急を告げる・・・ってやつですかね。
またもや本業の方の工程が短縮されそうです。

オマケ写真

バイブレータに使用する200V専用発々。
4KW(正確には4KV)ですから1KWアンプには使えそうです。
このようなときに考えるのは不謹慎?^^;;

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内13日目

記念塔の作業が終了しました。

本日はTTLのアンテナとGPSアンテナの取り付け、
ケーブルコネクタ処理のみ残っていました。
TTLアンテナは160MHz台の3素子ステンレス製で
軽いのですが、90φのマストに取り付ける金物は
ごついものです。

フランジに足を掛けて作業しました。
フランジに使うボルトは下から挿して上側で
ナット締めなので、ボルトのお尻が足の裏に
当たり、最初は土踏まずの辺りのマッサージ
になって気持ちよかったのですが、次第に痛くなり
途中で底の厚い安全靴に取り替えるために
下に降りたときには、足の裏が攣りそうでした。^^;;

ま、なんだかんだで11時過ぎに作業は終わり
エレベータ2回分の工具や残材を下ろし終わったのが
ちょうど12時ころだったでしょうか。
午後から予定していた作業が出来ないことが
分かったので、相棒を早めに解放してあげました。
18日に再度稚内に入ります。


     記念塔の有る稚内公園の中腹から見える光景。

で、ホテルに帰ってパソに向かい今までの出来高や
今後の工程を整理していたら明日宗谷岬へ入る業者から
基礎柱部の生コン打設のレベル出しの一部に不安が有るので
ちょっと見てきてほしいとのこと。^^;;
結局ちょっと(往復60Km)走って確認してきました。

不安だった案件は大丈夫でしたが型枠を組んだ後の
養生シートが強風でめくれており、型枠によじ登って
養生し直してきました。
またもや余分な仕事を。。。とブツブツ言いながら
走っていきましたが、養生の不備を見つかる前に
直せたのはラッキーでした。
ただしこいつも拙生の仕事ではないのですが。。。


    先日大脱走した牛達。

明日はフーチング(逆T型)基礎の柱部の生コン
打設で、これだけは立会をしなければなりません。
単なる柱だけでななく中心にマストを収めるため
円形の穴を作るためにスパイラルという大きな筒が
入っており、この垂直を崩さないよう気遣いながら
ソロソロと打たなくてはなりません。
打設時間を短くするために一気に打とうとしたときに
怒るのが拙生の役目であります。ww
一気に打ってスパイラルの垂直を崩されると、
傾いたマストに昇らなくてはいけませんから。。。

Posted in お仕事 | Leave a comment

稚内12日目

本日は朝からずっと地上高80mの屋上作業。
風はそこそこ強かったもののケミカルアンカーを打ち
アンテナのベースを固定、その上もフランジでつなぎ
アンテナを取り付けるだけになりました。

館内の配線は終えていましたが、屋上に引き出すには
当初必要がないかもと言われていたコア抜きが
どうしても不可欠なことが分かり、20cm厚のコンクリを
ガリガリやる羽目になってしまいました。
しかも斜めに。。。
しかしその部分は相棒がほぼ全部やってくれたので
拙生はかなり楽チンさせてもらいました。
後はアンテナを2本付けコネクタ処理でオシマイなので
明日は午前中くらいでケリがつくでしょう。

午後は遊べるじゃん。ですって?
いえいえ、15日に宗谷岬ベース柱部の生コン打設ですから
本日の型枠組の出来栄えを見ておかなくてはなりませぬ。
相棒にはラックまでの配線に必要なプールボックスの
加工やできる範囲でのPF管を配管してもらいます。
相棒は明日で一旦札幌へ帰り18日に戻ってきます。

遅れに遅れて19日に建柱ですので、アンテナや避雷針
取り付けがそれ以降となり、土木はそれでなにごとも
なかったようにサヨナラですが、残された我々は
メチャクチャタイトな工程となり、本当に終わるのか!?
って感じですが、2人共後がつかえてますから相棒は22日、
拙生は23日までしかいることができず、それまでに
何としてでもやっつけてしまわなくちゃなりません。
はぁぁぁぁ〜。。。。@ため息です。
せめて建柱のときに避雷針やアンテナ金具を下で
取り付けて上げてもらいますか。

Posted in お仕事 | Leave a comment