HOME >  Music >  Doll$Boxx

Doll$Boxx

注意 このポストを読んではいけない人。

俺は演歌しか聴かない!
クラシックしか聴かない。
うるさいのは嫌い。

拙生は見た目も若干実年齢より若く見えるらしいですが
迎合できるかどぉかは別として、極力若者の文化に
触れてみることにしているので、若い方との交流もあり
それが精神年齢の老化に待ったをかけてくれているようです。

音楽は昔懐かしいジャズやロック、カントリー、クラシックも
聴きますが、J-popやK-pop、ボーカロイド(ボカロ)なんかも聴きます。
幅広いジャンルの中でインディーズなども含めてお気に入りを
見つけ出すのはニコ動画やYoutubeが強い味方になります。

そんなおぢさんがほぼ毎日聴いているガールズバンドがあります。
  Doll$Boxx(ドールズボックス ー 略してドル箱)
ボーカルがヘビメタバンドの紅一点のFuki、演奏人がGacharicSpin
(略してガチャピン)の4人がコラボしたガールズバンドで、2年前に
9曲のオリジナルとガチャの1曲のカバーしたアルバムを出した後
自分のバンド活動をやっていたのですが、今年復刻版が出て
話題になっているのです。

ガチャピンのベーシストはFチョッパーKOGAってちょいと
ふざけた名前なのですが彼女はすごい!
ツーフィンガーもピック弾きもうまいのですが、なんと言っても
スラップ奏法が半端じゃない。
スラップ=チョッパーなのでそのまま名前にしちゃてます。
チョッパーは日本しか通じなかった思いますが、海外でも
人気が高くなっている彼女のおかげで、チョッパーが通用
するかもしれませんね。
特に拙生はプルのゴーストノートにシビレました。
もちろんサムピングもすごいです。

余談
連続をパルス状に切り刻む意味ではスイッチング回路など
電子回路でもチョッパはおなじみですね。
余談その2
バンドの前はグラビアアイドルだったとか。。。

ギターのTOMO-ZOはぶりっ子キャラなのですが、
自分の仕事はちゃんとやる。
速弾きも正確に刻むタッピングもテクは一流でしょう。
ディストーションなどはTOMO-ZOモデルが発売されてますし
フェンダーとローランドが開発したギターシンセの
プロトタイプをTOMO-ZOが使用していました。
メーカサイドでも注目をされているギターリストですね。
(キーボードもやります。)

ドラムのはなはポケっとした面白い子。
しかしドラムだけでなくキーボードもギターもこなす
マルチプレーヤーで、作曲も中心になっているようです。
高速かつ連続のツインペダルもすごいけど、叩きながらの
ボーカルに感心します。

今までの3人の共通項はそれぞれ教則DVDを出していることと、
AKB48のGiveMeFiveでの楽器とパフォーマンス指導をしたこと。(笑
握手会の時行ったステージパフォーマンスに都合で出れなかった
TM(ギター)の代わりにTOMO-ZOが代役で出た話は有名です。

キーボードのオレオレオナ。
これもふざけた名前ですねぇ。。。
でも大丈夫。キーボードはうまい。
ただしTOMO-ZOと違いしょっちゅう職場放棄します。
ライブではキーボードから離れ前面に出てくるる時間が長い。
パフォーマーの色が濃いんですね。

ボーカルのFukiはLIGHT BRINGER(ヘビメタバンド)の紅一点。
ガチャピンのの前のボーカルがツァ直前で病気のため脱退した時
サポートボーカルでツアを決行し乗り切った経緯があり、
その時のサポートボーカルの一人。
いつもはちょっとポップなヘビメタ?を歌っていますが、ドル箱では
ロックありーのバラードありーので、作詞も全部Fukiのはずです。
全く違った一面をみせてくれました。
ヘビメタで培った声量と透明感のある高音は、ガチャの重量級の
バックに潰されることはありません。

知ったかぶりの御託並べるより聴いてもらったほうが早いですよね。

デスボイス(ボイスチェンジャーの一種)に驚かないでください。

ぶりっ子TOMO-ZOの速弾きが目立ちますが実はFチョッパーが
スラップ奏法を抑え気味にツーフィンガーを駆使している貴重なもの。

ちょっとお馬鹿な演出に騙されてやってください。

聴いていて一番気持ちの良い曲。

はな兄さんのツインペダル炸裂。

一日一曲、これで気持ちを若返らせましょう!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)