Oba-Q's Free Space >  パソコン > カウンターダイヤル他

カウンターダイヤル他

カウンターダイヤル

国内で販売している安価なカウンターダイヤルを
見つけ6個注文しておいたものが届きました。


安価なものはギアがプラスチックだったり
するのですが、金属のしっかりしたものでした♪

真空リレー

真空リレーを使うメリットは色々ありますが
比較的小型のものでも接点容量が大きく
通過電流や耐電圧が大きく、しかも接点の
劣化が少ないことでしょうか。
またメイク・ブレークが早いので真空管アンプの
フルブレークイン対応の改造などに使われます。
デメリットはそこそこお高め。(笑
すぐに必要ではありませんが絶対必要になるものなので
オークションで見つけるとなるべく落とすものの
一つであります。

在庫が少なくなってきたためキロバックのHC-1
という真空リレーを別々の出品者様から2点落札。

HC-1の主な仕様
動作電圧(Peak)
       3.5 [kV](DC/60Hz)
       2.5 [kV](2.5MHz)
       2 [kV](16MHz)
       1.5 [kV](32MHz)
連続接点電流(Amp RMS)
       25 [A](DC/60Hz)
       14 [A](2.5MHz)
        9 [A](16MHz)
        7 [A](32MHz)
動作時間(max) 6 [ms]
復旧時間(max) 6 [ms]

小・中型アンプ用ですね。

現在1個出品されていますが相場よりちょっと
お高めなので様子見といったところです。
相場で落札させていただいたかたのメッセージに
近々(最後の)出品があるということなので
もっと安価にゲットできる可能性があるため
控えると方向で。。。(笑
ま、しょっちゅう出品されているので焦ることも
ありませんし。
形状は違いますが似たような規格のK45C334が
2個セットで出ています。
インピーの低いところでは電流容量が問題です。
通過させる周波数によりますが片手を切り替えるには
1個じゃ厳しいけど2個パラなら十分でしょう。

電源の高圧切り替えにはHC-2という8KV耐圧の
ものがFBですがこれはなかなか出てきません。

ヤフオクウォッチをしながら書いていますが
大型アンプ用に使えるWPVACのJPK-2が出ています。
能書き通りであるなら1個でもギリギリ片手を
切り替えできるでしょう
DC15KV耐圧なので高圧切り替えもOK。
ただ生産国がちょっと引っかかりますけど。w

This entry was posted in パソコン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.