ウイズコロナへ

新型コロナウィルス感染者

北海道
新規検査人数   3109人
陽性者数     16人
陽性率      0.5%
死亡者        0人

札幌
新規検査人数    1418人
陽性者数      13人
陽性率     0.9%
死亡者       0人

札幌以外(引き算で算出)
新規検査人数    1691人
陽性者数      3人
陽性率      0.2%
死亡者       0人

札幌現在患者数の内訳

現在患者数:142人(-6)

以下10月5日発表分です。
——————————————-
現在患者数:148人(-22)
——————————————-
入院患者    45人(+3)
宿泊療養者    13人(-2)
自宅療養者    61人(-4)
その他療養者   29人(-19)
——————————————–

※「宿泊療養者」「自宅療養者」は同日9時現在の人数
※「その他療養者」
■療養先(入院、宿泊療養、自宅療養)調整中または入院
・入所までの間に、自宅で暫定的に療養されている方
■施設等に入所されていて、陽性判明後も継続して
当該施設等で療養されている方

——————————————-
 
 

   
北海道累計

現在患者数 258人(-15)
重傷者     3人(±0)
死亡者累計 1468人(±0)

札幌累計

現在患者数 142人(-6)
重傷者     1人(±0)
死亡者累計 840人(+1)
 
 
1週間の新規感染者数

北海道10万人あたり2.5人
ステージ3の目安15人を大きく下回り、更に
下がり続けてステージ2の目安である2人に
もうじき到達します。

 
 
札幌の現在患者数の増減

新規感染者13人、退院・療養終了者数19人、
死亡者0人ですから-6人でした。
重症者数は1人のままでした。

——————————————-
 
 

昨日より札幌の検査数がか3.7倍あったのに陽性率が
1%を切ったため新規感染者も少なくて済みました。

 
 
——————————————-
全国 1126人 ↑ 

東京: 149人 ↑
大阪: 209人 ↑

 
 

3桁以上のみ。

重症者は43人減って612人となりました。
死亡者は26人で今まで17835人の方が亡くなっています。
(クルーズ船13人含む)

——————————————-
 
 

本日も3桁は2都府だけでした。
トータル1000人をわずかに超えてしまいましたが
ゼロを含めた1桁台が24県もありました。

 
 


 

ウイズコロナへ

まずは 暗いお話

1 ブレークスルー感染

国内でも2回のワクチン接種を終えてからの感染
(ブレークスルー感染)によるクラスターの発生が、
病院や高齢者施設などで相次いでいます。

国外でもワクチン接種完了率が8割を超える
シンガポールを例にすると、9月になってから
新規感染者が急増してしまったようです。
殆どが軽症か無症状ですが、重症化率も
増加傾向にあることからワクチン接種者の特権行動
に対しても行動制限の強化に踏み切ったということです。

ブレークスルー感染は症状が軽く、感染者に
自覚症状がないまま他人を感染させてしまい、
結果クラスターが生じる原因となっているのですね。

今のところ・・・

東京都は第5波で亡くなった人の約8割がワクチン
未接種者だったことを発表。
大阪でも未接種者と2回接種者の感染割合を比べたると
30代以下で約12倍、65歳以上で20倍以上の差だった
と発表し、厚労省も感染リスクに約17倍の差がある
との見解を出しています。
つまりブレークスルー感染が懸念されてもワクチンは
接種すべきという結論が出てきます。

2 ワクチンの有効期間

ファイザー製ワクチンの感染予防効果は接種から
4カ月でほぼ半減。
その後感染力の強いデルタ株に感染した場合、
ウイルス保有量は未接種者と変わらなかったという
研究結果がオックスフォード大学から発表されました。
デルタ株の働きを抑える中和抗体価を増加させるための
ブースター接種が必須ということなのでしょうね。

コロナウィルスの変異は、インフルエンザのように
ウィルスの種類が違うものと言うほどではないため
毎年ワクチン接種が必要ではないと言われていますが、
新しい未知のウィルスであり今のところ不明です。

3 暗いお話からの結論

ワクチンを2回接種しても、引き続き感染対策は
欠かせないという当たり前の話に結びつきます。

特に呼吸器感染症が蔓延しやすい冬場で、乾燥し
換気が不十分な場所での密状態は短時間でも
極力避けるべきです。
1時間に2度程度の窓開け換気では不十分という
データもありますが、冬の北海道で頻繁に窓開けは
不可能なので、強制換気を考えなくてはいけない
ということでしょうか。
マスク着用は当たり前になりましたが、不織布製で
隙間の少ないもの以外は使わないことです。
コロナウィルスはヨウ素液の中では10秒ほどで
お亡くなりになられるとのことで、帰宅後の
手洗いの際に濃いめのヨウ素液で長めのうがいが
有効のようです。

 
 

そして 明るいお話

1 エラー・カタストロフの限界

新型コロナウィルスの感染が急激に収束しつつある
要因として挙げられる有力な説です。
最悪だったインドのデルタ株感染爆発が、十分とは言えない
対策だったにもかかわらず急激に収束に向かったことから
注目された説で、簡単に言うとウィルスは変異しすぎると
そのせいで自滅するということらしいのですが、
拙生のボンクラ頭ではなんとなくしか分かりません。^^;
突然変異が生存に有利になる選択をすることを
正の選択というらしいのですが、ウィルスが正の
選択をせずに自壊するってことですよね。@きっと。

新型コロナウイルスが人体の免疫を避けるために
スパイクタンパク質を変異させすぎると、
これによりかえって人体の細胞に侵入することが
できなくなる。。。
こっちのほうが分かりやすいかな。

もうちょっと詳しく・・・
突然変異は患者個人、特に免疫不全の患者の中で
変異が急速に起きるため、例えばタンパク質の変異が
L452R(デルタ株)であっても細かな部分では多様な
個別変異なのだそうです。
しかしそれではワクチン接種を終わらせた一般的な
免疫力を持つ人には感染力が弱いということですね。

いずれにしても・・・
コロナウイルスの変異速度が格段に上がっており
自壊の道へまっしぐらだとしたら、デルタ株を超える
変異株についても必要以上に恐れる必要はなくなる
ということなのでしょう。

2 経口治療薬の登場

新型コロナウイルスを治療する飲み薬が数種類
年内にも登場するとの朗報があります。
いずれの薬も軽症者向けで体内でウイルスの増殖を
防ぐもので、実用化され期待通りの効能があれば
コロナリスクもインフルエンザ並まで下げることが
可能となるでしょう。

 
 
結論めいたもの

SARSのように感染が抑えこまれ、コロナも対策が
不要になるというのがベストかと思います。
しかしコロナが世から消えるのは、ウィルスが
自壊してくれるか、ブレークスルー感染がゼロの
ワクチン開発の成功するしかないのでしょう。

それが出来ないのなら、現在取られている
感染を極力抑える。
感染しても重症化しない治療法の確立。
人流の強制的抑制などに関わる法整備。
それに関わる経済的支援強化。
医療体制の見直し。
等の対策で駄目っぽいところを修正・強化し
コロナと付き合っていくしかありません。

最後にワクチン外交で危なげな国にイニシアティブを
握られないよう、ワクチン・治療薬の国内開発の速度を
早めることことを始めましょうよ。

 
 


 

もも三昧の日々

本日で生後139日・家族になって67日目です。

本日の動画は古いネタですが、先日3回目のワクチンを
接種した時病院の許可を得て連れ合いが撮ったものです。
やっと編集してアップされました。

 
 

HOME

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts of environments that does not work JavaScript
and do not include Japanese are ignored.(Anti-Spam)
You can copy and paste 【日本語】if necessary.
日本語文字列が含まれない投稿は無視されます。
JavaScriptが動作しない環境からの投稿は無視します。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください