受信機が・・・

新型コロナウィルス感染者

北海道  179人陽性率4.01%
死亡者  16人うち札幌10人
札幌   124人陽性率4.8%
札幌以外 55人

コールセンターで14人のクラスタですって。
どのコールセンターなのか切に知りたい。。。
陽性率が下がることは良いことです。

受信機が来ない・・・

本日は受信機到着を待ちながら、送信機に低周波発振器
からではなく、マイクを繋いで声で変調を掛けてみました。
マイクはそのへんにあったTRIOのMC-50です。W
音源は・・・拙生のダミ声と口笛であります。

DSC_0072


 
モニターはIC-705を持ち込んでます。

DSC_0073

・CWは前回OK、チャピリなし、通常の1分送信程度では
 周波数変動が感じられず。
・SSB、前回調整したはずがバランスがちょっと崩れて
 かすかに残留キャリア量が増加した?
 キャリアが聞こえなくなるようにBMのバランスを調整。
 ここではキャリアサプレッションは測定できないが
 59+25dBの信号に対しマイク入力なしではナニも聞こえない
 イイ感じです。
・AM 無変調キャリアで60Wを超えあたりからマイナス変調に突入。
 55Wでマイクゲインを調整するといい感じのAMになる。
 残念ながらSSBと違い離れた705ではモニターしづらいので
 音質がどぉかまではわからない。
*エレキーは球のバイアスをキーイングだったと勘違いし
 リレー付きのものを持ち込んだが、オープンコレクタで
 十分なので自作のやつでもそのまま使える。
・その他 AVRの基板がファイナルユニット(シールド板)の
 横に沿って立ててあり、熱の影響を受けると
 考えられるので遮蔽用のシートで熱隔離を行う。
(安物の遮熱シートで耐熱温度はせいぜい90℃くらい)
 その際最後にDC6V出力を再調整しようとしたら、
 お隣のFSKのシフト周波数調整用のVRを触ってしまった。。。
 ここには170Hzのシフト周波数を調整できるカウンターは
 ないしFSKは使わないのでこのままかな?^^;;
 でも、環境があるところで調整しましょ。w

 気になることが2つでました。
 1 VXOVOXの時とき症状で誤動作による送信。
 2 RFスピーチプロセッサの効果が薄い。
  要調整なのか要修理なのかまでは今の所判明せず。

こんなことしたり、このBLOGを書いたりながら相棒の
受信機配達待ってるけどなかなか来ませんねぇ。。。

705持ち込んだついでに受信用アンテナをつなぐと、
17や15mBANDで強力な国内局が入ってきます。
コンディションだいぶ良くなってるのかな?

受信機が・・・やっと来た

もういい時間なので中を開けたりはしませんでしたが
一応評価のために電源とアンテナを繋いでみると・・・
おっと、MUTE用のピンプラグとスピーカを繋がないと
聞こえるわけ無いですね。
最初はAFっぽいノイズ音が流れただけでしたが、
バンドによってはかすかに信号が聞こえます。
全く聞こえないというのでなければメンテは比較的
楽な方と思ったのですが甘かった。。。
あっちもこっちも、どこもかしこも接触不良。(泣き
本日はメンテしがいのある(ありすぎる)受信機・・・
とだけ書いておきます。ww
まずは簡単に脱着できる基板などは全部外して清掃ですね。

並べると格好いいかも♪

このブログの購読者様の釣果である鰈をたった今
お邪魔して頂いてきました。
3人共食が細くなった拙宅には過分な量ですが、
半分は干してから食べることにしましょうか。@多謝

HOME

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts of environments that does not work JavaScript
and do not include Japanese are ignored.(Anti-Spam)
You can copy and paste 【日本語】if necessary.
日本語文字列が含まれない投稿は無視されます。
JavaScriptが動作しない環境からの投稿は無視します。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください