Oba-Q's Free Space >  パソコン > windows > だから嫌い@Windows10

だから嫌い@Windows10

SSDをM.2からSATAのものに交換してインストールしなおし
復旧させたはずのパソが、またもやブートできずに
grub rescue > の画面で止まっています。

聞けば大きなアップデートがあり再起動した後
この状態になったようです。
マルチブートでubuntuを後からインストールしてあり
ubuntuのブートマネージャーが起動してどちらの
OSを起動させるか選択した後に選んだOSがブートします。
GRUBはubuntuの/boot領域にあるのですが、それが
起動できないと騒いでいるわけです。

前の障害と違い、今回はSSDを認識できています。
そんな場合はgrub rescue >画面でlsコマンドを叩き
出てきた中から/bootがあるディレクトリを探します。
そこにsetコマンドでnormal.modというモジュールを
植え付けて起動させます。
このモジュールはgrub rescueではなく、ノーマルシェル
grub > を起動させるモジュールなので、ノーマルシェルさえ
起動してしまえばgrub-installコマンドで再インストール
できるようになりそう面倒なく復旧できるはず。。。

どぉしてWindows10のupdate後にこのようなことが
起きるかというと、今回の場合は大きなアップデートの後に
リカバリ用のパーティションを自動作成したことでした。
つまりWindowsは後方のパーティションにほかのOSが
あるなんてことはお構いなしに自身のすぐ後ろの
パーティションとして勝手に生成させてしまうという
実に傍若無人などぉしょもないやつなんですね。

前方にパーティションを作られれたために、パーティションの
順番が狂ってしまい、何番目のパーティションにあるぞと
指定されて行ってみてもそんなのネェぞーってことに
なってしまいます。

これは上記のようにGRUB(2)の再インストールで済んで
いましたが、なんと今回は/boot領域がどこを探しても
見つからない。。。
ならばPuppyLinuxをLiveCDから起動させて、Gpartedで
覗いてみると、ubuntuにルートパーティションにあてがわれた
領域が未使用領域になっているではありませぬか。
要はリカバリ用のパーティションを作成した時にすぐ後ろの
パーティションの情報をぶっ飛ばしてしまったとしか
考えられません。

起動させるのは簡単で、ubuntuに充てられていた領域と
パーティションとして残っているSWAP領域を使って
ubuntuを再インストールするだけです。
ubuntuはインストール時にインストールストレージ上に
他のOSの存在を察知すると、ぶっ潰すか別にインストール
するか尋ねてきます。
別にインストールするを選択すれば起動時にどちらのOSを
起動するかの選択画面が出現する仕組みです。
ただし今回のケースでは連れ合いはWindows使いなので
ubuntuはインストールしてあっただけですが、これが
使い込んでいいてたくさんのアプリをインストールや
設定してあればこの暴挙は許すわけにはいきませんよね。

ubuntuを再インストールしただけで復旧したのは
ラッキーですが今後何をされるかわからない怖さがあります。
だいたいどおせ必要になるパーティションならインストール時から
領域を確保しておけばこんな事態にはならないのです。

対応策としてはubuntuを先にインストールして後から
Windows10を入れ10のブートマネージャを使うことにすれば、
パーティションを増やしても前方の順番が狂うことは
ありませんね。

Windows10updateにはいじめられます。

This entry was posted in windows. Bookmark the permalink.

Comments are closed.