Oba-Q's Free Space >  サーバーネットワーク > Oba-Qサーバーの仕様

Oba-Qサーバーの仕様

相変わらずQ9550でメモリはDDR2-4GBです。
拙生一人での使用なのでHDDは1TBx2のRAID1。
HDDの容量を喰うのは殆どが違うサーバーの
バックアップ領域の分です。
NICはWAN側だけは速度より安定動作が欲しいので
100Mbpsの3COMを採用しましたが、LAN側は
ある意味オゾクても良いので、オンボードの
カニさんチップ(1Gbps)をそのまま使っています。


     天板に12cmFANが付いてまます。
     NICとチップセット全体を冷却するのに側板にも
     付ので計4個となり、結構賑やかです。
     それにしてもLED付きFAN、、、派手ですねぇ。。。

実は最初に交換した予備機はもっとハイスペック
でしたが、交換した後に電源が350Wだったことに
気づき、予備機2に入れ替えました。
予備機1だったらQ9650でDDR3-8GB、NICはWAN・LANとも
1GbpsのIntelだったのですが、電源が350Wでは
なんとも心許ないでしょ。

使用状況からして予備機2のスペックで十分と
思い直し、電源交換ではなくグレードダウンした
マシーンごと交換してしまいました。
今更Core2Quadなどと言わないでください。
デスクトップマシーンはLGA1150だの1151なんてもを
使っていますが、グラフィックユーザーインターフェイス
(GUI)を使わなきゃマシーンパワーは半分もあれば良く
LGA775で十分なのですよ。
  (稼働状況から見てDualCoreでも使えるかと。)

多分【もぅ歳なんで維持できませ〜ん。】と
ギブアップするまでサーバーはCore2Quadなのでしょう。

This entry was posted in サーバーネットワーク. Bookmark the permalink.

Comments are closed.