Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > 代理入札

代理入札

先日拙生の持っている一番古いSGと同じものが
オークションに出ていたので、欲しがっていた
友人に教えてやると、終了日が出張先になるので
落札しておいてくれとのご命令です。^^;;

どこまで追っかける?と尋ねると10K円+αとのこと。
せっかくだから落としてやりたいと思いましたが
+αがどの程度までかで微妙なところです。
途中から入札すると値が釣り上がるのでギリまで
じっと我慢の子で終了2分前を過ぎてから入札。
残り1分では最高額を維持しています。
他人様の代理入札は必要以上に緊張しちゃいますね。。。
結果は作戦が旨くいったのか7.3Kでそのまま落札。
送料を入れても10K円以内で収まりました。v^^

届け先住所の書き込みが面倒なので拙宅とし
届いたSGの発振出力を電測計に突っ込んでレベルを確認。
AM/FM変調をオシロやデビエーションメータで見ると
AMの変調率以外は正常であることを確認しました。
出張から帰ってきた友人に届けてやると大喜び。
こんなに喜んでくれるなら代理をやってあげた
かいがあると言うものです。(笑
変調を掛けるとFMのデビエーションはほぼ正確でしたが、
AMの変調率を100%にセットすると、実際には105%位の
過変調となっていて、変調波のボトムピークはゼロで
途切れた波形になり、適正変調(実際の100%変調)の
時より10dB程高調波特性が悪化すること。
目盛り95%あたりで100%変調になることを伝えて
引き上げました。
振幅変調の変調率を調整して目盛りに合わせるか、
変調率を測定して目盛りの校正表を作るかは
本人次第です。

で、早速電話がきました。
友人
出力レベルなんだけどさ、赤い文字がdBmで
黒いのがdBμだよね。
アッテネータのところで120dBμと+10dBmが
一緒の目盛りになっているっておかしくない?

拙生の心の中(ふ〜ん、やっぱり分かってないか。。。)
現実に出た言葉 メーターの目盛りを見た?
  +10dBmって開放電圧は123dBμでしょ。
  ATTを+10dBmにしてファインチュニングを赤(dBm)の
  ゼロにすると同じ目盛りの黒い文字はなんて書いてある?       

友人 +3って書いてあるなぁ。

拙生 だったら120+3で123dBμで合っているじゃん。
   アッテネータ目盛りは110dB、メータの目盛りで
   3dBずらして0dBm=113dBμを表現しているのさ。

友人 おお、そういうことだったのか。

すぐに理解してくれたので助かりました。
以前あれだけ講釈したのにきっとまた開放が6dB・・・
の説明をしなくちゃイケないかとちょっと
うんざりしかけてましたから。。。

きっと面白がっていじり回しているうちに、3日も
すれば使いこなし、10日もすればメータの目盛りが3dB・・・
なんて他人様に講釈たれているかもですね。ww

This entry was posted in アマチュア無線. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts that do not include Japanese are ignored, so please be careful. (Anti-Spam)
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)