Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > FANのファン・・・

FANのファン・・・

リニアアンプクーリング用の大型ブロア(シロッコファン)は
サラピンで購入すると結構なお値段です。
オークションでは適当なスペックの出物は少ないのですが、
久方ぶりに使えるものが出品されました。
頼まれものがあったので落札しました。
3点ありますが一つは自身のものです。
7F71や4cx1500Bx2、GU-5Bやあたりでも使用でき、
在庫も含め強力なやつから順に並べて、どの球に
使用するか割り振りしなおします。

最初の1品はチッチャイです。。。

1 ORIX FAN MB10Z-B3-C4


単相 100V / 50Hz / 0.50A / 45W
回転速度  2750r/min
最大風量 2.3m^3/min
最大静圧  206Pa
騒音レベル 60dB(A)
容量 3μF
チッチャイと言ってもそこそこ使えます。
例えば3CX1500A7は1500W損失時35CMF/0.41inH2Oなので
換算すると風量は0.99m^3、静圧は102Paであり、パラでも
いけちゃう数字に見えます・・・が・・・
風が抜ける構造(シャーシ穴やチムニー形状、ケースの密閉度)
などにより目減りは避けられず、1本なら使えるといった
ところでしょうか。

 風圧・風量で注意すべきこと。
 上記はZero sea levelであり富士山の頂上では
 1.5m^3/155Pa必要となります。

2 ORIX FAN MODEL MB1665-D
これは中型。

単相 200V / 50Hz / 1.3A / 245W
回転速度 2700r/min
最大風量 7.7m^3/min
最大静圧 490Pa  
騒音レベル 75dB(A)
容量 8μF
球の構造にもよりますが片手クラスまでいけます。

KUSATU ELECTRIC KB-909LK
これは大型。

単相 AC200V 2.85A
容量 5μF(多分)
仕様はまだ見つけていませんが、消費電力がMB1665-Dの
2倍以上なので、当然風量・静圧共強力でしょう。
ただし騒音レベルも半端じゃないかも。。。^^;;
スライダックなどで回転数を制御して使います。

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください