Oba-Q's Free Space >  サーバーネットワーク > CentOS > サーバー予備機

サーバー予備機

昨晩頑張ったので連れ合いのパソはなんとか仕上りました。
東京出張でいなくなる日にセットしてやりましょ。

併行して予備サーバー構築も始めたのですが、最初の
初期設定でのライセンス同意がいつもと違って、
GUIではなくCUIで表示されました。
コマンドでもライセンス認証作業に支障はありませんが、
どぉやらGUI関連のインストールが旨くいかなかったのではと
思って調べたら、やはりGUI系のエラーをいくつか吐いています。
エラーを分析してみると、インストされているはずのファイルが
インストールされていないようで、こういった症状は
インストールメディアからの読み込みが出来なかったときに
発生する確率が高く、新たにISOイメージからメディアを作成して
インストールし直してみました。

せっかく構築したRAID1はそのままにし、マウントポイントと
ファイルシステムのフォーマットのみ行ってからインストールを
完了させましたが、今度はライセンス認証がGUIで表示。
エラーも吐いていませんので、疑った部分は当たっていたようです。
メディアからのライブ起動時に時間がかかるのでチェックサムを
省いたのが敗因か?
ちょっと不安なのでサーバーアプリのインストールや設定は、
いろいろ調べてから始めることにします。

ここからは仕事のお話。
複数のエリアまたぐときに切れ目はあったものの
他の仕事のない時をほぼ休日なしで埋めていた仕事が
半年ほど続いていましたが、昨日全ての物件を整理したら
どぉやら8月中に目処が付きそうです。

最初は終わるのか!?って不安になるほどのボリューム
でしたが、連れ合い口癖の終わらない仕事はない。。。
を、今回は拙生が呟きながらなんとかエンドが見える
ところまでたどり着きました。
明日から千歳でシステムメンテがあるので実質残りは
1週間といったところでしょうか。
しか〜し。。。
どう調整しても8月末の無線関連のイベントには今年も
参加できそうにありませぬ。(涙

9月は稚内と函館の仕事以外は自由が効く仕事なので
通常の休日がとれそうであります。
と言いつつ、溜まっているアマチュア無線関係の修理や
アンテナ関連は、土日でやることが多いため、もしかして
希望的観測となってしまうのでしょうか。。

This entry was posted in CentOS, お仕事. Bookmark the permalink.

Comments are closed.