Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > OFCケーブルは使える?

OFCケーブルは使える?

OFCとは酸化物を含まない高純度の銅のことで
オーディオの世界でOFCケーブルは歪が少ないとされ
スピーカやマイクロフォンの接続ケーブルなどに
用いられています。
(歪特性については異論を唱える人も少なくない。)
純度が極端に高いものはびっくりするようなお値段ですが
一般的なものは手頃な価格でホームセンタなどでも入手可能です。

手持ちにスピーカケーブルがあったので160mの4:1の
インピーダンス変換の巻線として使用できないだろうかと思い
試してみました。

とりあえずFT240#43の2スタックにに巻けるだけ巻いてみる。

12Tのバイファイラ。
柔らかくて実に巻きやすい。
シリーズにして測ると1000μH近くある。。。(笑)

51Ω4パラ(12.75Ω)の酸金抵抗を負荷にしてみる。

160mではちゃんとインピーダンス変換している。

80mでは誘導性リアクタンスが見えてきて
VSWRは1.3くらいまで上がる。

160mしか使わないが、一応撒き数を減らしてなんとか
80mまではVSWRが下がるようにしプラボックスに押し込んでみた。

OFCケーブルを使用してもインピーダンス変換に
問題はないようです。
しかし12.5Ωの1KWダミーがないので耐電力は分かりません。
ただインピーが低いところで入出力共にアンバランスなので
高圧は発生せず発熱も少ないはずです。
2SQなので1KW位は余裕と思っていますが甘いかな。

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.