Oba-Q's Free Space >  パソコン > 友人からの電話シリーズ。。.

友人からの電話シリーズ。。.

友人:A月に注文するんだけどなにかないかい。
   一緒に注文すれば送料分安くなるっしょ。
拙生:そいつは有り難いお申し出だけど、数日前
   注文しちゃったんだよねぇ。。。
友人:そん時連絡くれれば送料浮いたのに。。。
   

送料の数百円浮かすのに、25Km先の友人宅を
往復したくは有りませぬ。(笑

友人:ところでセラミックC注文したんだけど
   CHやらFなんて書いてあるけどアレってナニ?

おやおや、自作歴は長いのに温度特性をご存じないとは。。。
一応CHは温度特性がよく温度による容量変化が少なくて、
Fはダメで容量変化が大きいのさ。と答えておきました。

JIS規格に温度特性があります。

CHやUJ、SLなど誘電体が酸化チタン系などの場合は
誘電率が低いので温度による容量変化が小さいのですが、
そのトレードオフで容量がとれないのです。

F(JF)やB(JB)などチタン酸バリウム系なら誘電率が
高いので大容量が容易ですが、温度による容量変化が
大きいということです。
Fの温度特性は最悪なのでBにしてしまうか、在庫が
あるなら温度を気にして使用することになります。

JIS規格以外にもEIA規格があり、COGがずば抜けて優秀な
温度特性ですがCHもそこそこ優秀です。

温度特性をあまり気にしないバイパスCやパスCなどでは
チタン酸バリウム系が使えますが同調回路用には使えません。
ま、強いて言うなら同調回路用の小さな容量のモノは、
ほぼCHなど酸化チタン系であるので気にしなくても
大丈夫とも言えますが。(笑

R・C・Lなどいろいろな種類がありますが、用途に応じて
使用しないと後で泣くことになります。

This entry was posted in パソコン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.