Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > Intermittent Commercial & Amateur Service

Intermittent Commercial & Amateur Service

2KW ICAS(Intermittent Commercial & Amateur Service)
という規格のアンテナが手元にあります。
日本ではPEPとかCWという表記が一般的です。
記憶が間違っていなければICASとは電力管製造の
業界が作った定義だったと思います。
これに対しCCS(Continuous Commercial Service)という
100%デューティの業務規格がありますが、これは
放送局のように長時間連続で送信しっぱなしにおける
規格であります。
ICASはIntermittentですから断続的になりますが、
100%デューティで5分の連続送信、5分のお休みの
繰り返しだったはずで、アマチュア的にはRTTYやFMで
5分間も連続送信するシーンはあまりないでしょうから、
100%デューティで使用可能としても良いかと思います。

これをアンテナにすっかり当てはめることができるのか
不明ではありますが、1KW免許を取得するアンテナとしては
十分の耐電力と思われます。
しかしこのアンテナ、エンドフェッドなので電圧腹で
給電するため、かなりの高圧になるはずですが、
本当に2KWに耐えるかどうか試してみたいところです。(笑

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)