Oba-Q's Free Space >  パソコン > Linux > Ubuntu > お勧めアプリ@Relinux

お勧めアプリ@Relinux

用途 オリジナルな設定済みLiveメディアを作成

ubuntuをインストールしたマシーンに施した設定を
マルごと引き継いでLive(インストール)メディアを
作成する。。。
つまり複数のパソにインストールする場合、1台を
全てのパソの共通した設定を終わらせた時点で
その設定まで反映されたインストールメディアを
作成すればクローンマシーンができることになります。
企業や学校など、多くのパソに同じ設定を延々と
繰り返さなくても済むのですごく重宝します。

ubuntu12.04LSTまではRemastersysで環境をマルごと
ISOファイルに変換し、それを素にLiveマディアを
作成していましたが、開発が終了し現在ではそこから
フォークしたRelinuxが後継となりました。

入手先は、https://launchpad.net/relinuxで、現在の
最新は【relinux_0.4a1-5_***】のようです。
***の部分は使用パソが64ビットならamd64.debで
32ビットだとi386.debというように、自身の環境に
応じ選択します。
ubuntuソフトウェアセンタから開いてインストール。
これによりメニュー → システムツールから起動
できるはずですが不具合があり起動してくれません。
コマンドから起動するとasciiがデコードできないゾ!
ってエラーを吐いているのが分かります

これはエンコーディングのディフォルトがasciiに
なっているためで、以下のように設定を変更します。

変更するファイル /usr/lib/python2.7/site.py
 *python3.4にもsite.pyがありますが2.7の方です。

geditで編集の例

$ gksu gedit /usr/lib/python2.7/site.py
 (gksuをインストールしていないときはsudoで)

 編集 → 設定 で行番号をつけると494行目、
 またはasciiで検索する。

encoding = “ascii”

encoding = “utf-8”
に変更して保存。

これでメニューから起動できるようになります。
操作はスーパーユーザー権限が必要なので
パスワードを尋ねられます。
もちろん
$ sudo relinux
と、コマンドから起動してもOKです。

アドバンスな設定もありますがディフォルトのまま
進んでStart!をクリックすると始まります。
最後にISOファイルにしまっせ。というのにOKで
実にあっけなく終了します。
と言っても拙生の環境で小1時間と時間はかなり
かかりますが。

作成されたISOファイルはディフォルトのままだと
custom.isoとして/home/relinux/下に置かれます。
ただし所有者がrootなのでLiveメディア作成時に
$ chown username:groupname /home/relinux/custom.iso
としなければダメだった記憶があります@定かでなし
焼こうとして怒られた場合は試してください。(笑

これで全く同じ環境をクローンできます。
もちろんLiveメディアで起動することもそこからHDDのに
インストールすることも可能です。
ただし拙生がお試しした際は、Liveでは固定IPなどは
Remastersysのように引き継がれませんでした。
もちろん同じIPアドレスはまずいのでそのほうが
ベターであり、Liveの時点で設定してインストールすれば
その設定は引き継がれます。

*注意
環境によってはLiveで起動してもインストール時に
エラーを起こすことがあるらしいです。@経験なし

ubuntu12.04LSTあたりではUbuntu-Builderという
アプリも使えましたが、その後どぉなったか調べて
みましょ。

This entry was posted in Ubuntu. Bookmark the permalink.

Comments are closed.