Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > GU-5Bバイアス回路

GU-5Bバイアス回路

だいぶ前に作っておいたバイアス回路ですが
作業場とさせていただいているFDTラボに
放置状態でした。
2SD2560を試すならこれを変更しようと持ち帰り
TRを交換しようとしましたが、ナニを使ったのかも
忘れていたので覗いてみると2SC2937が付いていました。
Vcbo 500V
Vceo 400V
Ic   8A
PC   80W
当然ながらちゃんと使えるTRです。
せっかく付いているのに交換するのもナンなので
そのままケーシングしてしまうことに。。。
方針がコロコロ変わるのは拙生の動特性です。
(道徳性ではありませぬ!w)

ケースには受信時に還流路を高抵抗で遮断するため
30KΩと送信時にショートさせるリレーも突っ込んで
おきました。

 回りこみにはガラにもなく神経質で、各配線はフェライトビーズと
 貫通Cを介して引き出しています。
 リレーのスナバ回路はCRでも良いのですがDCなのでDiです。

ケースに収めるとこんな感じ。
2SC2937はケースに熱結合されているので
CPUクーラーを流用して冷却します。

ま、8Aあれば大丈夫かと思いますが、コケたら
15Aの2SD2560や2SC5200に交換するだけです。

肝心のGU-5Bはシャーシ上にまだ乗っかっているだけ。。。
(ソケット周りはほぼ出来ています。)
今度行く時はローラーインダクタやVVCを持参します。

後ろのチッチャな奴は気にしないでください。
気にしたら背中の方にはこの何倍も置いてあるので
身が持ちませんよ。(笑

ちょっとさみしいのでGS-35BやGU-84Bなんかを
一緒に置いて撮ってみました。@意味なし。。。

あ、電源関係は一応揃えてますよ。


AC3700〜4000V重さ50Kgのトランス。
16μ7.5KVのオイルC。
ブリーダ抵抗。
6A級シリコンDiスタック。
(ブリッジ整流分。)

ローラーインダクタとVVCx2のカウンターダイヤルが
適当なものがない。。。どないしましょ。。。

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください