カタカナだとかっこいい?

新型コロナウィルス感染者

北海道
新規検査人数   2855人
陽性者数     11人
陽性率      0.4%
死亡者        0人

札幌
新規検査人数    1354人
陽性者数      8人
陽性率     0.6%
死亡者       0人

札幌以外(引き算で算出)
新規検査人数    1501人
陽性者数      3人
陽性率      0.2 %
死亡者       0人

札幌現在患者数の内訳

——————————————-
現在患者数:95人(-12)
——————————————-
入院患者    33人(+4)
宿泊療養者    10人(-2)
自宅療養者    41人(-6)
その他療養者   11人(-8)
——————————————–

※「宿泊療養者」「自宅療養者」は同日9時現在の人数
※「その他療養者」
■療養先(入院、宿泊療養、自宅療養)調整中または入院
・入所までの間に、自宅で暫定的に療養されている方
■施設等に入所されていて、陽性判明後も継続して
当該施設等で療養されている方

——————————————-
 
 

北海道累計

現在患者数 195人(-20)
重傷者     1人(±0)
死亡者累計 1469人(±0)

札幌累計

現在患者数 95人(-12)
重傷者     1人(±0)
死亡者累計 840人(±0)
 
 
1週間の新規感染者数

北海道10万人あたり3.1人と-0.2人でした。
 
 
札幌の現在患者数の増減

新規感染者8人、退院・療養終了者数20人、
死亡者0人ですから-12人でした。
重症者数は1人のままでした。

——————————————-
 
 

陽性率も現在患者数も減り、10万人あたりの
1週間の新規感染者数も減ってます。
時短解禁、ハロウィン、そして年末と心配は続きますが
ワクチン接種率上昇とブースター接種の開始、抗体カクテル
や経口薬の確立と相まって、このまま減り続けて
欲しいものです。

 
 
——————————————-
全国 345人 ↓ 

3桁以上: なし
50人以上の2桁:なし
40人台: 大阪
30人台: 東京・神奈川
20人台: 愛知・兵庫
10人台: 埼玉・千葉・北海道
     福岡・沖縄
1桁台: 23県
ゼロ: 14県

 
 

重症者は16人減って260人です。
死亡者は16人で今まで18187人の方が亡くなっています。
(クルーズ船13人含む)

——————————————-
 
 

平日でも500人を切ることは当たり前になりました。
現在患者数もピーク時の23万人から5千人ちょっととなり
更に減り続けています。
順調すぎて怖いくらいです。

 
 


 

カタカナ多すぎ。

最近退職してから、以前はほとんど見なかったという
ニュースに目を通すようになり、急に社会派を
気取りだした友が話す内容にナニカ違和感が・・・
何度かガバナンスという言葉が入るのですが、
どぉやらガバメントと言いたかったらしい。www
政治とか政府とか日本語で良いのにねぇ。。。

最近は多いですよね。カタカナが。。。
それまでもあったのでしょうが、拙生が一番最初に
気になったのはアイデンティティーだったと思います。
誰かが使ったのを聞いて調べたら自己同一性だと
分かりましたが、しばらくすると猫も杓子も
アイデンティティー。。。
コイツ本当に分かって言ってるの?と思える場面にも
アイデンティティー。。。でした。ww
ブームが去ると今じゃ年に何回かしか聞かない
言葉に成り下がってしまいましたが。w

先程のガバナンスもコンプライアンスと混同して
いると思えるような発言を耳にすることも多いです。
すっかり定着したはずのソーシャル・ディスタンシングは
感染予防に特化した人的接触距離の確保のことです。
ソーシャル・ディスタンスは学術的には全く異なる
意味を持っていますがコロナ関連では混同して使われます。
ただWHOがソーシャル・ディスタンスをフィジカル
・ディスタンシングと言い換えるようになったので、
混同はなしと勝手に判断し、拙生はコロナ関連において、
字数が短く打ちやすいソーシャル・ディスタンス
のほうでやっちゃいます。💦

あ、どおせコレを見ていて後から話題になるでしょうから
書いておきますが、コンプライアンスは「法令」だけでなく
「社内規範」「社会規範」「企業倫理」を遵守することで、
ガバナンスは「統治」「支配」「管理」でしょうか。
ビジネスにおいては「健全な経営を目指す企業自身による
管理体制」と言えます。
つまりコンプライアンスを改善・維持するための対策を
実行する管理体制がガバナンスということでイイかな?w

ところで最近一番良く耳にするのはエビデンスでしょうか。
使用する様々なシーンにおいてニュアンスが異なりますが、
コロナ禍では医療用語として、ワクチンや治療薬が効果があることを
示す根拠となる検証結果・臨床結果を指すのでしょうが、
ITの開発分野においては、作成したプログラムが思惑どおりに
動くことを示した検証結果を指すことが多いです。
一般的に証拠や提案の根拠を指したりもします。
その証憑性を担保する書類などの資料を指す場合もあります。
最近は本当に猫も杓子もエビデンスです。www
拙生?はい、たまに使ってます。💦

 
 


 

もも三昧の日々

生後154日・家族になって82日目です。
もうちょっとで半年ですから成犬間近なのですが
大人になっている部分とパピーのまんまのところと
入り混じっている時期なのですね。
お利口さんのときとわがまま放題の時のギャップが
すごすぎです。ww

比較的お利口な時 ↓

 
 

HOME

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts of environments that does not work JavaScript
and do not include Japanese are ignored.(Anti-Spam)
You can copy and paste 【日本語】if necessary.
日本語文字列が含まれない投稿は無視されます。
JavaScriptが動作しない環境からの投稿は無視します。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください