Oba-Q's Free Space >  サーバーネットワーク > CentOS > 480GBx4でRAID10

480GBx4でRAID10

ずっと忙しくて懸案事項のままだった
サーバーのSSD化のお試しを開始しました。
お試し機はLGA1156のCorei3でメモリは8GBです。
SSDは480GBx4でRAID10を構築します。。


    SSDx4を押し込んでいるところ。

CentOSのインストール時にRAID10を構築するのは簡単です。
パーティションを手動で切る選択をし、マウントポイント
・容量を決定した後に、RAIDO(RAID10)を選択するだけです。
レイドアレーのファイルシステムはext4などを選択します。

RAID10のステータスです。

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid10]
md120 : active raid10 sdd9[3] sdc9[2] sdb9[1] sda10[0]
1046528 blocks super 1.2 512K chunks 2 near-copies [4/4] [UUUU]
bitmap: 1/1 pages [4KB], 65536KB chunk

md121 : active raid10 sdd8[3] sdc8[2] sda9[0] sdb8[1]
1046528 blocks super 1.2 512K chunks 2 near-copies [4/4] [UUUU]
bitmap: 0/1 pages [0KB], 65536KB chunk

md122 : active raid10 sdd3[3] sdc3[2] sda5[0] sdb3[1]
20985856 blocks super 1.2 512K chunks 2 near-copies [4/4] [UUUU]
bitmap: 1/1 pages [4KB], 65536KB chunk

md123 : active raid10 sdd1[3] sdc1[2] sda2[0] sdb1[1]
838858752 blocks super 1.2 512K chunks 2 near-copies [4/4] [UUUU]
bitmap: 3/7 pages [12KB], 65536KB chunk

md124 : active raid10 sdc6[2] sdd6[3] sdb6[1] sda7[0]
10491904 blocks super 1.2 512K chunks 2 near-copies [4/4] [UUUU]
bitmap: 1/1 pages [4KB], 65536KB chunk

md125 : active raid10 sdc7[2] sdd7[3] sdb7[1] sda8[0]
1046528 blocks super 1.2 512K chunks 2 near-copies [4/4] [UUUU]
bitmap: 0/1 pages [0KB], 65536KB chunk

md126 : active raid10 sdc2[2] sdd2[3] sda3[0] sdb2[1]
20985856 blocks super 1.2 512K chunks 2 near-copies [4/4] [UUUU]
bitmap: 0/1 pages [0KB], 65536KB chunk

md127 : active raid10 sdc5[2] sdd5[3] sdb5[1] sda6[0]
16791552 blocks super 1.2 512K chunks 2 near-copies [4/4] [UUUU]

unused devices:

/home以外を縮小したパーティション

# df
ファイルシス 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/md124 10196132 101788 9553368 2% /
devtmpfs 3886332 0 3886332 0% /dev
tmpfs 3902724 8356 3894368 1% /dev/shm
tmpfs 3902724 10116 3892608 1% /run
tmpfs 3902724 0 3902724 0% /sys/fs/cgroup
/dev/md126 20524880 4943708 14515496 26% /usr
/dev/md125 1013688 200248 744732 22% /boot
/dev/md123 825562008 184080 783418608 1% /home
/dev/md122 20524880 584908 18874296 4% /var
/dev/md120 1013688 3232 941748 1% /tmp
/dev/md121 1013688 2568 942412 1% /opt
tmpfs 780548 44 780504 1% /run/user/1000
tmpfs 780548 0 780548 0% /run/user/0

HDDと違うのは比較するとSSD480GBx4のRAID10の
内部処理がとてつもなく早い。。。
S-ATA2ですからそのへんにに有った3Gbpsのケーブルで
接続しましたがそれでも早い!
S-ATA3のM/Bで接続ケーブルを6Gbpsにすればもっと
早いのでしょうけど、とりあえずのお試しということで、
インストールはDVDからだったので、そんなに早く感じ
なかったのですが、800余MBのアップデート時では
ダウンロードが終わった後の処理が矢のようでした。

以前は2台のサーバーで交互にバックアップを取り合って
ましたが、バックアップサーバーを別途設けたため
個人用サーバーの容量は1TBでも十分すぎで、現在の
サーバーのHDDは1TBx2のRAID1になっています。
今度は960GBになるので、パーティションを吟味して、
余裕過剰気味だった/usrや/tmp・/などを多少縮小し
/homeは以前と同じ800GB位です。

これが安定して働いたらお仕事用のサーバーも
SSDに換装してみようかと。。。
換装ではなくて新たに製作かな。
こちらは2TBのSSDが2台届いているので、単純な
RAID1のミラーリングになると思います。

まずは個人使用のサーバーの方を年末年始を使って
仕上げてみることにします。

This entry was posted in CentOS, サーバーネットワーク. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください