Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > 温度補償用積層セラミック

温度補償用積層セラミック

時折強風が屋根に雨を叩きつける音がしています。
移動性高気圧のくせに居座っているため、低気圧が
近寄って等圧線が窮屈になっているのが原因のようです。

本日届いたのは温度補償用のセレC.
100個の出品でしたがオマケが10個付いていました。
110個で落札するより100個でオマケが10個のほうが
なんか嬉しい。。。ww
4pFという小容量のものなので、ドリフトを見ながら
少しづつパラに入れていけます。

10MHz帯VFOはすでに実用範囲とは思いますがまだ少しある
ドリフトが気になるので再チャレンジです。
もうじき6.3VのツェナDiも届くので、現在発振段の
2SK192の9Vを下げるのに使います。
出力は下がりますがそのかわりスプリアスが減ります。
下がった分は後ろででゲインを稼げば良いだけです。
VXOも同様に発振段は6.3Vにしてみます。

ところでFDAM-3ですがマイクを取り付けようとしたら
マイクコネクタが外れてしまいました。
裏側で固定するナットが無いようで、ポロンと取れて
配線でなんとかぶら下がっている状態です。
そう言えば昔に使用していた時もナットが緩み、
何度も締め直しペイントロックもしましたが、
それでも緩んだという記憶があります。
ナットが内部で転がっている気配もなかったので
よく見るとフロントパネルに接着剤で固定した
痕跡がありました。
ナットはあるので配線を外して締め直しですね。
ナットを締めるのが難しい位置ではあるのですが。。

開けたついでに内部を点検すると結構綺麗です。
しかし頭が膨らんだ電界Cを幾つか発見。
使用しないまでもコイツは交換しときましょ。

とかなんとかやっているうちに面倒な改造に
着手しちゃわないように気をつけなきゃね。。。

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)