Oba-Q's Free Space >  パソコン > アプリ > 改行一括削除@Calc

改行一括削除@Calc

昨日ポストの基板が1枚お嫁入りすることになりました。
ご入用の方がいらっしゃるのなら後2枚残っていますので
Mail me!からご連絡いただければお送りします。
    ・月刊誌付録の古い基板のみです。
    ・先着2名様にかぎります。
    ・PIC(マイコン)のプログラムが必要です。
    ・基板の不具合等は責任を負えません。
注文したキットに付いてくるであろう部品表や説明書の
コピーはつけて差し上げられます。@届いてから    

さて本日の話題。

ubuntuを一部導入し始めたクライアント様からのご連絡。

セル内で改行しているものを一括して改行を削除したい。
ExcelだとCtrl+jで改行を検索して空白のまま全置換
することでできるけど、LibreOfficeのCalcではどぉやる?
というご質問でした。

使う頻度は少ないと思うので、意外と知らないかとも
いるのではと思い、やり方をご紹介しておきます。

基本的には改行を検索し空白で全置換することで
改行を削除しますが、多少やり方が違います。

検索文字 → \n 
置換   → 空白
▼他のオプション 正規表現 にチェック

これで改行を削除することができます。

 ちなみにセル内の改行はExcel同様Alt+Enterです。
 OpenOffice.orgはCtrl+EnterだったけどLibre
 OfficeはExcelから移行する方の使い勝手を考慮
 したのか、同じショートカットキーになりました。

なぜ改行の削除が必要か尋ねると一行の文字列が少なく
多段に渡るので、頭になにかの記号をつけて改行無しで
列記するためとのことでしたので、以下の方法を伝授
させていただきました。

応用例

O
b
a

Q

これを

O/b/a/-/Q

としたい場合

検索文字 → \n 
置換   → /
▼他のオプション 正規表現 にチェック

とすることで置換されます。

Writerの場合

考え方は一緒ですが検索する文字列が
Calcとは違います。

改行

検索文字 → $
置換   → 空白
▼他のオプション 正規表現 にチェック

スペースキーではなくタブキーでスペースを作ったが
タブを辞めたい場合は検索文字列を \t とします。

余談

\n の \ がバックスラッシュで表示されている方と
円マークで表示されている方がいると思います。
拙生の環境ではバックスラッシュで表示されています。
これは使用フォントの違いです。
半角のバックスラッシュや半角の円記号を表す「005C」
という文字コードで表示するものが、フォントによって
違うということであります。
WindowsでもMSゴシックや明朝の場合は円マークで
表示されますがTimes New RomanやArialの場合は
半角バックスラッシュ、フォントによっては全角円マークや
全角バックスラッシュが表示されるものもあります。
同じ文字コードで異なる表示。。。困ったもんです。

This entry was posted in アプリ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.