Oba-Q's Free Space >  サーバーネットワーク > CentOS > アクセス権が・・・

アクセス権が・・・

またまた構築したファイルサーバーネタです。

ファイル共有自体はアクセス権を適切に
設定したため、こっちのグループ、あっちの
グループなど、ちゃんとすみ分けができていて、
またアクセススピードも体感できるほど早く
なりました。

しかしメインで共有する財務などを含む経理/管理系の
アプリの保存ファイル(DB)が開くのに極端に時間がかかり、
開いても編集結果を保存できない(書き込み不可)と
なってしまいました。。。

アプリが直接ファイルサーバにアクセスすると
とてつもなく遅く、書き込みがNGなのでファイルを
ダウンロードしてローカルで開いてみると、まったく
問題ないスピードなのですが。。。
取り敢えず編集結果を上書きしてみようにも、実はこのアプリ
自動保存しかないという代物なのです。
つまりどのアプリにもあるはずの保存先の指定がユーザー
サイドで出来んと言う超我侭なヤツだったのです。

アプリを起動したユーザーと違うユーザーでアクセスでも
してるのかいな?なんて思いもしましたが、それじゃ
とてつもない時間がかかりながらでもファイルを
引っ張ることはできないはずなので、ネットワークを
監視してみると、アプリが要求→ファイルサーバーから
データをダウンロード→データーを反映させアプリが起動。
ではなくて、要求がチマチマしているようで、そのたびに
ファイルサーバーがチマチマと応答し、そのたびにナニかに
引っかかって遅いように見えます。
仕方がないのでシステム上もsambaもアクセス権を
大判振る舞いで大解放してみるとビュービューの
スピードで保存もバッチリなんです。

このアプリを数人で共有するために構築してある
ファイルサーバーのようなものですから、全くもって
気に入りませんがアクセス権を開放してやるしか
方法は無いようです。。。

sambaはシステムで設定されているアクセス権を
より広げることはできませんが絞ることはできます。
しかし今回は何処かでちょっとでも絞るとNGで、
誰もがアクセスできるpublicの共有と同じレベルに
しなくて駄目で、セキュリティのセの字もありません。
こちらでできることは、一覧表示をしないようにして
パスでアクセスし、それをZドライブなどに紐づけ
することしかできないと言うと、表示されないなら
OKということになりました。。。。が。。。
ちょっと詳しい人がパス叩けば見えちゃうんですけどねぇ。

しかしWindowsOSやアプリの問題なのに、こういった場合
ファイルサーバー側の責任にされがちなので、慎重に
対応しなければなりません。。。

セキュリティ甘々が喜ばれ、高いと敬遠される。。。
本末転倒ですな。。。。ツカレマス

This entry was posted in CentOS, サーバーネットワーク. Bookmark the permalink.

Comments are closed.