Windowsのアップデート

第2事務所にWindows10のアップデートを絶対
したくない1台のパソがあり、長い間放置状態でした。
アップデートをしない=Windowsを使っていない なので、
Windowsを削除してしまおうかと思いましたが、
ごく稀に必要な場面もあるかもしれないので、
気を取り直してアップデートしました。

アップデートをなぜしたくなかったかと言うと。。。
いつだったか512MB程度の回復パーティションが
作成されるOSのバージョンアップがあり、拙生のように
ubuntuとマルチブートで使用していると、後方に
ubuntuのパーティションを切ってあるにもかかわらず
お構いなしにそこをぶっ潰してくれるので、ubuntuが
起動しなくなるからです。
回復パーティションなんてのが作成されることを
知らなかった最初のアップデートでそれをやってしまい、
ubuntuが起動しなくなってかなり焦りました。
その経験から他のパソでは該当バージョンへの
アップデートを止めていたというわけです。
*回復パーティションが最初から作成される新し目の
 バージョンがインストールされていれば問題はありません。

第2事務所のWindowsは結構古いままので、
回復パーティションはなく、アップデートしたら案の定
作成され、ubuntuが起動しなくなりました。。。
ubuntuの20.04LTSのインストールメディア(USBメモリ)は
いつも持ち歩いているので、起動しなくなったubuntuの
パーティションにインストールしてやりました。

もちろん以前使っていたubuntuのアプリやカスタマイズは
全く消えてしまいますが、拙生のように保存用ストレージが
クラウド上にあれば、全く気にせずぶち消せます。

ubuntuインストール

全てのアップデート

gnome-panelインストール
ログインし直し

アプリインストール
・gimp
・gftp
・wine64&winetricks
・clamtk
・Brasero
とりあえずです。後は必要に応じて。

メールのプロファイルをコピー
Thunderbirdはプロファイル保存ディレクトリを
そのままコピーしてしまえば、同じ環境が
即座に出来上がります。
現在使用メールアドレスは25個あるので、
まったく設定無しで良いのはすごく楽チンです。
 ・imap使用であること
 ・サーバーと一緒のLAN内からメールサーバーを
  プライベートIPアドレスで設定したプロファイルは
  外(インターネット経由)からでは繋がりませんので
  その場合はグローバルなIPアドレスかメールサーバー名に
  設定を変更します。
  
キーボードレイアウトの設定
 以前投稿したように20.04LTsのibus・Moscの組み合わせは
 キーボードレイアウトに不具合があるので日本向けに固定します。

慣れているのでここまで1時間ちょっとかな。

実は拙宅にも1台予備パソが同様の理由で放置状態です。
これはWindowsぶち消してLinux用のファイルシステムに
フォーマットしちゃいましょうか。

HOME

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posts of environments that does not work JavaScript
and do not include Japanese are ignored.(Anti-Spam)
You can copy and paste 【日本語】if necessary.
日本語文字列が含まれない投稿は無視されます。
JavaScriptが動作しない環境からの投稿は無視します。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください