Oba-Q's Free Space >  パソコン > 第4世代CPU

第4世代CPU

九州は大丈夫でしょうか。
90万人への避難指示という前代未聞の事態です。
しばらくニュースから目が離せませんね。

Intel Core iシリーズの第4・第5世代に対応した
CPU付きLGA1150のM/Bを2枚いただきました。
・H87M 16GB i5-4430付き メモリナシ
・Z87M 32GB i5-4440付き メモリナシ

スロットの中の埃払い。。。これ大事です。


                *1枚は在庫品です。

残念ながら2枚ともUEFIが起動セずででNGでした。
拙宅予備機のLGA1150のもので確かめたところ、
CPUは活きていました。


 このぱその面白いところ
 SSD2台に全く違うOSを入れてOS選択はブート
 マネージャではなくF12によるディバイス選択です。
 

i5-4430と4440はほとんど同じスペックで、違うのは
ベース周波数/ブースト時最大周波数がほんの少しです。
3.00GHz/3.20GHzが3.10GHz/3.30GHzという微差です。
TDPでも違うのかと調べても一緒、確か価格も一緒だった
記憶があり、なぜ僅か100MHz違いの2種類存在するのか
不可解なCPUでありました。
2年前に製造中止になったので今や中古市場にしか流通して
おりませんが、まだ元気なLGA1150のM/Bがあるのなら
貴重なCPUだと思います。
LGA1150は予備機として持っているのでその予備の
予備CPU(笑)が2個できました。
スペック的には他の予備機のi5-3570K(第3世代)より
劣るしTDPも大きいのですが、クライアントでLGA1150が
主力のところがあって、予備部品として持っておきたい
CPUなのであります。

i5-3570Kとi7-3770Kはすぐにでも使える状態で
現役だった頃の姿なまま予備機として取ってあった
はずですが、このエントリで思い出したので引っ張り
出してみると、i7は快調ですがi5は電源が入らない・・・
M/Bが逝かれているみたいです。^^;;
i7は手前にあるのでたまに起動させていましたが
i5は奥に押し込んであって久しぶりに電源を入れたので、
すっかり放電しきったキャパシタにはきつかったのかも
しれませんね。
CPUとクーラー、メモリを外してi7の予備としケース
(電源は抜く)と基板はポイしましょ。
第3世代ですが3.5GHzの4コア8スレ、キャッシュ8MBは
なかなか侮れないスペックなのですよ。(笑
 *i5-3570Kは3.4GHz4コア4スレ、キャッシュ6MB。
これを機に予備機を少し整理(断捨離)しますか。

と言うことでシリコングリスで汚れた指でキーボード
叩いてます。(笑

This entry was posted in パソコン. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください