Oba-Q's Free Space >  サーバーネットワーク > Core2Quadの実力?@今更

Core2Quadの実力?@今更

9日をやり過ごせばXP騒動も終焉かと思っていましたが、
今しばらく続くようです。。。

本日某所において新しく組んだi5マシーンで、
ベンチマークをしているところに出くわしました。
CPUは3.1GHzの4coreなので、さぞかし良い値が出ると
思ってみていましたが、やはり7.5というそこそこの値でした。
拙生のマシーンも2台そこに置いてあり、1台はWindows7で
CPUがQ9550core2Quad・2.83GHz4coreです。
(もう1台はLinuxマシーンで更に低スペック)
試しに同じベンチマークをやってみると、なんと7.3。
ほとんど変わりないじゃありませんか。。。
12MというL2キャッシュが効いてる?

流石にメモリはDDR2とDDR3・バスクロックの違いから
6.4と7.0の差が出ましたが、ふた昔前のQ9550core2Quad
侮るなかれ・・・ですね。

Windowsマシーンのお下がりでサーバーのCPUにQ9550や
Q9650を使い始めてからもう何年経ったでしょうか。
使ってみると非常に快適で、予備品として775のM/Bと共に
あれば買いあさった時代があり、大量に在庫したせいで、
メイン以外のWindowsマシンも再度それらで作ったりしていて、
そのうち1台が上記のマシーンというわけです。

Q9650は現在の中古市場でもかなりの貴重品で、在庫が希薄な
だけでなく、結構なお値段なので、自然とQ9550が集まり、
今でも拙宅サーバーとLinux&windowsデスクトップの6台に
使っています。

と言っても手元にあったCore2Quad・Core2Duo&775M/B達は
今回のXPサポート切れ騒動で、ちょいとおめかしして
あちこちにお嫁入りして行きました。(笑

いよいよ予備の在庫も品薄になったため、今度はi7あたり
なのでしょうが、アンヨがコロコロ変わるため、互換性の点で
さっぱりなので、デスクトップマシーンには導入したとしても
サーバーはしばらくはQ9550で稼働することになるでしょう。

Q9550が出回ってももう購入することはないかと思いますが、
Q9550Sなら話は別であります。
Sが付いたやつはTDPがCore2Duoと同じなので、30wも省エネ
になるのですよ。

ま、負荷から見てCore2Duoでも問題なく稼働するでしょうけど、
一度4コアにしたものをグレードダウンするってのは、グレード
アップよりずっと勇気が必要なみたいです。。。w

wordpressにバージョンアップを促されたので実施。
と言ってもバックアップは日ごろからしてあるので、
FTPパスワードを入力しクリックするのみです。
めでたくver.3.8.2に変身・・・見た目変わらず・・・

This entry was posted in サーバーネットワーク, パソコン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.