Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > 準備万端・・・?

準備万端・・・?

今年も不参加@ハムフェア

先週末は東京ビッグサイトでアマチュア無線の
イベントがありましたが、仕事が詰まって
いるため今年も参加できませんでした。
この時期あるお役所仕事が定例となり、
日にちが持っていかれるため、残りの日で
他の仕事(ネットワーク系や無線など)をこなすため、
土日がありませんので定例仕事が続く限り、参加は
難しいかもしれませんね。
早く毎日が日曜日になりた〜い。
って、そうなる頃には毎日が敬老の日?(笑

準備万端

明日の建柱の準備は終わりました。
限られたスペースなので道路を通行止めに
してからでなければやれないこともあるのですが、
いくら道路使用許可をもらっているとは言えど、
極力短時間で終わらせ通行止めをサッサと
解除することにしているので、出来る限りの
下準備に万全を期されければなりません。
とりあえずクレーンががなきゃ出来ることは
ないくらはやっておきました。@ホントカ?

雑談の内容はやはり・・・

帰りがけに寄ったところで雑談をしてきました。
やはり隣国、特に慰安婦問題が話題になったのですが、
拙生もそんなに詳しい方ではありませんけど、
それ以上に事実を知らない、間違った情報を
鵜呑みにしている人が多いようです。
で、拙生なりにまとめてみました。

どっちもどっち

隣国の慰安婦問題って?

事業に失敗し金に困った●田清二(本名吉●雄兎)が
金になる執筆活動として選択したのが、自分が
関わった証言としての慰安婦強制連行でした。
これを真実として頻繁に記事にしたA日新聞。
逆に済州島の現地新聞は事実検証をし、当時を
知る現地の人からそんな事実はなかったという
証言を得て反論したが、その声が広まることは
ありませんでした。

1995年に吉●清二はこれらを虚偽の創作と認めたが
A日新聞が記事の取り消しと謝罪を行ったのはなんと
2014年でした。
隣国に吉田●二が建てた謝罪碑についても
碑文に虚偽があるとして長男が訴え、碑文を
書き直したという経緯もあります。

つまり慰安婦問題は日本側がでっち上げたもので
ありますが、その虚偽創作の事実は隣国にとっての
日本叩きの恰好な材料となってしまいました。

もちろん情報発信側が訂正したのですから
隣国もそこでやめるべき・・・なんて思っても
隣国自体が虚偽創作の教科書で反日教育を行うような
お国柄ですから、一度火が付いてしまったものが
消えることなく現在に至っています。
これが隣国のせいなのか、踊らされて謝罪賠償まで
してしまった我が政府のせいなのか。。。

吉田清●・A日新聞社を始めとするマスコミ、そして
それに踊らされた当時の政権である宮●内閣の
罪は小さくありません。
特に政府叩きしか能のないマスコミは実は真実を
分かっていても報道し続けたフシもあり、
その体質は現在も踏襲されているようです。

慰安婦問題はどっちもどっちって感じですが
発端は日本側でも、これだけの年月が過ぎても
隣国がますますエキサイトするのは、日本に対し
優位性を保てる最強カードだからでしょう。

真実、特に正確な歴史認識は必要ですが、それよりも
大事なのはこれからどこに向かいたいのかという
隣国さんお得意の未来志向ってやつだと思います。
いつまでも何十年も前のことに引きづられていては
前に進めるわけもないのですが。
このような良好な外交を望めない、展望も見えない
国に対しては、特別な気遣いは捨てて、国益を
損なわない是々非々での対応で良いのではと思います。

ただ嫌隣国をいたずらに煽るようなナショナリズムに
繋がるプロパガンダは、日本の地位を現在の隣国の
レベルに引き下げてしまうことを忘れてはいけないと
思います。
と言いつつ最近それっぽいことを書くこともある
自身に猛省。(笑

This entry was posted in アマチュア無線, 時事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください