ぽちぽち届いてます。

ちっちゃいのがぽちぽちですけど。。

ダミー用50Ω250W・50Ω100Wx2・100Ω30Wx5

DSC_0096


100Ωをパラにして50Ωにしても60Wじゃん。
と言われそうなので説明しておきますが、
電力分配・合成器用で100Ωが必要なのです。
また抵抗受けのグリッド入力アンプを10W機で押す場合、
50Ωだと押しが足りない時は1:2(トロイダルコア巻き数比
1:SQTR2)を介して100Ωを使います。
もちろんもっと押したいときは1:4(同上1:2)で200Ωですけど。

50Ωはたくさん持ってますが100Ωは珍しいのでポチ!
50Ω100Wx2はシリーズで100Ωとし、大型のものに使うため。
50Ω250Wは在庫がありましたが。。ついでです。w
非常に便利ですけどヒートシンクのほうが高くつきます。w

1200pF・2000pFで在庫がないローバンド用です。

DSC_0095

真空管のシールドケースで他はあるのですが
7ピンMT管のものだけが見つからない。。。^^;;
ちょうど出品されていてラッキーでした。
20本分なのでしばらくは大丈夫でしょう。

DSC_0094

3181.5KHzと3179.3KHzのやつです。
一昨日書いたように計画変更で使わなくなる
公算が大ですが、次作で使えば無駄には
ならないでしょう。

DSC_0098

その時はコイツをバラします。

DSC_0100

そのままでも一応動くはずですけど、
今回は2SK125に出番はないということで。(笑

DSC_0101

7MAM・10MCW真空管受信機の構想も決まったし、
回路図(ピン番号付きw)も描き上がったし、
後は真空管用のワッテージが大きめな抵抗や
受信真空管用耐圧のセラCなどがA月から届けば
製作再開です。

HOME

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts of environments that does not work JavaScript
and do not include Japanese are ignored.(Anti-Spam)
You can copy and paste 【日本語】if necessary.
日本語文字列が含まれない投稿は無視されます。
JavaScriptが動作しない環境からの投稿は無視します。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください