Oba-Q's Free Space >  趣味 > アマチュア無線 > 遅くなった?

遅くなった?

第2事務所に寄ってパソコンを起動した時、
立ち上がりが遅くなった気がして調べてみました。

起動前に止まるログイン画面をパスワードなしで
自動ログインできるように設定。
マルチブートなので、OS選択の画面が出てきたら
すぐに押下できるようにEnterキーに手を置いて
時計の秒針を眺めながらいざ再起動。
ちょうど30秒ですね。

2度めの再起動で気づきましたが、BIOSの段階で
15秒以上掛かってます。
BISからOSに情報が渡った後は10秒ちょっと
OS選択からはほぼ10秒といったところです。

遅くはないのでしょうが以前から見て明らかに
BIOSの段階で時間がかかってます。
ハードは何もいじっていないんですけどね?

ま、そのへんに転がっていたi3のWindows7マシンを
15-2400@3.4GHz換装、メモリは16GB挿して
HDDも256GBのSSDに換装。
そいつをWindows10とubuntuに半分ずつ使って
マルチブートにしているマシンですから、
アップグレードさせたとはいえ、大きな期待を
しているわけではありません。
ただ古過ぎて、アップできるファームウェアも
すでにないし、遅くなってもマシン交換以外に
どぉにもならないのが悔しいだけです。。。

起動してしまえばubuntuで使う限り、拙宅の
メインマシンと代わり映えしませんけど。
起動したフリをしても、裏でゴニョゴニョやっていて
しばらくはカーソールがくるくるまわっていて
なかなか使えるようにならないどこかのOSよりは
ずっとマシかな?www

拙宅メインマシンを更新した際に、心太方式で
予備マシンになったうちの1台を持ち込みますか。
レガシーなBIOSからUEFIにれば、第5か第6世代の
i7でも多少は改善されるかもしれませんね。

15-2400は・・・
同じCPUとチップセットが残っていて予備になるので
負荷の少ない自前サーバーにでも試してみますか。

DSC_0240

電源の配線中。

先日の良からぬ考えを実践する可能性があるので、
580VAのFTDX401のトランスをFT400のものに変更。
679VDC・382VDC・191VDC・14.6VDC・-145VDC
6.5VACx2・12.1VACと一応各電圧が正常に出ています。
ただし191VDCは電解C2個をパラっていますが、
分離させチョークを挟めるのでちょっと低くなります。
電解Cは2個使いませんでした。@予備ということで。
相変わらずそのへんにあるものを手当たりしだい
使うので、配線の色に統一性はなく、半田付けも
天ぷらにならない程度です。。。。
基板の固定や配線引き出し用コネクタの孔開けを
配線後にやるのは真似しちゃいけませんぜ。www

This entry was posted in アマチュア無線, パソコン. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください