Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > 残念賞@GU-5B

残念賞@GU-5B

別件訪問

またもや別件でラボ主宅へ訪問。
時間がなかったけどせっかくだから作業場へ。

バイアスを深くする

まずはバイアス電圧を上げるために5.1Vの
ツェナDiを足して、ショートできるようにリード線を
出しておきました。
写真には映っていませんが念の為パッチンコアを
2段入れておきました。


取り付け後はリード線が横にピロっと。。。
ショートしてバイアス電圧を下げることが出来ます。


で、最終的に60V(正確には61.9V)でアイドリングが
200mAちょっとでした。
1次側タップがもうひとつ落とせることが分かり
高圧は4670Vまで下げておいたので、タップ最大の
5600Vでは、やはり70V程度になると思われます。

やはり出してみたい

時間がなくてもやはりRFで試したい。。。
入力のVSWRが高いときの予防策で、外付け
300Wのアンテナチューナをパワー計代わりに。


出力側は2500Hを装着した鳥さんヨンサンです。

トラブルです

20〜30W入力してVVCをを回してみても最大で
数100W以上の出力が出てきません。
ローラーインダクタがずれているのかと回してみても
出力に変化がありません。。。^^;;

なにか接続が間違っているとしか思えないので
RFデッキをはぐってみる。
見た目は悪くなさそうですが、LCメータでローラー
インダクタの値を見てみると。。。いくら回しても
変化しないのですよ。(汗

やっちまいました。
下の写真は正規な接続ですが、直す前はコイルの
両端にある端子を接続していました。
そう、この端子はあくまでコイル自体のホットと
コールドエンドであり、ローラーの端子は別にあって
それを浮かした状態で取り付けちゃったのです。
いくら回してもローラ部分でショートすることはなく
インダクタンスは10数μH不変となっていたのです。


4670V1A流れたとしてQを13とした場合、fo10.125MHz
でのインダクタンスは3.5μH程度です。
Qを変更してハイLにしても、このネットワークで
Z変換が成り立つのはQが8くらいからです。
その時のインダクタンスでも5.3μHくらいです。
10μH以上あれば最適なZ変換は成り立たないので
メチャクチャなインピーで数100Wでもよく出てくれた
って感じですよね。

お楽しみは持ち越し

残念ながら写真のようにインダクタンスが可変できる
正規な配線になったときには時間切れでありました。(泣
お楽しみは次回に持ち越しです。

高圧はイイ感じ

高圧ですが200mAチョイ流れた時に約100Vのドロップでした。
電圧を上げるとブリーダに流れる電流の増加などでもっと
ドロップするでしょうけど、無負荷5600Vで最大出力時に
5000Vを保つことが目標です。

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

Comments are closed.